に投稿

いとおしく、とりとめなく

おはようございます。
メインパソコンが復活し、コーヒーも淹れる環境が整い、私はこのアパートでおもむろにテリトリーを拡大していっています。
自分の空間、仕事ができる環境、趣味のコーヒーを楽しめる時間(そしてコーヒーを飲んでくれる元恋人)。
なんか、そういった自分の世界のようなものをこのお宅の空間にちょっとだけでも濃密に確保できただけで、私はとても楽ーに生活できているような気がします。
ありがとう元恋人。これで私は仕事にも取り組めそうだし絵も描ける。ガラスペンで日記を書くことものんびり刺し子を楽しむこともできるよ。

 

書いた記憶があるようなないようななのですが、とりあえず今は何も考えないようにしています。何も考えず、流れに流されてみようかと。
どう迫ってもはっきりしない元恋人の態度。2人、の将来のこと。復縁云々のこと。
自分1人の力ではどう押しても動かないことにエネルギーを注ぐのは単純に疲れた、というのもありますが、迫っても動かないものに迫るのもなーと。「そのとき」が来るのを待とうかなーと。
まぁ元恋人と知り合って3年半ちょいが経ちましたが、今まで「そのとき」が来た試しがないですし、「そのとき」っぽいものが来て迫っても、どう頑張っても彼は動かなかったんですけどね。今まで。
逆にもはや「そういう人」なので、もうそういう人なんですが…

 

でもまぁ、今は何もしません。そういう話を積極的に元恋人にふっかけないし、日常生活を今まで通りいとおしく過ごしたいと思います。
そう、なんだかんだ言っても私は元恋人のことを愛しているのです。彼との生活がどれだけいとおしいか。
決められない人でも、「そのとき」が来ても動けない人でも、別の角度から見ると元恋人には素敵なところがたくさんあるのです。まぁ、こういう思考回路が馬鹿女ダメ女の典型例なのかもしれませんが。

 

元恋人も元恋人で将来…ひとまず結婚というカテゴリでの自分の将来について悩んでいるようです(知ってはいましたが)。
私がいるから悩み苦しめてるのかなーとも思うのですが、元恋人的には「(私がいるから悩み苦しんでいる、結婚できないというのは)関係があるのかい」という感じなんだそうです。

 

先日元恋人と話していた、「このままずっと同居していて、内縁の妻化して、それなら結婚しようか」という人生のルート。選択。そういうのでもいいかなと思っています。というより、このルートが元恋人と結ばれる一番ハッピーな展開のような気がしています。
私はやんわりと「アパートの更新のときに、じゃあお互いの実家に近いところに引っ越して結婚しちゃおうか、ってならないかなー」とも思っているのですが(今年更新です)。

 

まぁまぁまぁ。現実は今、元恋人は仕事に追われてそれどころではないようなので、こういう理由からも将来の話などをくどく迫るのはやめにしておきます。今は。
っていうか、なんの話なんだろう今回の記事は。とりとめのない感じになっちゃいましたが。
とりあえずは、「おはよう」や「おやすみ」が言い合える、「今日仕事でこんなことがあってさ」と話をしてくれる、「ちょっと今日のコーヒー濃かったね」と共有しあえる、そんな当たり前のようで当たり前でないいとおしい日々を大切にしたいと思います。
なんだかんだ言っても、私は元恋人と生きていきたいんだよなぁ。

 

と、いう感じでそろそろ今日を始めたいと思います。
今朝はなかなか起きられず寝起きの気分も珍しくすっきりしたものではなかったのですが、それから1時間半ほど経った今、なんとなく「今日はどんな1日になるかな」というちょっとしたワクワク感が湧いています。
これで超絶残念な1日だったらね。しょんぼりなんですけどね。
でもこういったワクワク感とか元恋人へのいとおしい気持ちとか、いとおしいこの生活を大切にしたいって気持ちとか「元恋人と生きていきたい」っていう芯とか。そういうのは忘れず大切に持っていたいなぁと思います。
当たり前のようで当たり前でない日々。関係。とりあえず今はそれだけで私は生きていられます。

 

全然関係ない話なんですけど、このブログっていつか終わるんですかね。
ブログ歴約20年というところから見るに「飽きたからやめる」という性分でもなさそうだし、そういう気配はないし、なんかもう自分という肉体が滅びない限り延々とやっているような気がします。
別に滅ぼすつもりもブログをやめる予定もありませんが、なんとなくそんなことをふと思ったので。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3