に投稿

元恋人にバレンタインプレゼントを贈る

まぁ、祝日というのは意味があるから祝日なんでしょうけど、こうぽつんと1日休日を振られるとどうすればいいのか分かりませんね。
月曜祝日で3連休というのも休日(非日常)が長いし調子が狂うんですけど…とりあえず、私は祝日という非日常が苦手というわけです。幸い、この家庭はいつも通りの火曜日のスケジュールで家族が動くようなのでそこまで打撃は食らわないのですが…。

 

さて。結構前の話になるのですが、先日私は某所で18cmのケーキ型を買いました。
買いましたというより紛失したので買いなおした、が細かいことを言うならば正しい言い方なのですが、私はお菓子作りがさり気なく好きでタルト型やシフォンケーキ型などいろいろ持っているんですよ。
で、いつだっけ…クリスマス?にケーキを焼こうと思ったら、なぜかケーキ型だけがない。その、タルト型やシフォンケーキ型、パウンドケーキ型とかいろいろあるのになぜか普通のケーキ型だけがどこかへ行った。
というわけで買いなおしたのです。ないと微妙に都合が悪いので。

 

ちょっと話が逸れたな。
今回私がケーキ型を買ったのは、察しがつくかもしれませんがバレンタインデーのチョコケーキを焼くためです。ね、ね、いるでしょ早急に。
で、後日スーパーへ行く家族あてに買ってきてほしいものとしてチョコケーキの材料をメモした紙を渡したんですよ。チョコとかココアとかバターとか。
そしてそれを見ていた母から私はそそーっと聞かれるわけです。このケーキは誰のために作るものなのかと。

 

「え、家族だけど」
「え…家族、なん…?お母さんたちもらえるん…??」
「うん」
「そ、そっかあー…」

 

だあああああなにを言わせたいんだ母よ
言いたいことは分かるよ、元恋人にあげるかどうかってことに迫りたいんでしょ?

 

母にはこう言いましたが私の気持ち的には「元恋人にあげるチョコケーキの残りを家族で食べる」というものです。
元恋人にも「14日仕事終わったら会える?バレンタインのケーキ渡したい」と予約のようなものを入れておきました。元恋人は「まだ予定は分からないけどありがとうございます、恐縮です」というリアクションでした。近づいたら改めて聞いてみますが、まぁ日はずれても恐らく渡すでしょうし会えるでしょう。

 

元恋人に、バレンタインの、プレゼントを、贈る。
「本命」とか「義理」とかそういうのではなく、なんというか「日頃の感謝を込めて」という意味合いです。ほら入院中なんて特にさ…心配かけまくったし…
元彼ではなく今彼はいないのかとかそういう人を探さないのか、という突っ込みは自分自身にしないことはないですけど、個人的には「そもそも、(元恋人に)なにもしないの?あげないの?バレンタインに」というところで引っかかるので。
もし今元恋人に好きな人や実は付き合っている人がいても私としては構わないんです(相手の女性からしたらよくないだろうけど)。ただ、「いつもお世話になってます、ありがとう」という気持ちを形にして渡したいなーと、そんな感じです。

 

とは言え別れてからこれで4か月、私たちは今でも繋がっているし、「なんだかんだ言って一緒にいるよね」と言えばハイタッチをする仲だし、私の耳が正しければ「会う頻度が下がってからゆきちゃんがいとおしく見える」とどういう意味合いかは分からないけれど言われたのも事実です。そしてくだけた自分?を見せられるのは私しかいない、とも言われました。
はい嬉しいです。もったいぶらずに言います。
なにが言いたいのかと言うと、やっぱり私は元恋人なんだなーと思ってしまうことと、私のこれからも元恋人と一緒にいられたらなぁと思ってしまうことは否めないんだなーと思っていることです。
でも、元恋人の世界が今どうなっているのかが分からないので、怖くて核心に迫れません。

 

…と、こういうことが静かに起こっているので、あんまり家族っていうか母に見せたくないんですよね…。そもそも、家族に私の恋愛情勢を報告したくないですし。
でも母は割と聞いてくるのでちょっと困ります。出かけるときも「〇〇君(元恋人)と会うん?」とか聞かれること、ありますしね…。

 

私自身は「元恋人に恋愛感情はない」と思っている感じですが、もしかしたらというか傍から見たら「そもそも元恋人があなたの中にいる時点で恋だの愛だのが根付いている」のかもしれませんね。
でも包み隠さず大っぴらにして言うなら、私は今でも元恋人を愛しています。広義的に。多分、相手にも私に対する広義的な愛はあるんだと思います。

 

おっと、この話はキリがなさそうだな。収拾つかなくなる前にこの辺にしておきます。
とりあえず、チョコケーキが上手に焼けますように。失敗してもあげますけどね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1