に投稿

私は、私の幸せのために生きる

おはようございます。悶々とした朝を迎えています。

 

ええと。まず皮膚科のこと。
さすがにこの痒みのことで「治らない、痒い」と3度目の受診をすると、いつもより長くあれこれ聞かれました。
結局じんましんということには変わりなかったのですが、恐らく「突発的なストレス性のじんましん」だろう、と。

ストレス…ストレス。ねぇ…。
飲み薬を2種類もらいました。また薬が増えました。

 

ですがこれを飲んで楽になれるなら…と思って根気強く飲んでみます。
薬が増えようが、ピンポイントで言うなら私の「将来」に影響することはなにもありませんから。

 

ね。将来。
昨日は皮膚科が終わった後(なぜか)元恋人が「雨酷いし、一緒に帰ろう」と提案してきたので一緒に帰りました。皮膚科が終わってから元恋人の仕事が終わるまで、数時間待っていました。
日曜日にどっちにも転ばない将来の話をして、結論も出せずになんとなく話は終わり、そんな状態で気持ちよく寝付けるわけがありません。なので昨日は4時間ぐらいしか寝ておらず、夕方にもなると体がへろへろになりました。
言うまでもなく心も疲れ切っています。私の病気を受け止められない元恋人。そして日曜日の晩から皮膚科受診までに「ここを出ていこう、元恋人とは縁を切ろう」とそこそこの決心をした私。でもふとした瞬間にそれがぐらついて馬鹿になる。

 

心が不安定になりました。不安定というか不安感というか、とにかくどうしようもないなにかに呑まれて私は心の中で「頭を抱えて泣き叫んでいた」わけです。
ドトールに入ってカフェインレスのあたたかいお茶を飲みました。頓服も放り込みました。
誰か助けて。私を楽にして。

 

そして元恋人の仕事が終わる時間が近付いてきたので、へろへろになりながら待ち合わせの場所へ歩いて向かいました。
あとちょっと気持ちの糸が切れていたら私は道の真ん中に倒れこんでわんわん泣いていたでしょう。それくらい、だめだめというか不安定になっていました。
ですが、それでもなんとかこらえながら1歩1歩地面に足を踏みしめながら歩いていたわけですが、そのときふと「私は、私の幸せのために生きる」という文章が頭の中に湧いてきました。

 

「生きる」。
この3文字が私の頭の中でぶわあっとはじけ、広がり、主張をしました。
このときばかりは私も本気で街中で泣きそうになり、ちぐはぐな感情がひしめき合う心と行動でなんだかもうわけが分からなくなりました。
…私は、生きたいんだと思う。「死にたい」とかそういう感情にくるまれて見えなくなっているけれど、私は本当は生きたいんだと思う。…そのことに気付いたとき、なんとなくだけれどひとつの道が拓けたような気がしました。

 

私は、私の幸せのために生きる。
もう苦しむのは嫌だ。
「愛されない」と、「私は愛されるに値しない人間だ」と思う環境にいるのはもう嫌だ。
お人形が「可愛がられるために在る」のなら、私は「幸せになるために在る」であってもいいはず。
というか、私は幸せになるために生まれてきたんだ。幸せになるために生きるんだ。
もう、こんなに私を苦しめる人と一緒にいるのはやめよう。
…やめよう。

 

そう思って元恋人、の仕事あがりを待っていました。
ですが、ですが…元恋人を見るといい感じに数行前の決心が総決壊して、「なんだかんだで元恋人はいい」と思った超絶馬鹿な自分が誕生しました。
本当に馬鹿だね!今が変わるチャンスなのに!でも変わらないといけないの?変わることだけが絶対な幸せなの??あー!!

 

元恋人は「いつも通り」で私に接してきます。いつも通りの顔、いつも通りの話し方。
そして「ゆきちゃん、〇〇のケーキおいしかったって言ってたよね、また買ってこよっか」なんて、さらっと言ってくる。そしてその「あたたかさ」に私の決意は溶けてしまう。
私は、ここを出ていこうと、元恋人と縁を切ろうと思っている、思っていた、思っているはずなのに。
今朝は今朝でいつも通り「眠れた?」と聞いてくるし。
あああ。なんでそんなに普通なの。

 

元恋人はいい人です。いいところはいっぱいあります。
でも、将来のこと、結婚相手と考えたら歯切れよくいいコメントができません。
惰性で一緒にズルズルいることがいいとも思いません。大きな変化には痛みや傷はつきものです。痛みと向き合う勇気が私にはないだけです。
元恋人のことで私は今とても苦しんでいます。多分、元恋人も見えないだけで苦しんでいると思います。
でも、2人で一緒にいると、心が綿のようになるのです。
綿のようにあたたかく、やわらかく、ふわっとした優しい心に。

 

あぁ私は馬鹿です。どこから見ても馬鹿です。

 

痛みと向き合って元恋人と縁を切るのか、それともなんとなーく今のままが続くのか。
元恋人は言います。「この状態がずっと続けばいい」と。それではよくないことは分かっているけれど、それのどこがよくないかもよく分からない。
私は馬鹿です。

 

縁が切れるまであと〇日。なのかな…やっぱり嫌だな。
「この気持ち」を素直に聞き入れるべき?今日は七夕だから短冊にお願いしてみようか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2