に投稿

同居生活の旨味

このところ、睡眠不足が続いています。
0時過ぎに眠りに就いて、6時に元恋人の目覚ましが鳴り起床。もっと早く眠ればいいのかもしれませんが、ベッドがリビングにあるので、元恋人となんだかんだで雑談をしていたり、「先に寝たらなんか淋しい」という気持ちが働いて元恋人が寝るのを待っていたりして、結果こんな就寝時間になっています。
元恋人は寝つきがいいので即ぐーぐー。でも私は自分の眠気のピークを越えているのでなかなか寝付けません。
「本当は22時半ぐらいに寝たいんだけどなぁ」と思いながらお布団の中でじっとしています。

 

「睡眠リズムが乱れたり睡眠時間が短いと体調も崩しやすい」とはよく耳にするもので、もれなく私も今それを喰らっています。
この間も書いた記憶がありますが、なんだか毎日めそめそしている。そして今朝はなんだかイライラしている。精神衛生的によろしくありません。このままの睡眠が続けば私はもっと体調を悪化させるでしょう。

 

うーん。困ったものです。
元恋人にも「最近体調が微妙に悪い」「睡眠時間が関係していると思う」「22時半ぐらいに寝たい」と漏らすのですが、「そろそろゆきちゃん、寝ないといけないね」と私を気遣ってくれるのが23時を過ぎているんですよね…
私の眠気のピークが大体22時半なので、23時台なんてあれです、カップ麺を食べられるくらい冴えてしまう時間帯です。

 

私が「元恋人と一緒に寝たいから」「先に寝るのなんかもったいない」と元恋人の仕事が終わるのを待たずに先に寝ればいいやん、という話であるような気もします。ですが明るいリビングでは私は眠れません。
なにが言いたいのかというと(本題まで時間がかかりましたが)「ベッドを他の部屋に移してほしい」ということです。

 

同居第一期のときは寝室を設けていたのですが、私が出ていってから元恋人が部屋を1人暮らし仕様にして、ベッドをリビングに運んだんですよね。
「元に戻せないのかなぁ」と思うのですが、「寝室エアコンないじゃん、どうやって寝るの」「ベッド運ぶのどれだけ時間かかったと思ってるの」と噛みつかれるので、言い争うのが嫌な私は「それっくらいなら黙っている」と、睡眠不足兼微妙に体調不良な日々を最近送っています。

 

だめですね、「言い争うのが嫌だから黙って相手の言うことを聞いている」なんてスタンスは。
いつぞやの洗濯物然りですが、自分の言い分と相手の言い分がぶつかってお互い譲歩せず建設的な話し合いができないというのはいいものではありません。
ですが今は「どれだけ言っても分かってくれないだろうし、もう私が完全に体調崩すまでベッドのことは何も言わないよ…」という、諦めにも似た心境です。よろしくないです。
まぁ、相手忙しいですしね。いまだに私、先日搬入した荷物を片付けていません。…相手が時間を取って部屋を片付けてからでないと私も片付けられないのですが、元恋人はいつも仕事に追われているので。

 

(タイムリーな話。今これを書いているときたまたま元恋人にこの睡眠不足と不調を訴えることができたのですが、そうしたら寝る場所を別々にすることを提案されました。うーん、それってどちらかがセミダブルのベッドでどちらかがシングルの煎餅布団ってことだよね…ちょっと格差ありすぎないかい)

 

とにかく。私も私で「ベッドを移動して欲しい」一択の頭でガチガチにならずに、もっと柔軟になって良い落としどころを見つけられたらいいなぁと思います。
それにしても眠い。テンション低い。

 

 

昨日は午前中、母と1時間半程ビデオ通話をしていました。
ここ最近の私の愚痴を聞いてもらいました。洗濯機は月に10回しか回させてもらえないこと、部屋を散らかすのに「ゆきちゃん来てから掃除できなくなった」とぐちぐち言うこと、など。
母からはいろいろアドバイスをもらいました。その中でも、とりあえず自分の下着は手洗いでこまめに洗うことを提案されました。
なるほど、それは私の「汚れが落ちない」とストレスになることも緩和されるかも。というわけでドラッグストアで手洗い用の洗剤などを見てこようと思っています。

 

第一期の同居ではこんなストレスなかったんだけどなぁと思いながら。でも「これが生活ってことだよ」と母に言われ、なんだかしっくり来ました。
いや、ストレスがたまることが生活ということではなく、「ストレスや悩み、問題点などが浮上するのが当たり前」という、なんというか人間臭いところにそう感じたわけです。そしてそれをため込まず、冷静に話し合いをしてちょうどいいところに落とし込んでいくことが生活。でもあるんでしょう。

毎日一緒にいて楽しいな、嬉しいな、というようなハッピー思考だけでは生活できないし、多分それはシュークリームの皮のようなものなんだろうなぁとぼんやり思います。
ネガティブなことがないとあるべき生活の姿ではない、と言いたいわけではありませんが、シュークリームのクリーム部分も堪能してこそ旨味のようなものが分かるのかなー…と。そしてそれを一緒に食べられる大切な人がいるって幸せなことだよね、と。

なんか話が逸れていったような気がしますが、こんな感じです。シュークリームを上手においしく食べたいものです。

 

さて。今日は土曜日なのでスーパーに行く日です。さすがにこの予定で「今日は土曜日だ」と曜日のチューニングを整えたいです(まだ曜日の感覚がない)。
あとはテンションがあれば、先程の手洗い用の洗剤を見たり、お弁当のカップとかを見たいかなー…。第一期のときに使っていたお弁当のカップはまだ残ってるんですけどね、なんとなく。
私は元恋人を困らせるようなお弁当グッズしか買わないのですが(マイメロのお弁当カップとかディズニープリンセスのお弁当カップとか)、彼はそれらに関しては特にツッコミを入れないので逆に私が困っています。

 

でもまぁね。愚痴はつい吐き出したくなるから目立つけど、日々の嬉しいことはあってもそう発信しないのがなんというかあるあるだと思っています。
日々の生活において言わないだけで嬉しいことや幸せなこと、たくさんありますよ。

 

いつもごはんを「おいしい、ありがとうね」と言って食べてくれること
3年使ったトイレのスリッパさんを手放すとき2人でお礼を言ったらなぜか元恋人にだきゅっとされたこと
「ドレスと和装、私が着るならどっちがいい?」と聞いたら優柔不断な性分なのに即答で「ドレスかな」と言ってくれたこと
同居してるのに毎日LINEで絡んでいること
歌って踊りながら元気に出勤していくこと
私のらくがきを1枚残らず保管してくれていること(3年分)

とかとかね。

 

わ、めちゃくちゃ長くなってしまった。今日はこの辺で!読んでくださりありがとうございました。
それでは、良い土曜日を過ごせますように。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2