投稿日:

好きでいてくれてるのかなぁ

すみません、昨日はブログをお休みしてしまいました。

 

いやぁね、朝起きられなかったんですよ…起きられなかったというか、1度起きてお弁当を詰めてから、しんどくなってまた寝たという。
そして起きて恋人の出勤を見送ってからブログ書こーとは思ったんですが、仕事のテンションになっちゃって。
この勢い逃したらできなくなっちゃうなーと思って、ブログ更新は見送ったのでした。

 

普段はお寝坊しても書く(休日は10時ぐらいまで待っててくれるとありがたいです)のですが…「今この勢いを逃したら重い腰が上がらなくなるな」ってときありますよね…
おかげで進めたかったところまで進めました。
でも気は抜いちゃあいかん。ちゃんと納品するまでが遠足です。遠足じゃない、仕事です。
終わったら週末お出かけできそうな気がするし…!!パフェ!パフェ!!いやもうパフェじゃなくても納品できたらそれでフィーバーだよ!パラダイスだよ!
というわけで気を抜かず頑張ります。今日は残り仕上げます。4500文字ぐらい書きます(個人ブログと仕事の文章の4500文字は違うのです…)。

 

んーでもまだまだだけど、ちょっと納品までの出口は見えたかな。
やっぱり体調が回復してきたってのは大きいです。月曜~昨日の朝まで思い切って寝ていたらかなぁりよくなりました。

 

 

私は「夜になったら仕事をしない、パソコンもつけない」という暗黙のマイルールを作っているのですが、じゃあ夜になると何をしているのかと言うと恋人のところへ行ってじゃれています。
最近は父から「帽子編んで」と言われているので編み物をしていることが多いのですが、昨晩も恋人の元へ行って帽子を編んでいました。

 

ですが、イヤホンをしてテレビを観ている恋人。
ぐぬぬぅです。でもまだ9時。「9時(21時)半ルール」があるので仕方ないと言えば仕方ない(9時半ルールとは9時半になるとテレビや音楽などの音を出さないという、まぁそういうルールです)。
でもイヤホンしてるから音は出ないし、今日は9時半になってもずっとテレビを観てるんだろうなーと思って、黙々と編み物をしていました。

で、9時半を過ぎ。やっぱりテレビは消えませんでした。
「淋しいなぁ私は恋人とのおしゃべりが何よりの楽しみなのに…つまんないから寝よ」と思って編み物道具を片付けようとしたら。テレビを止めて恋人がスライディングのようなものをして私の膝の上に乗ってきました。

 

「えっなに」
「寝ないでーさみしいぃーーー」
「えっだって…テレビ観とるやん」
「ゆきちゃんが隣にいるから安心してたのーーー」

 

お、おぅ。可愛いなぁこの子(今年38になります)
なんかねー、「私のこと好いてくれてんのかなぁー」って思いました。

 

私はいまだかつて恋人から「愛されている」と感じたことがありません。
それは恐らく、付き合う前にずっと「付き合うつもりはない」「人として好き」と言い続けられたことや(結局私が押し倒したわけだけど)、自分から押していった女性の話も聞かされていたし(何話してんの?まじで)、元嫁との話も聞かされていたし(はぁ……)で、「この人が私のことを好きだったり愛してくれているわけがない」と無意識のうちに植えつけられていったのかなーとか、そういう推測をしているんですけど。

だから、いくら恋人から手を繋がれたりハグやキスをされても「私のこと好きなのか、なぁ…だったらいいなぁ…」という感じだし、「好きだよ」と言われても「そうやって他の女性を押したんでしょ」という風にしか思えない、非常にひねくれた人に育ちました。

と、ひょんなことからあるとき恋人に「私は「私のこと好きでいてくれてるのかなぁ」と思ったことはあるけど、「私のこと好きなんだなぁ」と思ったことは1度もない」と言ったんです。

 

「ゆきちゃん、それって友達の前で「友達がいないんだよね」って言うのと一緒だよ」
「う、うん…」

 

