に投稿

熱が出た

昨日は。
まず、朝元恋人が出勤する前にもう一度「引っ越し作業手伝ってくれん?」と頼みました。
元恋人は安定の反応で、「えー…」「うー…」「予定がぁ…」と唸るばかり。
でもここでOKしてもらわないと、母サイドは母サイドで「○○君(元恋人)と作業しにおいでね」の主張を曲げるはずもないので私はもう一度頼みました。
すると「えー…だって俺、ゆきちゃんと暮らしたいって言ったわけじゃないし……ごにょごにょごにょ」という返事。

 

まぁ、そうなんですけど。今回はいや前回の同居のきっかけも私が強引に押しかけて転がり込んだことで、それを見捨てられなくなった元恋人が拾ってくれたから同居が続いているわけです。元恋人は一言も「一緒に暮らしたい」と言ってはいません。というより、恐らく1人で悠々と暮らしたいはずでしょう。

 

でも「なんだかなー」というのが私の本音であって。
元恋人は元恋人なりに私を受け入れる扉を開いてくれているんでしょうけれど、なーんか。その発言をここでされたら私もう何も言えないじゃないですか。「大富豪」で言うところのジョーカー?有無を言わさずその場を流す、みたいな。
まぁ言ってもいいけどさ…「私を受け入れてくれる人(心理的に)を探した方がいいのかな」「分かりやすく愛されたいな」と思ったのは事実です。

 

そんなこんなで元恋人を見送り。悶々とした気持ちで母の到着を待っていました(初見の方に一応説明しておくと昨日元恋人宅に引っ越す荷物の一部を母が実家から搬入してくれた)。
私としては「一緒に暮らす気のなかった○○さん(元恋人)が同居をなんとなく認めてくれただけでもすごい進歩なんだよ、そこに引っ越し作業を手伝ってほしいなんて、そんな、そこまで頼んだら同居の話すらなかったことになっちゃうかもしれないよ」と母に言いたいのですが、それはそれで同居の話が破綻しそうだったのでやめました。

 

…と、悶々としていたら。なんか頭が痛い。体がぽっぽする。ほてるっていうか体がむわむわ蒸す。なんか熱っぽい。
お風呂上がりだったので「そのせいかな?」とも思ったんですが、どうも「ぽっぽする」の毛色が違う。
念の為体温を測ってみました。…37.1度。人にもよりますが、自分の平熱や日ごろの体調から考えて私にとっては明らかな発熱です。

それを元恋人に伝えると「とりあえず安静にしとられ(訳・安静にしていな?)」と言われました。
うーん。この後大量の荷物を階段上り下りしながら運ばないといけないんだけどなぁ。大丈夫かな。

 

そうこうしているうちに母が来ました。私の発熱は伝えてあります。
わぁ、たくさん車に積んでくれて…ありがとうよ……
発熱&マスクをした状態で階段を行ったり来たりしながら衣装ケースなどを運ぶのは結構大変だったのですが、まぁなんとか無事に搬入は終えることができました。
そして帰り際母から母手作りのパンと元恋人宛に書いた母の手紙を渡され、「ゆっくり休んどられー」「ありがとうねー」と言って別れました(そしてのちに運んだ荷物を「なんかえらい増えてないかい」と引きつった顔で元恋人から指摘されることになる)。

 

この時点で大体お昼。
運んできた荷物を最低限の然るべき場所へやったら今日は作業おしまいです。
とりあえず、玄関周りがいい感じになりました。元恋人は多分許してくれる…サボテンとぬいぐるみ置いたこと…
その後、食欲はあったのでバタートーストを焼いて食べました。フライパンにバターを敷いて、食パンを乗せて、両面焼くだけ。さくさくふわふわでなかなかの絶品でした。

 

そして熱。測ってみたら37度を切っていたのでちょっとだけ安心しました。
ですがこれはよくよく考えても考えなくてもつい先日まで体調が悪かった元恋人の発熱パターンと全く同じです。熱のあるなしを繰り返し、いわゆる「コロナを疑う」37.5度はほとんど超えずにぐずぐずとその状態が続く。
あーこれ何らかのウイルスもらったなーと思いながらも寝ようと思ったのですが、珍しく昨日はお昼寝できずダラダラ起きていました。熱っぽいのでなにもできないし全く生産性のない人になっています。

