に投稿

なんでこうなってんだろ

twitterでも「反省」していましたが。昨日の記事はSEO感があったというかなんだか自分のブログじゃないというかでうなだれていました。
(ちなみに私のtwitterはパソコンからだと右に、スマホだと画面一番下にリンクがあります…と報告する気力)

 

なんか、ライター業をさせてもらっていると、「ここはこう書いた方が読む人は増えるだろう」っていうのがなんとなく分かってくるんですよ。
仕事の文章だとね、たくさんの人に読んでもらいたいからそこを意識するんですが、私はこの、個人でやっているブログはそういういわば狙うようなことはしたくなくて。
このブログは「私が好きなように好きなことを書いて、それが誰かに響けば幸い」みたいな感覚でやっているので、まぁゲスト様ありき、エンターテイメントを提供している感はありますが(おこがましいにも程があるな)たくさんの人に読んでもらえるような、狙ったブログは書きたくないわけです。
その思いがありながらの昨日の記事だったので、「あーあー私はこういうブログは書きたくないんだよぉぅー」となっていたのでした。

 

でも私が欲しかった情報がないなら自分で書いちゃえー、という側面からしたら、まぁ好きなように書いてるかな…はい。
以前も書きましたが私は自分のブログを「文章の生放送」だと思っているので、削除したり修正したりするつもりはありません。出ちゃったもんはしょうがないですね。うん、そんな感じ。…そんな感じ!

 

 

それにしても…あ、話変わります。コロナウイルスの話がどんどん重篤化していっていて、地方に住むそろそろアラサーと言えなくなる30代のいち独身女性の私も怖くなってしまっています。
怖い、というのもあるけれど少々辟易した感じもあって。ちょっと語弊もあるんですけど、情報量が多すぎるなーと。
最低限、自分はどうしたらいいのか、どういうことに目を向けていればいいのか、っていう正しい情報や知識さえ得られたら後の情報はちょっと切断したいかな…という気持ちです。情報が怖くて疲れてきた。多くて疲れてきた。

 

そういう気持ちがありながら。元恋人とは毎日この話をしていて…というか元恋人がめちゃくちゃこの話題に関心を持っているのでどうしてもこの話題になってしまうのですが、まぁ見ていて「見習わなくちゃなぁ」と思っています。関心を持っているっていうこともなんですが、「もし自分が感染してしまったら」ということまで考えて行動している感じ?とにかく、彼を見ていると自分のあまりの隙の多さに「大丈夫かなぁ自分」となってしまいます。
でもうがい手洗いマスク、してるんですけどね。というかなぜかありがたいことに我が家にマスクがあるんです。数年前に買って使ってなかったもの?いずれにせよ助かります。

 

で、私が今思うのは、やっぱり「一緒に暮らしてたらなぁ」ということでして。
一緒に暮らしていたら、どちらかがもし感染してしまったらもう1人も感染するよね、ということではあるのですが、んーなんってんだろ。この大変なときに私たちはどうして離れて暮らしているんだろう?という疑問です。説明が難しいんですけど、なんで一緒にいないんだろう。なんで一緒に(物理的に)この問題に向き合ってないんだろう。という、きょとんとした疑問です。

 

元恋人はやっぱり私との将来を「分かんない」と言うのでこの先のことは全然読めないのですが(強引に押し倒せないかなーとかとか思っちゃいますが)、また一緒に暮らせたらね。と思います。
なんで別れたんだろう、とかなんで一緒に暮らすのをやめたんだろう、というような「後悔」という感情ではなくて、まぁこのルートは私たちに必要だった、通ることになっていたものだっただろうし、振り返るのではなく前を見て2人の今後が続けばいいなぁ…という感じなのですが……あれなに言いたかったんだろう私
まぁとにかく、今一緒にいないのがもどかしいです。今に始まったことでもないんですが。

 

今までのように、ごはんを作って彼の帰りを待って、彼が帰ってきたら一緒に食べて、それでこのコロナウイルスの話題が食卓にのぼっていた…そうだったらいいのになぁ。という感じです。
あー。元恋人と一緒に暮らしたいなぁ。つまりが結婚したいなぁ。どうやったら彼は「分かんない」から「結婚しようか」になるのかなぁ。3年一緒にいるけど、私じゃだめなのかなぁ。そういう縁もあるよね。はぁ…