あぁー、私きっとこれ恋人に悪いことしちゃったんだろうなぁ。
でも結局自分のひねくれた心は拭えませんでした。だから昨晩も「好いてくれてんのかなぁー」だったわけです。
自分から押して押して押したから、今でも仕方なく一緒にいてくれてんのかなぁ…と。なんなんでしょうもう。
恐らく、このひねくれた状態を拭うにはもうちょっと時間がかかりそうです。
何かはっきり形で分かることをしてくれないと私は分からないんでしょうか。それでも変わらないんでしょうか。

 

というわけで…今日も恋人と仲良く暮らせたらいいです。仕事も頑張ります。
なんか贅沢なこと言ってるんだろうなー私。オチが淋しくてすみません。

0
投稿日:

「死にたい気持ち」を変換する

おはようございます。
昨日の「不穏だなー」というのが的中し、昨晩びーびー泣いていました。
今目が腫れてボンボンです。

 

もうね、頑張れない。頑張れなくなっちゃいました。
その主なものは仕事なのですが、ひとつ「もう頑張れない」となると芋ずる式のようにそれまでなんとかやっていけていたことも(家のこととか)「頑張れない」に切り替わっちゃって。
昨晩私はしょんぼりしていたのですが、恋人はイヤホンをして(音が苦手な私を気遣ってくれているのです)テレビを観ながら仕事。私のしょんぼりに気付くはずなんてありません。
あー仕方ないなぁ今日はコンディション悪いし寝ようか…と思っていたのですが、布団に入ってから不安感やどうしようもないざわつきで頭の中がわーっとなりました。

 

もう頑張れない。
頑張れない。から、楽になっちゃいたい。
楽になって何もしなくていいようになりたい。
っていうかこれをまとめて言うと「とにかくしんどい」。

でも私は「とにかくしんどい」という言葉を伝えるのが下手なので、勇気を出して寝室から恋人に遠隔操作で送ったLINEが

 

「疲れた」
「もう頑張れない」
「死にたい」

 

恋人が慌てて寝室にやって来ました。ちょっと強めの口調で「どうしたの?」と聞かれます。
私は文字には今の気持ちを表すことはできても口にはできないようで、びーびー泣きながら「ごめんなさい」としか言えませんでした。
「とにかく一緒にリビング行こ?」と恋人に促されびーびー泣きながらリビングに行きました。

 

とりあえずびーびー泣きながら、仕事が頑張れないこと、ひとつだめになったらみんなだめになっちゃうこと、でも家のことをして仕事をしないと生活できないから頑張らないといけないことなどを話しました。
そうしたら、少し間を置いて恋人から「ゆきちゃん、実家帰りなよ」と。
「実家に帰れば頑張って仕事しなくてもごはん食べられるし生活できるし。ゆきちゃんが頑張りすぎて体を壊して死んでしまうのが俺は一番嫌だから」

 

正直そう言われるとは思っていなかったし(じゃあ何て言われるのか想像できるほどの頭はなかったんですが)、なんか見捨てられ?たようでとても悲しい気持ちになりました。
「でも私は○○さんと一緒に暮らしていてとても幸せだし、家のことができるのも幸せだし、だから頑張りたいの。でももう頑張れない」

 

なんかこういうことをぽつぽつと話しながら私の絡まっていた糸のようなものを少しずつ解いていき、まぁ結局実家に帰るっていう話にはなりませんでした。いや、帰りたくないし。
で、とりあえず今回の私のびーびー泣いたことで2人で決めたことは

 

しんどくなったら死にたいレベルに達する前に「しんどい」と伝える
「死にたい」という言葉は「しんどい」という言葉などに変換する
頭の中が「死ねば楽になるよ」と誘ってきたら「私今の生活の方が楽しいもん!ぷんっ!」と言って断る
仕事は1件辞退する
今週頑張ったらご褒美に週末一緒にパフェを食べに行く

 

という感じです。
恋人はとにかく私に「死にたい」と言ってもらいたくないらしく、そこは強く言われたのですが…ちゃんと変換できるかなぁ…

 

