に投稿

発作とパニック

おはようございます。朝6時。
もー眠くて眠くて眠くて、先程おもむろに恋人の前でキットカットを食べてきました。
そして今、ハリボー(コーラ味)をもぐもぐしながらパソコンに向かっています。
もぐもぐしていないと眠ってしまいそう。朝体重を測るまでは何も食べない私が珍事です。

 

というのも。昨晩眠りに就いてから程なくして目が覚めたんです。

 

なんかよく分かんないけどすごく寝苦しい。

 

暑いから?ふわふわした頭で扇風機を回してみました。それでも全然変わらない。喉渇いてるのかな?とお茶を飲んでみましたが何がどうこうするわけでもありません。
そんなことをしながらもどんどん苦しさは増していく一方。字のごとくもがき苦しみながらはーはー言ったりあーあー言ったりしてもがいていました。
なんかよく分かんないけどすごく苦しい。なにこれ。息をしてない方が楽だ。

 

そんなとき、異変に気付いたのか隣で寝ていた恋人が起きてきました。
「ん~…?どぉしたのぉ…」という感じで私に声をかけてくれた恋人が超絶命の恩人に見えました。すかさず「くるしい、くるしい」と助けを求める私。
すると恋人はハッとなって、慌てて定時の喘息の吸引薬を私に手渡しました。

 

あ、これ喘息の発作か。
とようやく原因に気付いた私は「ちがうー…こっち…」と定時薬ではなく発作が起きたときに吸う薬を指差しました。
恋人は慌てて吸引薬の蓋を開けて私に手渡してくれました。
なんかもうありがとう…です。私はその薬を吸って呼吸を整えて、なんとか落ち着いたのでした。喘息は。

 

喘息が落ち着くと、今度は頭がざわざわしてきました。「あーこれまずいやつだ」と思って今度は精神科の頓服を飲んだのですが、それでも治まらない。
心配そうに私を見る恋人に、私はこれまたもがき苦しみながら「頭がざわざわしてわーってなるの」と説明しました。

 

「頭がね、ざわざわしてわーってなるの」
「うん」
「頭が、死んだ方が楽だよ?って私に言ってくるの」
「やーだよって言わなきゃ」
「でもね、こんなに毎日辛くて苦しいの嫌でしょ?って言ってくるの」
「死ぬ方が辛くて苦しいよ?」

 

恋人は冷静に私の話を聞いてくれて、「とりあえず、薬飲みな?」と頓服を追加することを勧めてくれました。
薬を飲んで、ようやく頭の中がすっきりしてきて…喘息の発作からカウントして2時間、発作とパニックに恋人は付き合ってくれました。
で、手を握ってくれてようやく落ち着いて眠れたのですが…今すっごく眠たいです。いつもよりも2時間眠れていないんですから。

 

私が「こんなんじゃ○○さんのお嫁さんになれない」と言うと「そうなん?」と恋人に言われました。
そう言えば恋人は発作とパニックが起きる前、「今日もありがとうね、明日もよろしくね」と言って部屋の電気を消してくれました。
なんか…いい人、だなぁ。昨日のあれは何だったんだ。

 

というわけで、眠たすぎるので恋人が出勤の準備をするまで少し寝てきます…
今日1日穏やかに終えられますように。

 

漫画の原稿ちまちま描いてます。
1コマ描いてはらくがき。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

仲のいい友達がルームシェアをしている

んー

数ヶ月前に恋人が言っていたことなんですけど、どうやら私たちは「仲のいい友達がルームシェアをしている」ような感じなんだそうです。彼の意識としては。

 

私は最初それを聞いたときは割とショックだったんですけど、今思ってみれば言いえて妙だなーと思います。
私も最近っていうか昨日あたりから結婚への意識がすーっと冷めて「なんであんなに執着していたんだろう?」って感じなんですが、うん。仲のいい「友達」が一緒に暮らしているって合ってるよなぁ。なんか頭は撫でられるけど。
「そうそう、だから私同棲って言葉使いたくないんだよね」と改めて納得しました。

 

