に投稿

よそ行きとパジャマ

先日は私の誕生日でした。

34歳。つい最近までは33歳だったわけですが、「さんじゅうよんさい」という言葉の響きには33歳のときには感じられなかった「どう見ても大人だね」感を感じ取ってしまい今から恐れおののいています。
いや、33歳が別に多少の子供っぽさを残してもOKというのは、まぁそういうのは個人差でしょうけど…
まぁいいです。33歳であろうが34歳であろうが私は私でしかないので私のように生きていきます。
ただ、エイジングケア?は今後も、今以上に怠ったらいけないなー…と思っています。髪、顔、身体。マイナス5歳はオーバーにしても、32歳ぐらいに見られたい。誤差?

 

で、誕生日当日ですが。まず日中は実家に行って、母に「生んでくれてありがとう」のさきいかをプレゼントし(毎年恒例になっている)、少々談笑をしたあと母手作りのチーズケーキを食べました。

 

おいしかったです。みんなで一緒に食べました。
この日はね、たくさんの人から「おめでとう」と言ってもらえ、ありがたいやらなんとやらで非常に恐縮していました。
自分が主役、というのに慣れていないんでしょうね。慣れている人も少ないような気がしますが、なんだかずっとそわそわしていました。

 

そして夜からは恋人と誕生日デート。
極度の写真嫌いの恋人に「プリ撮りたいです」と無理難題を言うと、なにかが吹っ切れたように応じてくれました。
びっくりです。感謝です。その代わり、恋人はマスクをつけたままの撮影だったので彼は目と髪しか大体写っていません。でもいいのです。
ですができあがったプリを見てみると、写真に機械が印刷中にやっちゃった系の横線が入っていました。極度の写真嫌いの恋人の念がうつったんでしょうか。こんなことは初めてでした。

 

プリを撮ったあとは誕生日プレゼントを買ってもらいました。
おねだりとか買ってもらうとか、全然慣れてないし「こんな私のためにいいのでしょうか…申し訳ないです」という気持ちでいっぱいだったのですが買ってもらいました。

 

腕時計でございます。ずっと憧れてたシリーズのやつ…!!
ありがとう恋人。大事に大事にするよ。
去年はピンキーリングを誕生日に買ってもらい、今年は腕時計。私の左手まわりはどんどん恋人色に染まっていきます。

 

お礼の言葉を述べながら、夜ごはんを食べるお店へ向かいました。
着いたら閉店1時間前だったのでちょっと慌てて食べたのですが、おいしかったし楽しかったです。恋人もそんな私の姿を見て喜んでくれました。

そして帰宅。恋人はへろへろねむねむだったので、最低限のことをしたらばたーんと寝てしまいました。
私は興奮冷めやらぬ、というやつで寝付くまでに時間がかかったのですが、まぁ眠りの質はよかったです。

 

…とまぁ、こうやって書いてみるとなんて恵まれたっていうかありがたいやつなんだ私は!
おめでとうと言ってくれるたくさんの人がいて。一緒に母手作りのケーキを食べられる家族がいて。こんなによくしてくれる恋人がいて。
あぁ、私は幸せ者だなぁ…
ちなみに来月は恋人の誕生月なので、私にこうやってしてくれたように、たくさんたくさんお祝いの気持ちを伝えたいと思います。

 

で、昨日は誕生日から一夜明けて私にとっては普通の日…特別な日からの普通の日、だったのですが、いつも通りな感じに落ち着きました。
やっぱり誕生日は特別な1日なので、非日常とまでは言わないけれどなんかしゃきっとするんですよね。それが昨日はだらーんとしていたので、はい。よそ行きの服を着て立派なスイーツをいただくのも良いですが、パジャマ姿でスナック菓子を食べるのも良いという感じです。
とりあえず昨日はパジャマ姿でスナック菓子、というような1日だったのでふわふわしていました。

 

早くプレゼントの腕時計をつけて出かけたいのですが、もう1日我慢。今日を乗り越えれば明日は恋人とお出かけです。
わーいわーい思う存分腕時計つけるぞー。めちゃくちゃ文字盤見るぞー。
パフェを食べて、恋人の車のナビを新しくする予定です。楽しい1日になるといいな。

 

それでは、また近況報告しに来ます。
しれっと「残暑」っていうような気候にシフトしていますね。季節が変わりそうでそわそわしています。あと1ヵ月もすれば半そで半ズボンのパジャマが肌寒くなるんだろうなぁ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1