これは時々言っていること(かもしれない)ですが、恋人は私の病気や障害に関する知識はあまり?ほとんど?ありません。もしかしたら病名も知らないかもしれません。
でも「私」を見てくれます。私、と向き合ってくれます。
だから一般的な知識を得てーとかっていうのはどうでも良くて、障害者とかそういう前に「私」として私を見てくれる恋人がとてもありがたいんです。病気とか障害とか、そういうのも全部ひっくるめての私と一緒にいてくれているんです。本当感謝しかありません。
恋人からしてみたら、「だってゆきちゃんはゆきちゃんだもん」という感じだそうです。あと「ゆきちゃんが具合悪くないときってあるん?」とも言われました。あはは、です。

 

というわけで、目が腫れに腫れて視界が悪く、頓服を早速飲み飲みしながら今日を始めていますが…なんとか今日を乗り切りましょう。
今週頑張ったら来週からちょっとは楽になれるはず。パフェも食べるし。
とは言いながらそんな頑張れる体調でもないんですが…まぁなんとか生きて乗り越えます。

3
投稿日:

ライターが個性を出すということ

不穏です。頓服をぽこぽこ。

 

日曜日…今日は日曜日らしいですが、私たち万年仕事カップルには休日の感覚なんてあまりなくてですね、この後も仕事でございます。お互い。
私も急に忙しくなったのでまだこのスケジュールについていけていません。慣れなきゃ慣れなきゃ。休みもどっかで挟まないとダウンしちゃうし。

金沢行きたいなー…(これも休みにカウントしてください)当然のごとく金沢の街をふらふらできていた頃が懐かしいです。
富山に戻ってきたら「月1で金沢通うんだもん」って思っていたんですが、なっかなか難しいですね。あぁリントとフォーラスとミスドと東急ハンズが私を待っている…待っているはず…
まぁでも現実は仕事です。これ書いて、シャワー浴びてきたらできるとこまで進めます。

 

あの、私はライター業をさせてもらっているんですが、「ライターをしている」と言うと「文章書くの好きだもんね~!」とか「文章得意だもんね~!」と言われることがたまにあります。
確かに文章を書くのは好きだし得意なことではあるっていうのは認めるんですが、ライターっていうお仕事はまた勝手が違うんですよね。
私がここ数年ライターをさせてもらって感じているのは、もうもう大抵のライターっていうのはいわゆる「文章書くのが好き・得意」が指すような文章ではなく「納期までに記事を納品できるか」「クライアント側が求める文章をマニュアル通りに書けるか」っていうのが大事なんだなぁということです(あと5000文字以上書ける力もあった方がいいかもしれません)。どこの業界もそうかもしれないけど。

 

なので「文章書くのが好き・得意」というようないわゆる「個性」を出したいなら、個人でブログを作って好き放題書くことをおすすめします。現に私もそうしているし。
あの、例えば今日のブログならちょっとひねって「個性はどこまで?webライターになるには必要な3つのこと」みたいにキーワードを拾って書くこともできるんですよ。
でもそういういわゆる「狙う」こととかをここでも考えていたらなんか勢いのない文章になっちゃうし、私もそんなブログにはしたくないんで…えっと、何を言いたいかというと、「好き放題書きたいなら個人ブログを持った方がいいよ」っていうことです。

 

 

なんかいやらしい話になっちゃったので話を変えます。

 

ここ数日、私は「いももち」が食べたくて仕方ありませんでした。あの、もちもちのやつです。
で、ふらっと某レシピアプリをふらついていたら、なんとチーズいももちのレシピが載っているじゃありませんか。しかも材料も作り方も分かりやすい(ちょっと面倒なステップは多いけど)。
なので昨日私は意気揚々とじゃがいもを買ってきました。

で、作るいももち。しかも夜ごはんを食べた後に作りました。なんかおやつのポジションかなーと思って。
じゃがいもを茹でてつぶして片栗粉と塩を入れて混ぜて、チーズを入れて丸める。で、バターしょう油で焼く。
うおぉぅおいしそうーと思ってお皿に盛り付けました。

 

写真も撮ったし食べよーと恋人を呼んで2人でいただきますをしました。
…と、その前に私が味見。

 

うん、全然もっちりしていない。

 

結構大きくてボリュームのある、じゃがいもをつぶして丸めたものができあがりました。

 