なんっていうのかなぁ、今のところ「1日1日一緒に過ごす時間を大切にしていきたいね」とは思うんだけど、イコール結婚にはならない。1日単位での未来は思うけれど、その1日1日続いていく未来の中に結婚というものは組み込まれなくなった…そんな感じです。
昨日の出来事で相当冷めたようですね。でも昨日のことだし、これからどう心境が変わるか分かんないけど。今はそんな感じです。結婚のことを考えると眩暈がするし、縁のないことだなあと思います。

 

ええと、食事なんですけど、過度な小食で喰らった便秘を治すべく、今無理して食べてます。しんどいです。

 

では今日はこの辺で…テンション低いです。短くてすみません。

 

裏ピース(自棄)。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

私もう一生独身でいいや

とりあえず昨日は

 

すいかを食べ

 

枝豆を食べ(あと30秒茹で時間短くてもよかったなぁ)

 

そして夜ごはんにはれんこん入りのハンバーグを作りました。

 

玉ねぎの代わりに細かく刻んだれんこん。しゃきしゃきしておいしいし、食べ応えもありました。
恋人はハンバーグにテンションが上がらない人なのですが(珍しい…!!)、「ハンバーグ好きになりそう」と言ってくれました。よかったぁ。今度はドミグラスソースも作っとこうかねぇ。

 

 

で、まぁこんな感じで食べられつつあるそして体重の認知の歪みも徐々に緩和されている…という点では喜ばしい最近なのですが。

 

唐突に。昨日は七夕でした。
七夕って私の中ではなんかイベント度が薄くて、「特に願い事書いても…ねぇ」と。公衆の面前に自分の願い事を見られるのもなんか嫌だしとかとかで、なーんか薄かったわけです。

 

でも昨日の夕方。なんとなーく七夕っぽいことをしてみようと思いました。落書き帳を半分に切り、短冊っぽく。片方に私の願い事を書きもう片方の短冊っぽいものを恋人に渡しました。七夕だよー、お願い事をしなきゃーと。
そして2人の書いた短冊をハンガーにマステでくっつけ、カーテンレールに引っ掛けてみたわけです。

 

私は短冊に「○○さん(恋人)と一生仲良くいられますように」みたいなことを書きました。
それを見た恋人は「一生なんだ」とツッコミ。いや、一生だよ?一生…じゃ、ないの?
そして恋人の短冊を見ると、私たちのことには全く触れていないものが書かれていました。

 

う、うーん。そっかぁ。

 

短冊にはあえて書かなかったとかそういう察し方もあるかもしれないけど、それって頭おめでた過ぎるでしょ。
「そうだよねー、ここで彼も一生一緒にとか書いたらプロポーズじゃんねー」とかっていう見方もあるかもしれないけど、そんなお花畑なことを考えて馬鹿をみたくない。もう。
というわけでその瞬間、私は「私もう一生独身でいいや」と思いました。
恋人と結婚?なに寝言言ってんだ無理に決まってんじゃんばーかばーか、という感じです。
まぁ何書いても自由なんだけどね。恋人は責めないけど。とりあえず、私は自分の短冊を丸めて捨てました。

 

恋人と結婚するしないってのじゃなくて、独身でいいや。
私には結婚とは縁がなかったんだよ…はぁ。
七夕さん、現実を見させてくれてありがとう。私は「これもうだめだな」と思うまでここにいるよ。

 

そしてその後夜ごはんだったんですが、どういう話の流れか恋人が「もし俺がいなくなったらどうする?」と聞いてきました。
な、なんだ急に。いなくなったらどうするか?
私は割と即答で「次のアパート探す、単身用の」と答えました。まぁ、こういう心境ですから。

 

そうしたら恋人はえらい悲しそうな声で「え…、探さない、の……?」と尋ねてきました。
あーよく分かんないけど私別れたって意味で「いなくなった」のかと思ってた。ごめんごめんまぁ探すと思うよ。

 

で、話の流れで「じゃあ私がいなくなったらどうするの?」と聞いたら、即答で「探すよ」と返ってきました。
は、はぁ…。どういう風ないなくなり方をするのか分かりませんが…

 

こんな感じで、テンション低いまま今朝を迎えました。なんか、ばしっとではないんだけど、ふんわりと、恋人といるのが嫌です。別れる別れないってベクトルの話じゃなくて。
もう何も言わないよ。

