に投稿

自身のブログに思うこと

おはようございます。
今日はいつもより約1時間早く目が覚めてしまい、今日をどう扱えばいいのか早速分からなくなっています。
このブログを書き終えたら今日やることの7割終わるよ。いややることはいろいろあるんだけど。でも大事をとって仕事は休んでるようなもんだし。仕事を休むくらいの不調だからそういうことだし。

 

昨日ですが。母と会ってミスドでお茶をしていました。
久しぶりのミスドーーー…エンゼルクリームおいしかったです。
そしてそのまま私は実家に行き、夜ごはんを食べて帰ってきました。
実家で家族と談笑していたら、元気になったというかまともな声がまともに出るようになりました。やっぱりそこそこのコミュニケーションっていうか、しんどくならない間柄の人(たち)と一緒にいることって大切なんだなぁ。
という昨日の今日なので、今はいくぶんかは落ち着いています。このまま安定していって仕事ができたら嬉しいんだけどなぁ。

 

 

いやらしい話をするようで申し訳ないのですが…いやそっちのいやらしいじゃなくてですね、えっと、このブログやサイトを読んでくださる、見てくださる方が増えてきました。
それはもちろんありがたいことであるし嬉しいことでもあるのですが、うん、これどこかで書いた記憶もあるんだけど、それだけゲスト様の数が増えると批判的というか好意的ではない姿勢で訪問される方の割合も増えるんですよね。

 

具体的な内容は推測でしかありませんが、33歳メンヘラ女のろくでもない1人暮らしを「ヲチ」しに来る人もいるでしょうし、下手な絵見たさで訪れる人もいるでしょう。
更にいやらしい話で申し訳ないのですが、実際そういう検索をかけて訪れるというパターンも見ています。いや監視してるとか凝視してるとかではないんですけど。
ですがこのブログやサイトを訪問する理由なんて自由ですし何を思われようがそれも自由ですし、私が「そんな理由なら来ないでください」と主張するのも余程のことがない限りおかしいですし、そういうことを言う筋合いもありません。

 

何が言いたいのかというと、私がろくでもない日々の様子を書ける範囲で公開しているのも、下手な絵、小学生レベルの絵を公開しているのも、なんってんだろう、「つまらないですがどうぞ」というつもりで公開しているスタンスではないということです。
「お目汚しすみません」「つまらない内容でごめんなさい」そんな気持ちで公開しているのなら最初から公開しなければいい。公開するのならせめて自分だけでも「これは良い」とゴーサインを出せるものを出せ。
…という私の考えなので、受け手側であるゲスト様がどう捉えるかが自由であるように、私も「これは良い」と思ったものを可能な範囲で自由に放っているわけです。そこでどういう風に捉えるかは自由だし、私は余程のことがない限り拒否するつもりもありません。

 

あれ。なんかまとまらなくなってきたぞ。要は、まぁ自由なんですけど、やっぱり好意的でない姿勢で来られるとこっちも身構えちゃうよね、という話です。
だからコメント欄を設けていないってのもありますね…私は割と私生活をネット上に(まぁ、好きで)公開しているのに、何の情報もない相手から悪意あるコメントを気軽に投げられるのはそれはフェアじゃないと。

 

っていうかさ。「下手な絵」ってなんなんだろうね(ちょっと戻るけど今どきの小学生は私よりもちゃんとした絵を描くと思う)。
逆から考えると「上手い絵」ってなんなんだろうね、っていう話なんですけど、私が思うに「上手い絵」は「巧い絵」であって、絵っていうものは大まかな2択にすると「惹かれる」か「あんまりそそられない」だと思うんですよ。私は。「上手い」「下手」って2択ではなく。
なので私がふわふわと描いている絵が誰かの目に留まり、「なんかこの感じ好きだな」と思っていただけたらそれだけで嬉しいのです。
これは文章にも言えることであって、私のこの文章が「なんか好き」と思って読んでいただける…そういう方がおられる、だけで私はもう満足なのです。

でもまぁね。いろんな人がいて世界は成り立っていますから、私の絵を「下手くそだなー不快」と思われる方もいらっしゃるでしょうし「おもしろくない文章だな」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
多分、その2種類、大まかに言って2種類の感想や感想を持つ人がいるから、なんかもろもろが成り立っているんだと思います。そして私は自分でゴーサインを出したものを今後も公開していくんだろうと思います。
というわけでどんな理由であれ、訪問してくださることに感謝します。

 

おっと。なんかめちゃくちゃ語ってしまったぞ。
ここまで書いておいて正直今投稿しようか迷っているんですけど、消すのももったいないので投稿しちゃいます。
あ、本当に基本は「読んでくださり、見てくださりありがとうございます」なんで…なんってか嫌な気分にさせちゃったらごめんなさい。

 

それでは、また次回以降はある意味いつも通りの、どうしようもない生活の様子やどうしようもない元恋人との関係について書いていきたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

6