夜ごはんを食べた後だったしテンションはダダ下がりになるしで「なんかもーいい、寝る」となった私はそのまま睡眠。
いももちは冷蔵庫にいるんですが、恋人食べてくれるかなぁ…
ってかあぁ、終わる兆しが見えない仕事がこの後待っているんだった…頑張ろう、頑張ろう、仕事があるって本当ありがたいから。

 

というわけで日曜日であろう日曜日の始まりです。シャワー浴びてきます。
皆さんはよい日曜日をお過ごしください…

0
投稿日:

愛しているたくさんのいろいろ

そろそろ届いた頃だと思うので。今年の寒中見舞いの絵です。
「冬っぽくて、ふわふわしている感じ、テーマカラーはピンク系(と茶色)」という感じで描いていたらこんな風になりました。
今回はコピックの茶色で線を描いたのですが、個人的にはいつも使っているSARASAの茶色の方が好きだなぁと思ったり。でもすぐかすんじゃうんだよなぁと思ったり。
そんなこんなです。

 

さて、今日もお出かけです。
お出かけは好きですが、3日連続となると体がぐぬぬぅとなりますね。あと仕事の進捗も不安になります。
ですが今日のお出かけは、母と祖母と3人でのお買い物。メインは祖母の服を買おうぜって感じなのですが、どんな1日になるのか楽しみです。というか、今週の1番楽しみな予定です。

 

祖母はもう85を超えている(はず)のですが、足が悪く車椅子で今日は移動する以外耳もいいし食べられるししっかり話せるし。ありがたいことになかなか元気な祖母です。
母にとっては実の母親だから特に気を遣うこともないでしょうし、気楽で水入らずなお買い物になりそうです。

祖母が気に入る防寒具や部屋着やデイサービスに着ていく服を買ったり、お昼は祖母が好きなお寿司を食べる…という感じになると思います。
うーんわくわく。母とは月1ぐらいでごはんを食べたり遊んだりしますが、やっぱり祖母と一緒に遊べるというのはなんというか特別感がありますね。

 

というわけでネイルも昨晩塗っちゃったし、あとは剥げずに1日もてばいいです。
仕事も今日はできないと最初から分かっているので今日はしません。のんびーり身支度して待ってます。
その代わり明日からめちゃくちゃ仕事頑張らないといけないけどね!ありがたいけどね!何か元気になれるようなもの買いたいなぁ。

 

 

話は全然変わるのですが。
さっきいつものように恋人と出勤前の雑談をしていたら、「幸せな、結婚生活ではなかったんだろうなぁ」と改めて感じました。
押されて押されて押されて押されて「もういいやぁ…」と思って結婚に踏み切ったらしいのですが(それだけじゃないだろうけど)、そののち1年足らずで別れているし、なんかねぇ。「なんで結婚したのまじで」と問い詰めたくなります。

と同時に「私が彼を幸せにしたいししてあげなくちゃなぁ」とも思いました。
私も日頃「けっこんしようよーねー」と恋人の胃に穴を開けていますが、恋人は今まで上手く行かなかった人生だったかもしれないけど、これからは違うよ。ということをしてあげられたらなぁ…と。
無理して恋人の過去を受け入れるつもりも今はないし「転籍してまじで」とも思っているのですが、まぁこの先のあなたの人生を幸せにできるのは私だよ。という謎の自信はあります。
正直苦しんではいますよ。初婚だったらどんなによかっただろうって思いますよ。でもそれが私の運命だったのかなぁとか苦しんでも愛したい人だしなぁって感じです。

 

まさかね。焼きもち焼きが過ぎる私がね。再婚の彼と結婚するとはね。結婚するって決まったわけではないけどね。
でもさっきボケの応酬をしていたら「俺のお嫁さんがそんなんでいいのか」ってダメ出しされたけどね。冗談で「子供が大きくなったら2人で旅行に行こう」って言われたけどね。泣いたけどね私。
なんとなーくですが、「決定打」を言わないだけでもう2人の気持ちは同じベクトルを向いているのかなぁ…って。自惚れています。

 

おぅ、そろそろ準備を始めねばだな。まずはシャワー浴びてきます。
楽しい1日になりますようにー…色んな感情がごちゃごちゃするけれど、私は恋人を愛しているし、家族も好きだし、今日が楽しみです。