 

はい。湿っぽいですが今日はこんな感じです。
今晩はペンネアラビアータを作る予定です。くれぐれも、ペンネとトマト缶を買うのを忘れないように。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3
に投稿

恋人いわく拒食症らしい

昨日は往復1時間歩いてCOMITIAのお金を振り込みに行き、ついでに恋人のおつかいも済ませてきました。
明日あたりにでも郵便局へ行って、COMITIAの申込書と振り込んだ明細書を郵送してこようと思います。

 

ってか1時間歩いたところで…ねぇ。どれだけ痩せるんだよって話ですが。だって昨日抹茶クリームフラペチーノ飲んじゃったもん!
カロリーを後で調べたらそうブッ飛ぶほどではなかったんですが…いやでも仕方ないよね…ごはんは何か食べないといけないし、かと言って固形物を食べる気力もないし…。

 

なんかね、そりゃそうなんだけど、下剤使ってたら自然なお通じって知らんぷりされるね。そもそもが小食だからってのもあるんだろうけど。
あぁあ絶対重くなってる。この後の体重測定が怖いー

 

…と思って昨晩。また私は下剤を飲もうと思っていました。
ですが「下剤を乱用することはいいことがない」ということもなんとなく気付いていたので、その危険性を調べていたりもしました。
で、相当葛藤したのですが、結局飲まず。体の健康はまぁそれなりに維持したのかもしれませんが、私の頭の中は「太る痩せない太る痩せない太る痩せない太る痩せな(以下エンリピ)」でぐちゃぐちゃになって泣きそうな状態に。
元気もないしテンションも低いし、痩せると太ると下剤と食べもののことで頭がいっぱいで何も手につかない。どうしようもないです。

 

なので恋人に勇気を出してLINEで今の辛さをどばばばばーっとぶつけてみました。
スクロールをしないと読めないくらいの長文を送りました。で、既読はついたのですが…そんな、明らかに分かるような反応はなし。下剤を飲んでいることも明かしたのですが、それについても言及はなし。

 

…ちょっと悲しくなりました。言わなければよかった。
やっぱり勇気を出して打ち明けた分のレスポンスは欲しかったわけです。

 

で、拗ねた私は「○○さん(恋人)は助けてくれない」と恋人に漏らしたら怒られてしまいました。「じゃあもう何も言わないよ」と。
なんかもうぐちゃぐちゃ。でもさ、恋人が私のことを微塵も考えていないとは思えないし、彼は彼なりに気遣ってくれているんだよね…と、その後思いました。
そして数分後にはまた普通に話をしていたのですが、私が眠剤(本当は食後薬なんだけど、なんかフラフラになる)が入って何を言っているのか分からない状態で話は途切れ、眠りに就きました。後で恋人に「私が最後の方何を言っていたのか」聞いてみようと思います。ただ、恋人が寝るときに私が一瞬起きて、そのときになでなでされたのは覚えています。

 

んーでもね、この一連の会話の中からふと恋人の口から「ゆきちゃんって拒食症なんでしょ?」というフレーズが出てきまして。え、拒食症なん?私?となりました。
病院で診断されたわけでもないし体重もばるんばるんに重たいし、もっと重篤で苦しんでいる人に申し訳ない、私のなんて拒食症でもなんでもないでしょ…と違和感満載。でも恋人の目にはそう映ったようです。

 

本当はね、私食べたいんですよ。いっぱい食べたいものある。
でも体重に縋っていないと、今の私は自分を必要としなくなりそうだ。

 

はい…うん、こんな感じです。

 

今日はずっと家にいようと思います。仕事して、ごはん作って…あああ体重測定怖いなぁ。どうしてこうも痩せないんだろう。
あと話飛ぶんですけど髪切りたいです。今あごぐらいまでの長さなんですけど、私にしてはめちゃくちゃ長いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

快眠大作戦

おはようございます。起床4時50分、これの書き始め現在6時。
なーんか興奮して眠れませんでした。もしかしたら今日恋人とお出かけかもしれないから…だと思うんですけど。もしかしたら。もしかしたら。
今眠いんですけどね、眠れる気がしません。コーヒー飲んじゃったし。

 

