に投稿

栄養オタクは玄米を買いたい

笑うしかない投稿頻度になっていますが(あああもおおおうって感じです)、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

 

私のところは、私はオンオフ切り替えなくずっともうひとつのブログの更新をしているし、恋人は撮りためたテレビ番組をここぞとばかりに観続けています。

あぁ先日2人で非常食買ってきました。コロナにもしかかって食料を買いに行けなくなった・作れなくなったときとか、いろいろ想定して。
レンチンごはんや缶詰、レトルトのお粥やカップ麺などいろいろ買ってみたのですが、昨日その賞味期限の管理をしていたら思いのほか早くに賞味期限が切れるものもいくつかあって(カップ麺あたり)あぁ早く食べなきゃだなぁと思っていました。そんな感じです。

 

この連休は、ごはんの準備もなかなかのものがありますね。
普段だったら、朝ごはんは私は私で食べて恋人には決まった朝ごはんを作って…っていう感じなのですが、今だけは(自分は変わらないんだけど)恋人の朝ごはんは固定されたものではないし起きてくる時間も把握できないので…うーんなんっていうんだろう、要は夜ごはんだけでなく3食2人分「なにを作ろうか」頭を悩ませている感じです。それを、恋人の休み期間分。

 

私は子供もいないしなんなら未婚ですが(なんならってなんだよ)、「夏休みのお母さんの気持ち」がなんとなく分かる気がしました。
朝昼晩のごはんを考えて、作って、片付けて。また翌日のごはんを考えて、作って(以下エンリピ)。

 

フワアアアアアアアって感じですね…幸いなことに私はごはんを作ることや献立を考えるのは好きな方だということと、恋人はなんでも喜んでそして感謝して食べてくれるのでそうストレスにはなっていないのですが。
でも私は「こうしないといけない」というガッチガチの思考の持ち主なので、「手抜きしてはいけない」とか「栄養バランスが整っていないといけない」とか思い詰めるのは…辛いかなぁ。まぁいいんだけど。

 

そう、最近私は栄養オタクになりつつあります。
事の発端は「恋人に健康診断で引っかかってほしくない」みたいなものだったのですが、そこからいろいろ思い始めまして。
私ももう35だし、恋人もアラフォーど真ん中。いくら気持ちが若くても10代20代の頃とは違うのです。食事の面からもケアというかメンテナンスというかを日常的にしていかないと、5年後10年後20年後…とどんな病気にかかるか分からないのです。
好きなものを好きなように食べるフェーズから、良質な栄養のあるものをバランス良く食べるフェーズに。みたいな。私も恋人も、いつまでも元気でいてほしいですから。

 

というわけで栄養オタク。栄養学の本を惹かれるがままに購入し、一通り読み終えました。
読む前よりはちょっとは知識がついたかな…って感じです。そんな、「この食材にはこういう栄養が豊富」みたいなことをひとつずつ覚えているわけでは(まだ)ないですが、ばくぜーんとね。
ただ、恋人は若い頃(今も若いんだけど、10代20代の頃と比べてって意味)より食事量が減っているので、良質な栄養のあるものをバランスよくかつ適量、というテーマで献立を考えたりスーパーで頭をひねったりしています。
最近の私の口癖は「玄米を買いたい」です。コイン精米あたりには行くと思いますが、せっかく穀類を食べるなら白米より胚芽付きとかのお米の方が栄養価高いよなーと白米を食べながら思っています。

 

そんな感じかな。あ、なので栄養オタクの私は「果物は毎日食べた方がいいかもしれない」ということに気付いたので、この連休中なにかしら果物を朝に食べています。
恋人は果物を食べない人だったのですが、「薬だと思って食べて!元気でいてほしいから!」と説得?して食べてもらっています。
連休明けたらどうやって毎日果物を食べようかなぁ。

 

それでは今日はこの辺りで。
5月中にはもう1回は現れたいよね!ってくらいの更新頻度かもしれませんが、それでもよかったら今後ともよろしくお願いします。深々と頭を下げる。

 

1か月ぶりに好きなように描きました。ブランクという4文字が頭に浮かびました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3