 

なんか後半フォローのしようがないぼやきになっちゃいましたが。キリないんでこの辺にしておきます。
今日は…まぁ、家にいます。まだ病み上がり感があるので、のんびりぼーっとしていようと思います。
それではまた明日。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

スタバのリユーザブルカップを持ち歩いて店内で飲むという感想

2020年、もうすぐ3月を迎えようというところ。このコロナウイルスが蔓延しているという非常事態にも関わらず私は外出をし、スタバで息抜きをしています。

 

…いや、コロナウイルスがやばいということも承知しているし、外出先も病院とかなんでやむを得ない部分もあるんです。そしてその方向に私の好きなスタバがあるので予約時間や帰りの電車の時間待ちの間に入ってしまうんです。
うがい手洗いマスク、徹底しています。そして強引にこじつけますが調子に乗ってスタバのタンブラーを買ってしまいました。いや買いました。リユーザブルカップを持っているのに買いました。

 

というわけで、今回の話はコロナウイルスの話でもなく外出をする言い訳でもなくスタバのリユーザブルカップについてです。
リユーザブルカップというのは私的に解釈すると「繰り返し使える簡易的なタンブラー」という感じなのですが、それを購入するに至った経緯や購入にあたり私が欲しかったけどどこにも載っていなかった情報を、私のためにメモしておきたいと思います。そしてこの情報が誰かの役に立てば幸いです。
なんかね、「リユーザブルカップでおうちでもスタバ気分」みたいな話はよく見たんですけど「リユーザブルカップを常に持ち歩きし、お店で飲む」っていう話をあまり見かけなくて。私はそこら辺が知りたかったので後者にフォーカスをあてます。

なのでちょっと限定的な記事になっちゃうと思うんですけどお許しください。
それでは「スタバのリユーザブルカップを買うにあたって私が欲しかった情報を私が書く」という話を以下残していきます。

 

 

《リユーザブルカップが欲しくなった理由》
まずおさらいになるのですが、リユーザブルカップを私は「繰り返し使える簡易的なタンブラー」と解釈しています。
このリユーザブルカップは、今回のさくらシリーズが店舗に並ぶとしては初めてだったようなのですが、それまでは通販などで販売されているものだったようです。
なので私がこのカップの存在を知ったのはタイミング的には偶然。それまでは使い捨てのカップやマグカップで飲み物を飲んでいました。

ですがビジュアルを見てみると。

 

(購入後の写真ですが)
なんか可愛い。おしゃれ。しかもさくらの時期限定パッケージっていうところにそそられる私の性質。

 

・可愛い
・さくら限定パッケージっていうお祭り気分に浮かれた
・350円という低価格
・これにドリンクを入れてもらえば20円割引いてもらえる
・なんかスタバ好きの象徴って感じで更に浮かれた

 

…こんな感じのものが、欲しくなった理由です。
5個セットか単品、という選択肢があったのですが、「1個でいいや」とはなからセットは狙っていませんでした。

ですが「リユーザブルカップを携帯する」ことにハードルを感じていたのでパッと購入できなかったのも事実。私はこれをかばんに常に入れて、家ではなく(余談ですが職場も自宅)お店で飲むことを考えていたので様々な疑問や不安が湧きました。

 

《割れないの?》
まず不安になったのは割れないか、つまり強度です。
これは買ってみないと分からなかったのですが、想像以上にしっかりしています。硬い!って感じです。ふにゃふにゃしません。
「かばんの中に入れておいたら他の荷物の圧で割れないかな」などと心配していたのですが、それは荷物の多い私でも考えにくいです。というか、そういう事態より「ふたを閉めるときに力が変に加わって割れそう」と思ったことはありますが。でもまぁそんなあっさりパッキリいくようなものではないです。

ですが

 

プラスチック製のタンブラーと比べると頑丈さは圧倒的にタンブラーです。でもこれはタンブラーを持ってみないと思わないことなので、知らなかったら知らない世界として生きていけます。リユーザブルカップの価格と丈夫さを考えたら丈夫さは申し分ないと思いますが、どうしても頑丈なのがいいのならタンブラーかなぁと思います。