さてさてさて。暑いですね。特に今は雨降りだから蒸し暑いです。
寝る前になるとエアコンのない寝室は特に暑くなって、超暑がりの恋人は扇風機を直に当てて寝ています。頭痛くならないんですって。すごい…
対する私は言うほど暑がりさんではないので、その扇風機の風が寒くて、掛け布団にくるまって寝ています。

 

そして昨晩。暑い寝室を眺めて恋人は言いました。「俺1階で寝るわぁ」と。

 

時々ちらっと書いていますが、我が家はメゾネット。居住空間が2階に集約されたおうちです。
で、この我が家。1階と2階の室温差がめちゃくちゃ激しい。1階は涼しいんですけど2階は暑い。めっちゃ暑い。
なので恋人は1階の物置と化した空間の一部に布団を敷いて寝ると言い出したのです。

 

まぁこの野望というか企画というか、は前々から言っていたし知っていたのでとうとうやるのね…という感じなのですが、いざ寝具一式(金沢時代に使っていたもの)を持って1階に下りようとしたとき、恋人が「これ、エアコンのあるリビングで寝ればいいんじゃね?」ということに気付きました。
はっはーん。その手があったか。私も気付かなかった。

「まぁ、何でもやってみなよ」と恋人に言いながらも「1人で寝室で寝るの淋しい淋しい暑いしせっかくならエアコンのあるところで一緒に寝たい淋しい淋しい一緒に寝ようよねーねー」と駄々をこねつつ、昨晩恋人はエアコンのきいたリビングにシングル布団を敷いて、私は蒸し暑いエアコンのない寝室のセミダブルベッドで寝ました。

 

そして朝。というか早朝。
冒頭の通り4時50分に目が覚めた私は「この作戦、無理じゃね?」ということに気付きました。
だって今目が覚めちゃってもリビングに行って活動できない。リビングで寝ている恋人を起こしちゃうから。
電気をつけるのもはばかられるし、コーヒーを淹れようなんぞしたら起こしちゃうのは目に見えてるし。多分パソコンのタイピング音でも起きちゃうだろう。あと、恋人の寝ている位置的に、生ごみをベランダに捨てに行けない。

 

うーんうーん。しばらく私はベッドの上でじっとしていました。
起こしちゃう。でもここでじっとしているのもなぁ。
そして結局私はリビングへ行っちゃったわけです。

 

自分の机のスタンドライトを薄暗くつけて、喘息の吸引薬をカチャカチャしながら吸って…と、そーっと動いていたつもりだったんですけど、恋人起きちゃった。
寝起き一番、恋人は「これ起きるわぁ…」と自身の作戦の失敗を察していました。
「起こしちゃった?ごめん」と言うと「ううん、ゆきちゃん何も悪くないよ」と言いながら恋人は寝室へ行き、再び眠りについたのでした…そして今に至ります。

 

さて、恋人は次は本当に1階で寝る作戦をやるのでしょうか。あの物置を片付けないといけないよ?まぁ頑張れ。
でも今年の夏は一緒に眠れないみたいだなー…しょんぼりです。まぁでもくっついたらくっついたで「あ゛づい゛」と言われるだけなのですが…
私は多分扇風機か何かを駆使して真夏の睡眠をエアコンのない寝室で乗り切ると思います。まぁ、実家にいたとき自分の部屋エアコンなかったしね。室温37度とかの部屋で寝てましたから多少の耐性はついていると思います。

 

それでは…今日は本当に出かけるのでしょうか。あんまり期待しないで恋人に聞いてみようと思います。
雨降りだしね。どうなんだろう。

 

追伸。
今恋人の朝ごはんのホットケーキを炊飯器で作っています。私は食べません。もし食べるとしたら体重量ってからかな…。

恋人は「食べなさい」とも「どうして食べないの?」とも言いません。私が「今日あずきバーしか食べんだ」と言ったら「まぁーゆきちゃんだもんね!」とさらっと返します。私が食べきれない分は文句言わず食べてくれるし、なんかすごいいい人っていうか感謝してます。はい。
恋人自身は自覚してないのかもしれないしあまり深く考えていないだけなのかもしれないけれど、私の気持ちを汲み取ってくれているようで、本当に助かっています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1