 

それから数時間して、なんだか本日暫定1位の熱っぽさを感じました。
体が熱い。むんむんしてふわふわする。頭も痛い。…ということで体温を測ってみたのですが

 

37.35。
婦人体温計なのは基礎体温計測歴約10年の私だからです。

 

っていうかすごい熱…こんなに熱が出たのは7年ぶりぐらいです。
メンタルはあれですがフィジカル?はやたら丈夫っぽいので熱とは無縁だと思っていたのですが、私もちゃんと熱が出るんだなー…人間はなまものなんだなー…なんてことをふわふわ考えていました。

 

元恋人に画像付きで報告すると心配してくれたのでいい人だなぁと思いました。
夜ごはんは麻婆豆腐を作ることを当初は予定していたのですが、作る元気はかろうじてあっても麻婆豆腐はちょっと食べるのキツい。となって、元恋人が帰りにスーパーでなにか買ってきてくれることになりました。私は調子に乗ってお刺身ともずく酢を頼みました。もずく酢っておいしいですよね。

 

その後は37.0~37.2度を行き来し、ふわふわしながら元恋人の帰りを迎え、一緒にお刺身を食べました。買ってきてくれてありがとう。
食欲はとてもあるのでもりもり食べました。茶碗こんもり2杯分のごはんを食べ、もずく酢は3個入りのを全部食べてしまいました(酸っぱいものは元恋人は苦手なので食べない)。
食べた後は元恋人が後片付けをしてくれて、私はぽっぽしてふわふわした体でもずく酢の入っていた厚紙にお絵かきをしていました。

 

元気になって元恋人とケーキ屋さんに行く様子です。

 

昨日は2人とも早めに寝て、早めに寝たからなのか気持ち早く目が覚めました。
起床直後は熱もなくすっきりしていたのですが、それから数時間経った今、ちょっと昨日の体調不良感がぶり返しているような気がします。
あ、明日までに治したい…!!

 

なんか長くなっちゃいましたが昨日はこんな感じでいろいろありました。
明らかに元恋人の体調不良を受け継いだんですが、私もちゃんと熱が出るのね…とちょっと感慨にふけっています。っていうかこれだけ文章が書けたらいいんじゃないですか。とりあえず今日はゆっくり休んでいます。
それでは、皆さんもご自愛ください。

 

追伸。今体温測ったらジャスト37.00度でした。どうりで熱っぽいわけだー…寝てよー…

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

搬入第二弾

最近、夜中に目が覚めてふと横を向くと「元恋人が隣にいる」ということに安心感を覚えます。
なんていうか、「生存確認」とか「交際中というステータスはないけど繋がっている」とかっていうニュアンスではなくて、単純に世界で一番いとおしい人が隣にいることによる満たされた気持ち?なんて言うんだろ。とにかくホッとします。

昔は「まったく、○○さん(元恋人)の顔を見るとホッとするよ!!」とよく言ったものですが、最近は言っていませんね。
とりあえずここ2日間ぐらいは、起きてすぐ彼が「ゆきちゃんおはよー!」と抱きついてきて、私が「○○ちゃん(元恋人)おはよー!」と言って抱きつき返す、という朝を迎えています。いとおしい日々。

 

 

さて。今日は母(多分母だけ)が実家の私の私物をこのアパートに搬入しに来てくれます。第二弾です。
第一弾は除湿器や裁縫箱だけ、といったような超コンパクトな荷物量だったのですが、今回は「おー移住するね!」って感じのボリュームになっています。

主要なものをざっと書き出してみると

 

衣類(衣装ケース5個やポールハンガーなど)
観葉植物
かばん
調理器具残り
コーヒー・お茶淹れセット
非常かばん

 

