に投稿

セルフ放浪独演会

まず最初に。
昨日は私がブログを続けてきた中で一番閲覧数と訪問者数が多い1日でした。
正確には一番ではないのですが、純粋にカウントすると昨日が最多です。
具体的な数字は伏せるのですが、数年前までの「今日は4名の方が来てくれた!えっ多!どうしたん今日!」という日々が…なんというか、いろいろあったね今まで、という感じです。

 

来てくださり、読んでくださり、見てくださり、ありがとうございます。
閲覧数や訪問者数に対して「これだけのアクセスが目標!」みたいのはないのですが、これからもゆるゆる書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

そして私は今、元恋人宅にいます。1人で。
昨日寝る前にさすがに思いました。私人んちでなにしてるんだ?と。
元恋人も元恋人で、私のいわゆる引っ越し作業を手伝う気はないというか関係者ではないという姿勢を見せるし、「住んでいいとは言ってない」としらけた顔をします。「ここ俺んち」と言うあたり、私との同居していた生活は切り離しているんだなぁという印象でした。

なんというか、文面だけでは分からなかった彼の機微が見えて、はなから自分勝手な計画なのは承知なのですが、私は割とガチで「これ結構詰んだな」と思っています。
本当は今日も荷物を軽く持ってくる予定だったのですが、そのつもりなのですが、「こんなことしてもなぁ」という感じで、私は精神的な居場所を失い放浪しています。

 

私がわがままなのも馬鹿なのも分かっています。
私が出ていったし、私が一人暮らしを始めると言って始めたし、実家が嫌だと駄々をこねるのも私です。
でも、こんなこと言っていいのかどうなのか分からないのですが、私が出ていった「理由」を元恋人に問いたいです。元恋人だけが悪いわけではないのですが、「だってゆきちゃんが出てったんでしょ」とばかり言われるとちょっとしっくりきません。

恐らく、私は実家に帰ればいいのでしょう。でもそれができないのです。
「妥協しろ」「わがまま言うな」「我慢しろ」「自分の責任でしょう」「なんで実家で暮らせないの?」様々な声が私の頭の中で私を叱責します。

 

昨晩は、元恋人宅という他人の家で「もう明日寿命が来ていいや…ちゃんと既遂できるかなぁ」と心配しながら眠りにつきました。
そして今朝目が覚めたら元恋人から初詣に行こう、というお誘いが来ていました。え、彼から本当にそんな文言が?

知り合って約3年、彼から「ここに行こう」とお誘いが入った経験は片手で数えるくらいです。そんな彼が今このタイミングで誘ってくるなんて。
いやでも「初詣に行こうって誘ってるんだけど」みたいな書き方だったから他の人からの誘いを伝えているのかもしれない(ひねくれ)。都合よく解釈してもせいぜい「だってゆきちゃん行きたがってたじゃん(だから仕方なく)」だろう(ひねくれ…いやそれでもありがたいんだけど)。
もし本当に初詣に行っても、彼はきっと「この女が出ていきますように」ってお願いするに決まってるしなぁ(ひねくれ)。
まぁでもとりあえず、数日は私の寿命が延びたようです…今日企図して既遂すれば私もお誘いも住処問題もなんにもなくなるんですけどね。

 

改めて書いておくと、私が元恋人宅に転がり込みたいと思っている理由は

・1人暮らしが体調面でも経済面でももう続けられないから
・実家に戻るという方法もあるけれど実家で暮らすのは困難だから
・単純に、元恋人と一緒にいるのが一番心が安らぎ安定するから

こんな感じです。
まぁでも、この感じだと転がり込めたらちょっと奇跡感あるんですけどね…。

 

それでは、人の家で今日もそこそこ堂々と居座ろうと思います。結局荷物は取ってくると思います。
こういう背景もあってかなくてか今あんまり元気がないので、そっとしといてやってください。では明日また。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

0