に投稿

この先にあるもの

自宅のアパートに戻ってきました。
慣れるまでは「(元恋人宅に)帰りたい」とか「淋しい」などという以前に「どこここ」感でいっぱいで、この壁見たことないとか私今どこでお昼寝してたのとか、チューニングの大幅なズレを修正するのが…なんってんだろう、酔いました。今いる場所と意識している場所の違いを修正するときに。
ただ、パソコン環境はこっちの方がやっぱり安定していますね。持ち歩いていたサブパソコンじゃなくメインパソコンなのでそりゃそうなんですが、印刷、スキャン、データ移動などなんでもできます。

 

昨日は割と早めの解散でした。
元恋人のやることもたくさんあるし私長居しちゃまずいなーというのもあったのですが、昨日の午前中母から「30日(今日)も仕事になったから、ゆきちゃん早く来ておせち料理手伝ってー」という要請が来たからです。
1日早めて実家に行くのは(精神的に)しんどいんですが、おせち料理を毎年10品ぐらい×家族分を3日分ぐらい作る我が家としては作り手が1人足りなかったら大変なことになるのは目に見えていたので、二つ返事とまではいかないけれど1.5返事ぐらいで応じました。
なので早くアパートに行ってやることやらなくちゃ。洗濯とか。と、お昼前には帰ったわけです。

電車で帰るつもりだったのですが、荷物の量を見た恋人が「送ってこうか?」と言ってくれたのでお言葉に甘えることにしました。
昨日は天気がよかったのでちょっと遠回りして帰宅。途中立山がめちゃくちゃ綺麗だったので写真を撮りました。

 

彼と2人で「綺麗だねー」「うん、ほんと綺麗」と。
でも立山が綺麗に見える日は翌日の天気が悪くなる…と33年富山に生きてきてようやく最近知ったので、昨日は「明日天気悪くなるんだろうなぁ」ともぼんやり思っていました。

そして遠回りしつつ私のアパートに到着。昨日が今年の会い納めなので、もろもろ挨拶をして別れました。
「今年1年ありがとう、そして来年もよろしく」と彼から言われました。
来年もよろしく、かぁ。来年の今頃なにしてるんだろうね。

 

で、今日。先程書いた通りとりあえず今朝は天気が悪いです。雨粒が窓をバババと叩く音が聞こえます。
う、うーん。この空の下大荷物を抱えて実家まで行かないといけないのか。迎えに来てなんて甘えたことも言えないし。
今日から実家に泊まるとなると1泊2日程度では済まないのでなるべく荷物は減らしたいんですけど、大きいかばん1つは召喚しないといけないからなぁ…
まぁ頑張ります。そして明日からはまたサブパソコンからの投稿になります。わわ、わー…実家のWi-Fiの電波悪すぎるっていうか圏外なのを今思い出した……

 

もうちょっと話を続けます。
「1人暮らしはもう困難だろう」という空気がむんむんの今なのですが、「じゃあどうする」というその先のことも私1人の力と頭では詰まってしまっていて、時折「じゃあどこで首(以下略)」ということを考えます。考える始末です。

元恋人との同居が私の中では、くれぐれも私の中では理想なのですが(一応書いておくと親も認めている)、元恋人が限りなく難色を示しているので現実的ではない。
難色を示すっていうより…うん、なんってんだろ、「だめでしょ」と言ったり私がアパートに戻ることをめちゃくちゃ淋しがったり、「一緒にいること」前提で話をしてきたり私が「一緒に暮らしたい」と言うとはぐらかしたりするので、「だめでしょ」なんだろうけどはっきり言ってくれないから変に期待を持ってしまっている感じです。
かと言って実家に戻るのは私のストレスゲージが即満タンになって発狂しそうなのは目に見えている…し、それこそ今より強引に元恋人宅に転がり込むトリガーになりそうなので…うん。

 

わがままですかね。自分でもそう思います。どこかで妥協というか折り合いはつけないといけないことは分かっているんですけど、実家暮らしは今の環境では厳しいです。実家暮らしに頭をやられて元恋人宅に数年前転がり込んだんですから。
そして今、1日実家での滞在が増えただけでも気が重いです。

家族が嫌なわけでは毛頭ありません。そして私が思うに家族も私を愛してくれています。一緒に過ごす時間も大切だし一緒に過ごしたいなと思います。
でも「生活」となると多分違ってくるんだろうなという感じです。

 

と、1人では出口が見つからないまま年を越しそうです。
家族からの意見を聞いたら出口は見つかるのかな。1人で考え込むのには限界があるしね。
まぁそんなこんなで、もうちょっと見守ってやっていてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1