あとは軽いので、場所は取るけど(カップはグランデサイズなので)重さでかばんや腕や肩がやられるとかはないはずです。

 

《熱いって聞いていたのですが…》
恐らくですが、自宅でリユーザブルカップにホットドリンクを入れると熱くて持てないのでしょう。お店で飲む分には9割の確率でスリーブ(カップに巻かれている段ボール製のあれ)をつけてくれました。なので熱くて持てないということはなかったです。
残りの1割に関しては、まぁ言えばつけてくれたんじゃないかなという感じですが、なくても平気でした。

 

リユーザブルカップのふたは紙カップのふたとほぼ構造は一緒です。なのでホットのドリンクを飲むときの「最初の一口目のどのタイミングで熱い飲み物が口に流れてくるか分からない」というちょっとしたドキドキ感はあります。あとこのふた、意外と汚れやすいです。
まとめると、「持つのは熱くないけど飲むのは熱い」…飲むのは熱い、のはまぁ当然ですね。

 

《飲み切ったカップの汚れはどうしよう》
私は店員さんに洗ってもらっています。店員さんは毎回快く応じてくれるので本当ありがたい…。
お店が忙しそうなときは自分で洗面台で洗っています。あとこれはタンブラーでの経験なんですが、フラペチーノとかはクリームが付いているので、気になるなら家に帰った後洗剤で洗った方がいいかもしれません。

ですがいずれにせよ「水洗いで、水滴を拭く」という感じの洗い方になるので、カップは何かに入れて携帯した方がかばんの中のものが濡れなくていいと思います。
私は巾着袋を作りました。下手すぎるのでお見せできませんが(店内でも見せたくないレベル)。

あと前提として触れていないのですが、ドリンクは店内で飲み切ります。手持ちでも、コーヒーなどが入った状態で持ち歩くにはかなり心もとない印象です。

 

《携帯してお店で飲む、というメリットデメリット》
まずメリットですが
・ドリンク代20円引きは大きいしありがたい(ドリップコーヒーのショートサイズが300円を切るのはスタバ的にはかなりお得感)
・スタバという空間を楽しむのが好きな私には心地よいアイテム
・店員さんが洗ってくれるので「自分で洗わなきゃ」というストレスがない
・カップが可愛い

そしてデメリットは
・350円とは言え初期投資に踏ん切りがいる(リユーザブルカップはドリンク1杯無料にならないし)
・荷物が増える(…と書いたけど私はそんなにストレスはなかった)
・洗ってもらうタイミングを見計らうのが意外と大変

 

こんな感じでした。
私は平均週1でスタバに行きドリップコーヒーを主に飲んでいる人なので、行く頻度的にも飲むドリンク的にも「お得感」は大いに感じられます。
というか、それ以上に「スタバの空間がより心地いいものになった」という気分が大きいので、テンションも上がりますし、スタバが好きで且つタンブラーやボトルは高くて変えないのならリユーザブルカップは気分を上げる最初のアイテムとしておすすめです。
さり気なく環境にいいことをしていますしね。あんまり自覚はないんですけど。でもとにかく総合的に見て私は買ってよかったと思っているしバンバン使っています。

 

 

という感じです。

今回さくらに合わせて登場しましたが、今後も頻繁にいやレギュラーメンバーとして出てくれたらいいなーとも思います。
冒頭で書いてましたが、私タンブラー買ってますけどね!気分に合わせて、シーンに応じて使っていけたらという感じです。

 

それでは長くなっちゃったのでこの辺で。明日からはまたどうしようもない日々を書いていく予定です。なにとぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

うつ状態にならない生活って

極めてパッとしない日が続いています。

気力体力が続かなくて横になるのもしんどかったり。高い建物を探してみたり。めそめそしたり。声を出すのも一苦労だったり。
ずっと眠っていたいと思うけど(いろんな意味で)とりあえず家族がいるこの実家は精神的には休まりません。家のことをしてもらえるのは本当ありがたいのですが、1人になりたいです。

元恋人と喋っているときが一番気がまぎれるというか落ち着くかな…
でも元恋人とやりたい楽しいこととか行きたいところ食べたいものを考えてもそう現実になるわけではないし、2人の将来を考えてワクワクしたってしょうがないし。
付き合っても結婚の約束を交わしてもないんだから。とりあえず、今日は元恋人が結婚していて不倫を私としている夢をみました。