という感じでしょうか。明らかにこれは「長期滞在」ではなく「引っ越し」です。
もうね、本当母はじめ家族には感謝です…本人不在でここまで荷物をまとめて搬入してくれるんですから。
そしてなんだかんだ言って私を受け入れてくれた(であろう)元恋人にも感謝です。

 

ですが、今回搬入する荷物は「第二弾」。つまり「第三弾」もあるということです。
まぁ第三弾で引っ越し作業は完了する予定なのですが、第三弾ではパソコンや周辺機器、私にしか置き場や持っていく必要性が分からないようなこまごまとしたもの、そして私のスペースを作る作業机や本棚などが該当します。ここまで来たらもう本当に私は「引っ越し」をしたんだなってのを感じると思います。ってか感じますね。
そして第三弾の搬入は、母からかなりぴしっと「○○君(元恋人)と一緒においでね」と言われています。

 

先日も書いたような記憶があるのですが、元恋人の大型連休中の休みは仕事で埋め尽くされているためあってないようなもので、その中をかいくぐって彼なりのやらないといけないこともあるので…つまりが「私の引っ越し作業に時間を取れない」と断られた形だったのですが、母は「じゃあ連休中じゃなくてもいいよ、とにかく○○君も一緒に来ることが大事だよ」と押します。

 

ぐぬぬぅ、です。
母はこのスタンスを貫くし、元恋人にこの旨を伝えると超絶困った顔をして「分かった」とも「それでも無理」とも言わないし。
ちょっとだけ板挟みになっている私ですが、やっぱり元恋人にここは動いてもらいたい…と思っています。「今後のこと」をいろいろ考えるとね。

 

ちなみに連休中の天気。前半は天気が良く、後半は雨のようです。
これを元恋人に伝え「引っ越し作業するならこれも考慮しないといけないねぇ」というようなことを言うと、9.8割唸って0.2割スケジュールを調整しているような発言をブツブツしてくれました。
ちなみに唸っている内容ですが、「私の実家に行きたくない」「私の家族と顔を合わせたくない」という理由ではなく「休みの間にやらないといけないことややりたいことがたくさんあるのに、引っ越し作業まで手が回らない…けどゆきちゃんにお願いされてる…困った」という感じです。
あー、こんな元恋人の首を縦に振ってもらうまで私はお願いしないといけないのかー…露骨に嫌がられるから私も心が痛いです…。

 

という背景がありながらの搬入第二弾。とりあえず荷物を置く場所を作らなくちゃ。まだ「私が完全移住したバージョン」の部屋というか住処の形にはなっていないので、邪魔にならないように荷物を置いておくまでが今日のミッションです。
部屋は3つあるのにまんべんなく元恋人が使っているのが現状なので、もうちょっと私の使える面積が広がらないか近々交渉してみます。いい感じで次のフェーズに進めたらいいんですけどね。あー。

 

それでは今日はこの辺で。
っていうか今日祝日なんですか?カレンダーをまともに見ないし(持ってきてないし)元恋人は今日仕事なので暦の感覚にかなり遅れを取っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

タオル会議

昨日、荷造りの件で母とテレビ通話をしました(部屋の雰囲気が分からないように背景は白い壁)。荷物の様子を自分の目でも確かめたかったのです。

リストアップした文字列ではなくビジュアルとして荷物の量を見ると、「あぁもうこれすっごい引っ越し感だね」という感じで、ここまで荷造りしてくれた家族ありがとうという気持ちと私は実家を離れるんだなぁというなんとも言えない気持ちとこれ届いたらどこに置こう置く場所ない決めてないという若干の呆然で「ふむぅー」となりました。ふむぅーってなんだよ。

 

そして母に齟齬があっては困るので念のため、一応「私たち付き合ってないよ?」と確認を取りました。
そうしたら「付き合ってなくてもいっちゃ(訳・付き合ってなくてもいいわよ)」と返ってきて、親の懐の深さというかなんらかの広さにちょっとたまげました。

 

