に投稿

顔彩に惚れる

元恋人と私の恋愛の価値観というものは割と違います。
例えば、私は「以前の恋人の話は絶対してほしくない」というのに対し元恋人は「以前の恋人がいたから今のあなたがいる、だから話されても気にしない(だから自分も話していいだろう)」というものだったり、他には連絡の頻度だったり。
連絡の頻度。私は「1か月音信不通になればそれは脈なし、どんなに忙しくても本当につながっていたい相手だったらおはようぐらいは言えるでしょう」という考えなのですが、元恋人は「仕事が忙しくて1分1秒でも惜しい、そんな状態で連絡なんてできるわけないんだから1か月音信不通はそんな騒ぐほどのことではない」というもの。

 

皆さんどうでしょう。私は…「普通は」1か月音信不通だったら、それはもうあなたに興味がないし関係を築こうと思っていませんっていう意思表示だと思うんだけどなぁ。私の普通の物差しがズレているんだろうか。
「私だったら」1か月音信不通になったらもう私に興味はない、縁をつなごうという気はないという認識になるし、逆もまた然りです。
ちなみに私と元恋人は、私が入院しているとき以外連絡を取り合わない日はありません。

 

 

話は大きく変わり。昨日顔彩を買いました。買ってみました。

 

ひょんなことがきっかけで、顔彩にさわらせてもらえる機会があったんですよね。
ですが顔彩というのは昨日まで私にとってかけ離れた縁の画材で、買う前には「あまりにもどんなものか分からないから買っても使いこなせるか不安」と思いかなりためらっていました。
ですが私が一番顔彩に惹かれた「いい感じのムラと滲み」を思い出し、「あの色でお口に紅をひいてあげたい」と思い描いたら、買わずにはいられませんでした。

 

はい、購入。
顔彩についてさくっと調べたんですけどそれでもよく分からなくて、「日本画」とか「色の名前が素敵」といったようなぶつぶつと切った単語だけが頭に入り、でもまぁ使わなくちゃ分からないしとりあえず使ってみますかとなりました。

 

最初の顔彩。生まれて初めての顔彩。
試しになにを描いてみようか、と思った結果

 

なんとなーくこんなものが仕上がりました。

 

絵としてのクオリティはともかく「気に入った!」という感じです。
私が惚れた「ムラと滲み」はやっぱり魅力的で、これからもっと使いこなせて自分の絵、みたいなものが確立していけばいいなーと思いました。

 

私は見るのも描くのも割とぱきっとした絵(線が太く、色の濃淡がシンプル)が好きなのですが、比較的アナログ描きはほわわ~んとした、淡くてふわっとしたものを描くのが好きです。

あぁ、次はなにを描こうか。というか手元に鉛筆やシャーペンといった描いても消せるペンがないので、今度実家に行ったときに取ってこようと思っています。

 

この試作品というか試しに顔彩をさわっていたとき、元恋人がひょっこり私の手元をチラ見して「ゆきちゃんが絵を描いている!!」と(なぜか)とても喜んでいました。
すげー、すげー、ゆきちゃん絵ぇ描いてるー、とのこと。
私もよく分からないまま照れてしまったのですが、いや、私そこそこ絵を描いていないかい…?あなた個展にも来てくださったわよね…??

 

こんな感じで、今日あたりにもまた時間があれば(鉛筆シャーペンはありませんが)顔彩に触れていたいなー顔彩に慣れたいなーと思っています。
一生の相棒になったらどうしようね、顔彩。コピックも好きだけど。でもコピックはボールペンとの相性が悪くてボールペンに滲んじゃうんだよなぁー(いずれにせよアナログ描きが好き)。
まぁでも。今は顔彩にお熱な感じです。
触れるの忘れてたけど、このパレットは気軽に使えるのでなんかよいです。描く準備をするっていう手順がかなり省かれているので、描こうと思ったらさくっとすぐ描ける。よいです。

 

というわけで今日はこの辺で。
私は元気だったり落ち込んだりの繰り返しをしています。なんとかかんとかではありますが、幸せなことの方が今は多いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3