に投稿

2人暮らし仕様に戻した

先日、家のそこそこ大規模な模様替えをしました。
「家」と書いたのは、私はよーーーうやく住所を移し、日本の社会の仕組み的にもお役所の仕組み的にも立派なこのアパートの住人化とすることができたからです。
言ってることが自分でもよく分からないな。要は住所を移したので堂々と「ここは自分ち!」と言えるようになったわけです。

 

で、模様替え。私が去年このアパートを出て行ってから恋人はまぁ単身生活になりまして、彼はこの家を単身生活仕様にしたのです。
(念の為に書いておくと、私たちは1度別れている)
それから私がまた住み着くようになり復縁し、となったのですが、その間も部屋は単身生活仕様のままだったんですよね。
リビングにベッド、旧同棲中の寝室に洗濯物、一番小さい部屋は物置…みたいな。

 

まぁまぁ別にだめではなかったんです。だめではなかったんですけど、なんかね。やっぱり一緒に暮らしているのに「2人暮らし仕様」ではなくずっと「恋人の生活スタイル仕様」のままの部屋はなんだか足並みが揃わない感?でぐぬぬぅとなってまして。一緒に暮らしているのに、なんであなた中心の家具配置なの?みたいな。
特にリビングにベッドがあるのが一番引っかかっていて、朝は早起きの私が行動し始めると恋人を起こしてしまうし、夜は早く寝たい私が夜遅くまで仕事をしている恋人に合わせてしまうし。お互い質のいい睡眠が取られないなーと。
それをずっと言っていたのですが、エアコンがリビングにしかないという理由などで(夏暑くて寝られない)なかなか模様替えができなかったのです。

 

でも、もう9月じゃん。9月も末じゃん。エアコンつけて寝てないじゃん。私住所変えたし。
…と、ここ数日で私が強気のアクセルをぐんっと踏みまして、半ば強引に「ベッド移動するよー寝室作るよー」と恋人を動かしました。

 

一番大変だったのがベッド移動だったのですが、恋人が手伝ってくれたのでよかったです。
いや、私1人で全部やるつもりだったんですよ。恋人忙しいし彼の重い腰が上がるのを待っていたらキリがないと思って。
でも実際ベッドを解体して移動してまた組み立てるのは、女1人ではかなり厳しかったので…はい。仕事の手をとめてガンガン手伝ってくれたことに感謝です。

 

そして、模様替えを全て終えてぐるぅりと家じゅうを見てみると、「元の状態」に戻っていました。
元の状態。旧同棲時のレイアウトということです。
寝室できたし、リビングに私のパソコンや書き物道具などを全部持ってきたし。
まぁ要は私の好きなようにしちゃったわけですけど、快適です。そりゃあ私はね。でも恋人も特になにも言ってこないので(今のところ)よかったです。恐らく。
これで適切な空調の部屋でもろもろの作業ができると思ったらわーい、です。今まではエアコンのない部屋に私のものが置いてあったので、汗をポタポタ垂らしながら日記を数行書くので精いっぱいでした。
でも今はのんびりゆったり日記を書けます。もうちょっと落ち着いたら絵も描けるかもなーわーい

 

と、いう感じの最近です。
ここしばらくアクティブな日が続いていたのですが、でもへとへとになることを知らずこうやって模様替えなどをしていたので、今日はゆっくり休もうかなぁと思っています。スーパーにも行かなくちゃですが。
それでは今日はこんな感じで。タイプミスが酷いので、もうちょっと頻繁にブログを書きたいです…パソコンも移動したし!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

0