母は「その代わり、最終搬出は○○君(元恋人)と一緒に来ることが条件だよ」と言っていたのですが、元恋人にさくっとそれを伝えると大型連休は元恋人にとってあってないようなものらしく、仕事漬けなので行けないという返事が返ってきました。
うーむ。仕事なら仕方ないかぁ…
とりあえず、移住はこんな感じで進んでいます。

 

 

さて。このアパートでは今、「洗面所のタオルが臭い」ということが日々の問題、悩みの種になっています。
お互いいろいろ調べたら、菌が原因であることや洗濯槽に洗濯物をため込まない方がいいこと、乾かし方や洗い方に問題があるのではないかということなどが判明してきまして。そしてそれを踏まえて昨晩会議が開かれたのです。

 

とりあえず洗面所のタオルのスペックのようなものは

・100円ショップで購入
・7枚あって毎日替えている
・使用歴3年
・洗面所にいるので常に濡れている

こんな感じです。

 

どうしよう、なにをどうしたらいいんだろう、と話し合っていたのですが、1人で暮らしていたときの洗濯物担当だった(そりゃまぁそうなんですが)元恋人と旧同居中そして今洗濯物を担当している私は、お互いの情報や知識を交換しながら落としどころを探していました。

 

まず元恋人の意見は

・1人で暮らしていたときは週1で洗濯していたけどタオルは臭くなかった
・ゆきちゃんは洗剤を使い過ぎなのではないか
・縦にかけて干すのではなく横に広げて干した方がいい
・自分のやり方ではタオルは臭くならなかった
・週3回も洗濯機を回したら水道代がかかるので困る(水道代は元恋人担当)

などで、私の意見は

・週1ないし週2でしか洗濯できないのは私の洗濯物の価値観的にありえない
・ぎゅうぎゅうに洗濯物を詰め込むと汚れが落ちないのではないか
・もしなんだったら私も水道代を負担する
・週に洗濯できる回数が少ないとそれだけ一度に干す量も増えるので横にタオルを広げる干し方は現実的ではない

という感じです。

 

このブログを書いているのは私なので以下私目線の話になってしまうのですが、私は昔から家事の中でも洗濯物に関しては病的なこだわりと強迫観念があって(○時までに□割干せていないといけない、△時に洗濯物の位置を交代する、など)、それをクリアしなければ自分に価値はないと思っていました。
その日に洗濯物を片付けられない自分は無価値な存在で、そこまで過剰にアンテナを立てている洗濯物を人に触られようものならパニックになって激怒するくらいでした。

 

今はそこまでではありませんが、なにが言いたいのかというと「私のテリトリーに侵入しないで!!」というヒステリーがやはり若干発生してしまうということです。
もちろん、話を聞いたり話し合うことは大切なので、こんなヒステリーは無用なのですが。

 

週1週2でしか洗濯できないなんて私にとってはストレスだし、タオルが臭いというのは「お前の洗濯ができてないんだ」と私自身を否定されているようで…という病的な意識もあるのですが。
まぁでも実際はこういう私の内なる余計な感情は置いといて元恋人とは落ち着いて話ができたし、とりあえず「洗剤はキャップ1杯まで(スリコ産の詰め替えボトルを買ったので分量が分からなかった)」ということはまとまりました。

 

それだけかい、と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、普段話をはぐらかしてばかりの元恋人とここまでちゃんと話し合いができたというだけでも素晴らしいのです。私は嬉しいのです。
最終的に元恋人は「俺の見えないところなら週3で洗っててもいいよ」と言ったのですが…それでも向かい合って落ち着いて自分の意見を伝え、相手の意見を聞くことができたというのは大切な時間だったなーと。

 

多分今後しれっと週3で洗うような気はするのですが…ね。今まで一緒に暮らしていたときは週3だったし、3年後5年後も週1週2でしか洗えないのかい?って思ったら私はぞっとします。はい。
ちなみに母に「タオルが臭い」と話したら「それだけ使ってあげたらばっちりだよ、交換なさい」と言われましたが…

 