 

なんか。
私は2型の双極性障害に罹患して人生の半分を過ぎたのですが、時々「うつ状態、にならない人の生活や世界を見てみたい」と思うことがあります。
前述の通り私は人生の半分…からもうちょっと引いた時間をうつ状態と自殺念慮のかかった視界で世界を見ているし、多分これからもそれらが外れることはないだろうから、こういうフィルターのようなものがかかっていない人の生活や世界ってどんなものなんだろう?と気になることがあるんですよね。

 

うつ状態にならない生活ってどんなものなんだろう。
高い建物を探さない思考回路ってどんな感じなのかな。
頭や体が動かないことがない体ってやっぱり楽なのかな。
毎日大体一定の気分で過ごすことができるってどういう感覚なのかなぁ。

など。興味と憧れが入り混じります。

 

私は別にこの病気というか障害に罹患したことを恨んだりしていることはないし…というか人生の半分がこれだったら、もう「こういうもの」っていう感じではあるんですけど、いわゆる精神状態が健康な人っていいなぁすごいなぁ、と他人事のように憧れています。
毎日そこそこ一定のレベルで活動できるんだろうな、すごいなぁ。1度でいいからやってみたいな。と。

 

という感じで…今日も出かけてきます。出かけないといけない予定が入っています。
とりあえずシャワー浴びて、いつ出発しようか。家にいても退屈だし、駅前に出てもやることがない。
うーん。
スタバに行ってぼけーっとしてもいいんですけどね、今タンブラーが欲しくて迂闊にスタバに入っちゃうと散財しそうなので。うーんうーん。
まぁ、悩みます。それでは明日また。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

目に見えないコンタクト

なんか…私は元恋人と一緒にいてもいいのかなぁ。と思いながら1泊してきました。おはようございます。

 

今日はこの後眼科に行かないといけないのですが…いや予約してないので延期してもいいんですが…眠たいんで家にいたいんですが…行ってきます。
その、左目がね。ものもらい?まぶたの裏にまぶたが腫れるレベルの大きなできものができて膿が出て目やにが酷くてできものが目にかぶさって視界を邪魔して…と、とにかくとにかく早く何とかしてくれ状態なので。
切ろうが刺そうがなんでもいいです。目を快適にしてくださいー…
というわけなので、少々まいてブログを書きます。

 

 

昨日はめちゃくちゃ具合が悪い人になっていました。
元恋人と解散し、ぼーっと。「家に帰りたくない」「1人になりたい」と思う時点でなんだか穏やかじゃないです。
そのうち「屋上まで行ける高いビルないかなー」となんとなーく空を見上げてきょろきょろ探し始めました。
…と、ここで頓服を飲んだ私は偉いと思います。その後トイレでめそめそしていました。なんとまぁ、な不安定な人です。

 

仕事のこととか元恋人とのこととか、私の中ではうまくいっていないものが意外と多いことに気付きました。そしてそれらが私の不安定さに拍車をかけるものとなっているんだと推測します。
うまくいかない。でも無理もしなくていい。
できるときにやればいいし、流れに任せるというか無理して状況をねじ曲げなくていいし。

 

あのー、あれなんですよ。この眼科の話じゃないですけど、今私の左目は都合が悪いので「つけたいから」と言って無理やりコンタクトをはめることはできません。できないし、はめたら悪化することは明らかなので且つはめても着用感はいいものではないのではめません。
それと似ているような気もするんですよね。心の不安定さやメンタルの都合の悪さは見えないだけで、この左目のように具合が悪くなっています。そこで「やりたいから」と言って無理やり仕事をしたり元恋人にもろもろの重圧をかけても、悪化するだけだし心地よいものにはならないのでやらないに越したことはないんだと思います。
目は安静にしていれば治るだろうし、私の今の精神面もそれと一緒です。回復する時期まで待てばいいんです。
退院してまだ1ヵ月経ってないのにね。通常営業するって方が困難なんだよ。
…と、自分に言い聞かせました。

 

というわけでそろそろ準備します。
珍しく「家にいたい」と思うほど心身共に疲れているのですが…ほんと、かすんで見えないので…あとチョコが今自宅にないから買ってこないとだし(チョコが常備されていないと不安)…。

