に投稿

春巻きの話をするはずだったんだけど

よーしこれから頻繁にブログを書くぞーと思っていた矢先、パソコンのモニターが壊れました。
映らない。映らない。映らない…ので慌てて手頃なモニターを買ったのですが、今までと色合いも明るさも文字の輪郭のシャープさも違うので(文字の輪郭がなんだかぼやけている)うひー慣れなきゃなーと思いながらこれを書いています。
このモニターに変えてから絵はまだ描いていないのですが、今まで認識していた色合いが全然変わっていそうで怖いです。
住めば都、ではないですが、そのうちこれが普通になると思いたいです。せっかく買ったし慣れなきゃなぁ。

 

ちなみにですが、私のパソコンのモニターが壊れたのと同時期に家の洗面台の電球が割れました。
ええと、どういうことかと言いますと、「恋人が洗面台の上にいろいろ物を置く→それを取ろうとする→隣にいた香水が落ちる→洗面台の電球に当たる」という流れです。
誰も怪我はなく、今は電球も買ってきて元通りなのですが、気を付けないといけないですね。
洗面台の上に物を置くのは危ないです。はい。もうちょっと収納方法を考えてくださいませ恋人。

 

私たちが住んでいる家というか部屋は割と収納スペースが多いのですが、私に割り振られているクローゼットは全体の1割程度…下手をしたら1割にも満たないかもしれません。
なぜか恋人と寝具に占拠されています。
クローゼットに入れたい系の私の荷物もまぁあるんですが、それは部屋の壁にくっついていますね…クローゼットに入りきらない恋人のものと共に。

 

いや愚痴では毛頭ないしそもそも今日の記事は愚痴を書きにきたはずではなかったのですが、恋人のものが多いから洗面台の上まで収納スペースにしないといけないのか、という話の流れです。
今日本当は「春巻きがおいしい」という話をメイントピックにしようと思ってたんだけどな。「本番」が始まると話の流れはどう転んでいくか分からないものですね。

 

私たちは日頃趣味とガチを兼ね揃えて物件探しをしているのですが(もう今日はこの話でいきます、春巻きはおいしいのです)、ガチも兼ねているのでまぁ「いいところあったら引っ越したいね」みたいなノリでは少々いるのです。
そこでチェックするのが収納スペースの量。いくら素敵物件でも収納スペースが少なかったら「ちょっと無理だねぇ」となってその部屋は流れていきます。

 

でも、でもさ、愚痴では本当ないけど、その収納スペースにおさまるものってほとんどが恋人のものだろうし、たくさんの収納スペースが必要になってくるのも恋人のものの量が主な理由だと思うのは私だけでしょうか…。
いや、私が実家からいろいろ私物を引き上げてきていないだけかもしれませんが、それを差し引いても恋人のものの量は多いと思います。
なにが多いと聞かれたら「うーん…全体的に?」という感じ。でもそれが「一緒に暮らす上でのストレス」には一切なっていないので、はい。本当愚痴ではないんですけど。
ものが多いイコール収集癖ではありませんが、私が今まで描いた落書き、ひとつ残らず保管しておいてくれてるし。
まぁ多分、忙しくて整理整頓する時間がないんだろうなぁ…優しく見守っていよう。

 

最後に本題だったはずの春巻きの話をしておきますと、春巻きがおいしくておいしくて、というより「私は春巻きがめちゃくちゃ好きだった」ということに最近気付きましてうふふのふとなっています。
自分の好きなものを新たに発見するのってワクワクしますね。
恋人に「じゃー披露宴はケーキ入刀じゃなくて春巻き入刀にしようかー」とどこから披露宴という言葉が出てきたんだというような話を唐突にフッ掛けますと苦笑という名の穏やかな笑みを浮かべられました。
そもそも結婚式を挙げるか挙げないかというフェーズなのに披露宴はしないでしょうが、と。いやその前に結婚式を挙げるか挙げないかというフェーズの前のフェーズにいるよ。
まぁ春巻き入刀は皮がパリパリいきそうなので策が必要ですね!懲りてない。春巻きがだめだったら餃子も大好きなので餃子入刀でもいいのですが、それは肉汁で床がびしょびしょになりそうですね!(もはやなにを言っているのか分かってない)

 

というわけで、いつか「〇〇さんと△月△日に入籍します。披露宴はしません。」みたいなことを言いたいなーと思っている私でした。
今日の話はなんだったんですかね。まぁこういう日もあるということで。

 

久しぶりにこの色合いで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2