というわけで、着々と?2人の生活が再び生まれているような気がしています。
冒頭でも話していましたが、荷物の搬入は明日です。まだ全てを搬入するわけではありませんが、とりあえず今年の大型連休は引っ越し作業で忙しくなりそうです。

 

絵を描いたり刺し子をしたりして暮らしている日々。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

神かと思った

すすすみません。
昨日…というか一昨日の晩はいろいろあって昨日の朝は拗ねていました。めちゃくちゃ拗ねていました。
よって昨日の記事の内容は大体拗ね要素でできています。
今はもう拗ねていません。大切な人がいると頭の中が忙しいですね。

 

移住するぜ計画ですが、おもむろに進んでいます。
今月末母が薬を持ってきてくれるついで(多分建前)にあれやこれやと持ってきてもらう予定なのですが、その荷物のラインナップを昨日母に伝えたところ「分かったよー、荷造りしててなんかあったらまた連絡するね」と。

なんて器というか心の広い親そして家族なのでしょう…家族は私が私らしく元気でいられることを望んでくれていて、その場が元恋人のアパートであるならそれはそれで良いんだよというスタンスなので…確か、はい。
そしてこのいい感じに家族と距離が取れていることで私も家族に対して心の余裕や思いやりのような温かい気持ちが育っていて、なんというか、うん。悪くない風が吹いているような気がします。
ちなみに私が実家へ赴けないのはコロナウイルスが原因です。元恋人、まだ体調パッとしないので。

 

 

昨日は前述の通り1日の前半をテンション低く過ごしていました。

と、そこに元恋人が「今日のごはんはテイクアウトにする?」とふいに提案。
以前からお互い「テイクアウトでごはん食べてみたい」「こういうお店があるみたいよ」と話はしていたのですが、突然の提案にちょっと戸惑いました。夜ごはんのメニューを一応考えていたので(予定の変更というあれ)。

 

「だってゆきちゃん、前一緒に暮らしてたときは週1で外食して夕飯作りをお休みしたいって言ってたじゃない」
「あーうん、そうだったね」
「だから、今日はテイクアウトにする?」
「うん、じゃあそうする」

 

なんか優しいなぁと思いました。私のことを気遣ってくれてんだなーと。
私もやっぱり週1でごはん作りをお休みできたら嬉しいので、こんな感じで応じました。

 

お昼を食べて身支度を整えたらふわっと出発。私が「カレーとチーズナンとケンタッキーのチキンとホットビスケットが食べたい」なんて言うものだから、全部叶えてくれました。しかも途中マクドナルドのシェイクが飲みたくなったらドライブスルーにも立ち寄ってくれて、なんていい人なんだ…と思いました。

 

カレーたち。
お店の人が雨降りの中車まで持ってきてくれて嬉しかったです。
「ここのチーズナン好きなんです、頑張ってください!」と言う社交性が私にあればな、一言言えたのになーと帰り道思っていました。

 

で、これがチーズナン。どこをどう食べてもチーズがぎっしり入っていておいしいおいしい。
でもボリュームがあったので1割元恋人に食べてもらいました。彼もおいしいと言っていました。

 

そしてここまで来て気付きました。今晩の摂取カロリーは結構跳ねたぞ、と。
わーいわーいお太りさんになるぞーと心で若干泣いたのですが、おいしいものに恐らく罪はありません。「カロリーがぁぁ太るうう」と気にしながら食べるより「おーいしーいなー」と食べた方がなんか楽しいので…ええと、この後カバーします。

 

と言いながらホットビスケットも食べましたけどね!写真にはありませんがちゃんとフライドチキンも食べてます。
あぁ、ケンタッキーのホットビスケットってどうしてこんなにおいしいんでしょう…

 

こんな感じで私がふわふわとしていたら、元恋人がおもむろにエプロンをし始めました。「なにするの??」と聞いたら「ん?今日俺片付けるよ」と。
!!神かと思いました。「いいよ、私やるよ?」と言ったら「いやでもゆきちゃん毎日してくれてるじゃん」と。神ですかね。
更に「いつもおいしいごはん作ってくれてありがとうね」と言って、元恋人はスポンジを持ち始めました。
なんていい人なんだ…多分この人神だ。いや王子様だ。

