に投稿

ベトナムにそそられる

よく分からないタイムリーな話。

今、この記事を書いているのは朝なのですが、出勤の支度をしている元恋人が先程背中をポリポリかいていました。
なんてことのない、いちいち描写するほどでもない話なのですが、それを見た私はなんだか感動しちゃったんです。
「この人は体に痒いところがあって、それを痒いと感じて自分でポリポリかくんだね…!この人も人間なんだ、生き物なんだ…!」と。

 

なんなんでしょうか、私は。
でも元恋人が「生きている」ということをその一瞬の行動でみずみずしく感じた私は「同じ時代に生きててくれてありがとう」とすら思ったのです。

 

まぁ、この数行の話をまとめるなら「元恋人が背中かいてた」なんですけどね!
なんなんだ私は。以上、よく分からないタイムリーな話でした。

 

 

さて昨日は。ちょっとだけ出かけてきました。
陽の光にあたりながらてくてく。ですが5月なかばの陽の光なんて、そんな柔らかなものではなくそこそこじわじわと私を熱します。
マスクをしながら30分40分てくてく。体がむんむんして汗ばみ「もー無理歩きたくない」と思ったので、さすがに帰りは電車を使いました。ちょっと電車賃はかかるのですが仕方ありません。あのままマスクをして往復歩いていたら私は帰り道のどこかでブッ倒れていました。

 

で、出かけてきたのですが…やっぱり人は全然いないし、お店も閉まっているところがほとんどだし。街に元気がないなー、早くコロナ落ち着かないかなぁと思いながら用事を済ませていました。

 

そしてなんとなーく本屋さんへ立ち寄ってみました。
店内をふらふら。私の興味のあるコーナーいくつかへ立ち寄って、「ゼクシィないなぁ」と思って(あったらそこそこ買う気満々だった)、旅行のガイドブックコーナーへも赴きました。

 

「コロナ落ち着いたらディズニー行きたいね」と元恋人と話しているので、まずはディズニーガイドブックを眺めます。ですがビニールで閉じられていたので表紙だけを見て、「まぁ機会あったら買おう」と思い元に戻しました。

 

次に見たのは海外旅行のコーナーです。探す先はベトナム一択。
私はベトナムにすごくすごーく興味があって、「1度行ってみたいなぁ」と度々ベトナムに思いを馳せます。
海外旅行自体にはそんなに興味はないのですが、なぜかベトナムだけには強烈にそそられます。あと台湾にもそそられます。アジア系の国が好きなんですかね、私。

 

ベトナムにそそられる理由なんですが…なんだろう、活気と色使いと食べ物?
活気があるかどうかは実際体感したことがないので分からないのですが、テレビや本などで見る限りでは、あの屋台界隈の活気が素敵だなーと思うのです。
最初にそそられたのは数年前に観た旅番組…のベトナム料理。本能的に「おいしそう!」と思いました。そして私のそそられを決定づけたのはとあるベトナムの旅行記。もう読んでいるだけでワクワクして、「行きたい!!」と心の中でのたうち回りました。

 

そんなこんなでベトナムの本を立ち読みする私(どうでもいいんですけどるるぶよりまっぷる派)。
わー素敵だなぁ、食べ物おいしそうだなぁ、雑貨可愛いー、あぁ行きたいなぁ、あぁ…
でも「きっと私の人生においてベトナムに行くことはないだろうから、わざわざテンションを上げた後現実を見てしょんぼりするのはよそう」と思ってそっと本を閉じ、元の場所に戻しました。
…それを3回繰り返しました。

 

そのあたりで私は思うのです。「買えよ!」と。
3回手をつけた本、というのもありますが、例え行くことがなくてももしかしたらいつか行けるかもしれないじゃん。見てるだけでも楽しいし元気でるじゃん。と。

 

…どうしようかな。
でもなにを迷っているのか分からないな。
ベトナム行きたいな。

 

そして私は「この本読んで元気出そう!なんか最近ずっとしょんぼりが続いてたし!」と思って買うことを決意し、鼻息荒くレジに持っていきました。ゼクシィがあったら一緒に買っていたと思います(ゼクシィはするっと買えるんだ)。

お店を出た後は「買ってよかったー!」です。すごくすっきりしました。
ふんふーん、夜ごはん食べたらこれ読もうー
なんだか浮かれていたので帰りにシュークリームを買いました。シュークリームはためらうことなく買いました。

 

じゃじゃーん。ベトナム!読むぞー

 

わぁー、読んでるだけでわくわくする!っていうかベトナムの雑貨可愛いなー。
そして今このタイミングで、なんですが、私はパクチーが食べられないので「パクチー抜いてください」というベトナム語も調べておきました(ちゃんと載ってた)。

 

しばらくすると、ベッドでこの本を読みながらうきうきしている私の様子を見ていた元恋人がふわっと隣に現れました。
元恋人は「なんかよく分からんけどベトナム物価安っす!」ということに驚いていて、私は「パクチーだめで魚醤?もだめだったらベトナム楽しめないなぁ」ということに気付き自分の口を案じました(ちなみに元恋人もパクチーだめ)。

 

そして一緒にベッドで横になりながらベトナムのまっぷるをきゃっきゃしながら読み終えた後、元恋人に「オーストラリアとベトナム、どっちがそそられる?」と聞いてみました。
すると「オーストラリアだな」とそこそこの即答。ちょっとだけ、がびーんとなりました。

 

なぜここでオーストラリアが出てくるのかと言うと、私たちの新婚旅行先の有力候補がオーストラリアだからです。縁談はひとつもまとまってないのですが、交際していたときからなんとなく「オーストラリアね」という話がなぜかまとまっていました。
そこに私が「ベトナムが魅力的すぎる」という発言を飛ばしてきたものだから「オーストラリアかベトナムか」みたいな話になっているのですが、いろいろ考えてもオーストラリアで落ち着くことになりそうです。
なので先程「私の人生においてベトナムに行くことはないだろうな」と言ったのでした。

 

でもあまりにもベトナムの物価が安いので「もしオーストラリアが予算オーバーだったらベトナムにしよ?」とまだねばりました。
あぁ、ベトナムの街並みを歩いてみたい。屋台でごはん食べてみたい。雑貨いっぱい買いたい。
でもオーストラリアにはコアラがいるからなぁ…コアラの存在は大きいよね…

 

こんな感じで、結婚の約束もしていないのに昨晩はおめでたい頭になっていました。
私たちがどこを新婚旅行先とするか、1年後2年後ぐらいには分かっていたらいいなー…その前に元恋人と結婚してたらいいんだけどなー…2022年あたりの私、この記事を読んで笑ってやってください。2年後もブログ書いてる気満々。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2