に投稿

明日の寝床

「付き合う」「恋人同士になる」ことで発生する権利ってなんなんだろう、とふと思っていました。…権利。権利でいいのかな。

他の人・異性と関係を持たない(持たせない)こと?
性の対象になること?
好意をためらうことなく伝えられること?

でもこういうのって付き合っていなくてもできるし、付き合っていてもしないこともあるよねー…と。
付き合うって固いようでもろい。まぁ、先程の話の後者は多数ではないと思うけど。

 

とりあえず私は今「こういうこと」になっていて、自分で言うのもなんですが他の人以上に「私はこうだけどあなたはそうなんだね」という捉え方が染みついたような気がします。
まぁでもね、こんなこと言ってますが私もいつ「彼女できたから出ていって」と言われてもおかしくないんですけどね。
そんな感じで、今日も私は元恋人宅にいます。いてもいいよとは言われていますが、いつこの生活がこの関係が破綻するか、ビクビクしながらぎりぎりのところで生をつないでいます。

 

 

さて。昨日は受診日でした。
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします、です。

診察ではこの私のもやもやごちゃごちゃゴタゴタして詰まっている生活と「もーほんと死にたい」ということを話しました。
解決策はいくつかあるのでしょう。いやあるんです。でも私の中では「1人暮らし先のアパートはもう退去して、元恋人と同居したい」というのが一番の思いなわけで。ですがそれは私1人で解決できることではなく元恋人の同意が必要で、でも彼はそれをしてくれないから私は、私は詰まっているのです。
そう素直に話して話し合ってみなよ、なのですが…こういう背景があるから、そんな一筋縄では、ねぇ。

 

あとは並行して、ここしばらくの絶不調を話しました。
薬たくさん飲んだ、川に飛び込もうとして止められた。
まぁそんなことを言えば入院を勧められるわけですが、私は「入院するくらいなら死にたいです」と断りました。それは断る理由として成立しているのか。

病院として私にできることは限られていて、まず元恋人と話し合うこと、次に入院という案を提示されたこと、そして薬を増やされたという措置を取られたような感じです。

 

元恋人宅に転がり込むか、入院か。
元恋人にもこの話は伝えてあって(診察の様子また教えてと言ってくれた)、伝えたんですけど…まぁなんというか、何も言わないよね。という流れです。

私は「住処が安定しない」「金銭面で困っている」「超絶死にたい」の3本柱で詰まっているのですが、その中でも住処の問題が一番大きく、それを解決すれば残りの2つの詰まりごとも追って和らいでくるであろうことに気付きました。
とにかく居場所を安定させたい。そして私の思いは、元恋人と同居したい、で固まっている。
固まっているのはいいかもしれないけど、それにこだわりすぎているような気がしないでもないなぁ…でもなぁ…
まぁでもどこかから飛び降りるなりすれば、それが一番の解決策かもしれないですけどね。こんなこと言うからだめなんだよ。

 

というわけでまとまりのない話になってしまいましたが、要点だけまとめると「元恋人、同居させてくれないかなぁ」といういつものどうしようもない話に着地します。
まぁでも自分のアパートに戻ってこっそり企図するのもありだよね…未遂に終わったら入院だから、なるべく確実に。あぁ不安定です。

 

明日の居場所も分かりません。彼からいつ「出ていって」と言われるか分かりません。行くところがありません。
このアパートに強引に荷物を運びこめばなんとかなる流れなの?うーん。

 

「超絶死にたい」って顔。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

0