 

そして。もろもろが終わってお互いが同じ空間でいつものように好きなことをしていたのですが、私の頭にあるのは「私の作業机をどこに配置するか」ということばかり。紙に間取り図のようなものを書いて元恋人に提案するもあしらわれるといういつもの光景がそこにはありました。

書いてはあしらわれ、書いてはスルーされ。でも私はめげないので間取り図を考え提出し続けました。
すると、ある提案を見たときに元恋人が立ち上がり、その間取り図で「自分がどのような座り方になるのか」というのをシュミレーションしてくれたのです。

 

か、か、神があらわれた!!!
っていうか、多分私元恋人から完全同居をそこそこ認められているような気がする…!!

 

嬉しくてにやけました。というわけでこの案で進めたいと思います。そんな流れにしれっと持っていこうと思います。
っていうか今月末衣類が全部ここに来て私の観葉植物さんも到着する予定というあたり、実家に帰る気ありませんね。というかここに住みつく気満々ですね私。いや正直に言うならどのタイミングで住民票を移そうか今思案しているんですがね。

 

さて。今日はこれっくらいにして。元恋人を見送ったら洗濯機回します。
日中は刺し子をしたりしていようかなー…仕事復帰はもうちょい先ですね。
今日のお昼は元恋人と久しぶりに別々で食べるのですが、「なんか切ない…」と呟かれたのちに「いやいやいやなんでもないなんでもないからねなんでもないよ」とやたら訂正されました。

それでは穏やかな月曜日を。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

手札の期限

なんか。突然なんだけど「実家に帰るのもひとつの選択肢だよなぁ」と思うようになりました。
どうするかはっきりさせるのは、手持ちの薬がなくなり持ってきてもらうことになっている月末まで。

 

あんなに「しれっと同居するぜ」と意気込んでいたのに何の心境の変化か、っていう感じなんですが…私もまだ自分の今のこの、湧いてきた心の内をはっきり言語化することはできていなくて、なんというか

・「荷物持ってきたいから家具ずらしていい?」とここまで聞いているのにはいともいいえとも言わない元恋人に疲れた
・そもそも、付き合っていないのに同居しているのが意味不明
・正直、今は元恋人と一緒にいて「なにかいいこと」や「好転」があるとは思えない

 

こんな感じなのかな、って感じなんですけど。
でもまぁ実家に帰ったらめちゃくちゃストレスのかかる生活が待っているのも目に見えているんですけどね…こっちにいた方が心穏やかにいられるはずなんですけどね…なんなんだろうもう。

 

なんか、普通に付き合って、結婚を意識して、それらに対する自分の意思をはっきりと示してくれる男性と一緒にいたいです。
元恋人とは相性はいいのはなんとなく感じていますが、ね。なんだか今は疲れちゃってます。

 

なんで復縁しないの?結婚はどう考えているの?そしてどうしてそれらをいつもはぐらかすの?
荷物持ってきていいの?だめなの?完全に同居してもいいの?どうしていつも曖昧に流すの?いつまでそれを続けるの?
まぁでも、いわゆる決断力のある人ともし一緒になったとしても、穏やかな気持ちで一緒にいられる確証もないんですけどね…とりあえず、繰り返しになりますが今は疲れちゃってます。

 

あー、ここで「この人だ!」って思えるような、そして思ってくれるような男性がふっと現れたらなー。
価値観や相性が合って、周波数も合って、ごはんの食べ方が綺麗で、言葉遣いも綺麗で、偏った思想がなくて、同じ市町村に住んでいて、初婚の人。好きなこと言ってるな。
元恋人は初婚じゃないからね、時々「いやになる」ことがあります。結婚式はできたら挙げたくない派ってのもね。なんか。

 

というわけで、なんか頭がぐるぐるもやもやしていて今日はよく眠れませんでした。日中お昼寝してようかなぁとか思ってます。
「元恋人のために」ごはんを作る元気も今日はないです。たまにはテイクアウトしませんか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2