 

ではでは。なにか眼科に頑張って行ったご褒美でも設けようかなーと考えています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

ストレスフリーで書こう

たまーにここでも言っていますが(自己紹介にも書いたような覚えがあるようなないようなですが)、私は人生の半分をブログと共に過ごしています。

高校生のときに書き始めて、以来書かなかったっていう時期もありますがそれは本当ごく数ヵ月。あとはなんだかんだで毎日なんかかんかを書いています。
このサイトはメインコンテンツがブログになっていますが、一応絵を描いたり喋ったりもしています。ですがやっぱり安定して続いているのはブログなんですよね。しかもほぼ毎日。

 

なんでだろう。と、ちょっとだけ考えました。
絵を描くことも喋ることも好きだけど、文章を書くということが一番安定して続いている。

 

多分なんですけど、「文章を書くことが好き」「ブログというツールが自分の性に合っている」ということもあるんですが、「自分からも他人からも強いられない」「書けなかったら「まぁいっか」で流すことができる」というのがミソのような気がしています。

 

ここは「自分が」というのが大事で、自分自身が「ブログを書かなくちゃ」って強制していないんですよね。書きたいから書く。書く気分にならなかったらその日はスキップ。で、スキップしても「まぁ明日書けばいっか」で自分を責めずに流せる。
これが「よし、今日もブログを書くぞ!毎日書くって決めたしね」「今日ブログ書けなかった…ゲスト様の期待が…アクセス数が…こんな生産性のない自分は価値がない、明日は絶対書かなくちゃ」みたいに緊張感が漂い日々追い詰められていたら私は「安定して」続けられていなかったと思います。

 

これがもし仕事だったら、ってたまに考えるんですけど(毎日2000文字程度書いていれば…と)仕事だったらこんなに楽しくは続けられていないような気がします。あ、私今ブログ書くの楽しいです。
やっぱり「他人への迷惑を考える」というものが発生したら、ちょっとしんどくなるかなーと。「せっかく来てくださったのに更新されていない」とか「イラスト付けていなかったら期待に応えられないんじゃないか」とか「文章だけだったら私もう絵を描く人って名乗れなくなるよね」とか。人の期待に応えられないという思考が発生したら、私の頭の中はややこしくなって、ストレスフリーでブログは書き続けられないと思います。
いや、くれぐれもストレスフリーなら何を書いてもいいというわけではないし読み手の方を軽視しているわけでもないし、でもまずは私が楽しくブログを書けることが前提かな、それがないとおもしろいものを提供できないかな、みたいなのがあるので…はい。そういう感じです。

 

ちょっと今思っていることの整理、みたいな話になってしまいましたが、要は私が今楽しくブログを書き続けられているのは、縛りや勝手に想像した「周りからの期待・周りにかける迷惑」がないからです。
「ブログ書かなくちゃ」になったらしんどい。そして今タイムリーに絵にそれが来ているので(絵を描かなくちゃ、と)あまり絵が描けないのです。

 

というようなことを昨日twitterで呟いていたので、今ここでちょっと頭の中を整理整頓してみました。ブログの話だけど事の発端はtwitterというね。

 

さて。今日は元恋人宅に行きます。多分泊まれる道具を持っていきます。

ねー。さっさと籍入れちゃえよーって感じですけど。
今日多分そういう話を私は振ると思いますが、「ねー同居再開しよー籍入れよー」というような極めてさくっとした言い方になると思います…としかできないと思います。
真剣に、前向きに、話したいですけどね…相手がどう出るかね…。1度別れて、よりは戻していないものまた一緒にいて(どうしてよりを戻さないのか、という疑問はあると思いますが)、多分お互いがお互いの大切さを改めて感じていて。
主観的にはとらわれているつもりはありませんが、「結婚」という形で落ち着きたいなぁと思っています。とらわれているっていうか、自分でそれを選択している感じかな。

 

という予定が今日あるので、そろそろ支度を始めようと思います。
左まぶたの裏にでっっっかいものもらい?何らかの塊?ができたので今日は眼鏡で行きます。お化粧どうしようかなぁ。マスクもするしなぁ。2人で出かけるかも分かんないしなぁ。

こんな感じです。それでは。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3