1
投稿日:

妖精さんに怒られる

最近、今までと比べると恋人の帰りがかなり遅くなりました。

仕事が忙しいみたいで、帰ってくるのも遅いし帰ってきてからも日付が変わるまで仕事。
なんかそれはそれで仕方のないことなのかもしれないけど、仕事に追われ呑まれとしている恋人はしんどそうです。

 

で、昨日も帰宅が20時半ぐらいになり。
私はそれは別にいいんですけど、夜ごはんがね。遅くなるのはなぁって感じなんです。
寝る前に食べるのに抵抗があるし、ごはんを作ってから彼が帰ってくるまでのなん十分を空白の時間として過ごさないといけないので(いつ帰ってくるか分からないから自分のことがしづらいのです)。

 

帰宅が20時半だと食べるのは21時頃。
正直私は待ちくたびれたのや「こんな時間に食べたら太る…」というのが顔に出てしまい、嫌な人になっていました。

 

そんな私に恋人は「ごめんね」と言ってくれます。なんと優しい人なんでしょう。それに引きかえ私は。
昨日の夜ごはんは鍋だったのですが、いつもと違う味付けをしたら「おいしい、これはレギュラーメニューだ」と言ってくれました。
でも私の牡蠣をあろうことか「はいゆきちゃん、あーん…ぱくっ」と私の口ではなく自分の口の中に入れたのでそれは怒りました。「そんなことしてたらかきの国の妖精さんが怒るよ」と。それが冒頭の絵です。かきの国の妖精さん。でもその後恋人は自分の牡蠣を私にくれたのでいい人だと思いました。

ごはんを食べて後片付けをして…として、落ち着いたのが22時。
最近帰ってくるのが遅いから一緒にいる時間も減っているのに、ここで寝たらまた会えなくなっちゃう(寝てるから)と思って眠い眼をこすりながら仕事をしている恋人を眺めていました。否ちょっかいをかけていました。
もー眠くて眠くて。寝ればいいやんって話なのかもしれませんが、だってぇ一緒にいたいもぉん。です。
眠たいの向こう側に行った私は「新世界の神になる」と言ってうるさかったです。眠たいを越えると私は新世界の神になるようです。神は0時過ぎに寝ました。今めちゃくちゃ眠たいです。

 

 

時間は前後するのですが、昨日の記事を書いてから少し仮眠を取りました。昨日は仮眠を取る時間があったのです…。
睡眠って大事ですね。起きたらすごくすっきりしました。

 

そしてシャワーを浴びてスーパーへ。食材を買ったら今度は保健所に行って自立支援の受給者証の更新手続きをしました。
毎年申請しているのでまぁ勝手は分かるのですが、つい最近まで年齢を「2○」歳と書いていたのに今は32です。なんか、32年間生きている自分がすごいと思います。

その後は、折角身なりを整えて出てきたので駅前に行きました。富山の人間が行くところと言ったら駅前とファボーレとイオンぐらいだと思います。分からんけど。
そこで私は前々から欲しかったオペラのリップティントを買いました。6時間ぶっ通しで仕事をしたご褒美でもあります。
カラーは「花嫁リップ」。本当に花嫁になれたらいいね…と思いながら、つけるのが楽しみです。つけたら多分調子に乗ってインスタにあげると思います。

 

 

リップを買ったので、頑張って頑張って頑張ってスタバのごまのフラペチーノは我慢しました。この前恋人と飲んだし、次飲むのは新作にしようと思って(飲むことは飲むんだ)。我慢した自分超えらい。おりこう。おりこうすぎる。
なのでちゃちゃっと帰って冷蔵庫にあった唐揚げを食べました。
今は相撲の時期なので(密やかに相撲好き)ネットラジオで相撲を聴きながら唐揚げです。
で、冒頭の「恋人の帰りが遅い」に繋がるわけです。

 

さて、今日もお出かけです。新しいリップ塗るぞー
お風呂入って洗濯物干して…出かける時間まで仕事をできる限り進めておきたいと思います。明日もお出かけだし。

いつも拍手訪問ありがとうございます。
今日は寒いみたいですね。風邪などひかぬよう、皆様ご自愛ください。

3