に投稿

退去の目処が立った

昨日言っていた薬疹疑惑ですが、あれから痒みや新しいぼつぼつは確認できなかったのでまぁ良しとします。いいのかどうなのか分かんないけど。
でも次の受診ではちらっと言うかなー…そんな感じです。
季節がしっかり(?)変わったのか台風が来ないからなのかはたまた貼り薬のおかげなのか、最近は喘息の発作が出ないので嬉しい限りです。

 

さて。突然?突然なのかどうなのか分かんないんですけど、このアパートを退去する目処が立ちました。
退去するというのはあれです、地元に帰るということです。
別に喧嘩したとか別れることになったとかではなく、恋人の仕事の都合です。

 

引越し先なのですが、以前恋人が本格的に転職を考えていたときに地元でアパートを色々見てきていた頃があって(はっきりと決まっていたわけじゃなかったので書けなかったんです)、そこでいいなと思っていたところに移ろうかという感じになっています。
まぁ今は転職を一切考えなくなったかどうかと聞かれたら何とも言えない様子なのですが、とりあえず恋人の職場からはここに住む期限をはっきり言われているので引越しだけは確定したかなといった感じです。

 

引越し。退去。地元に帰ること。
「地元に帰りたいなぁ」とは2人共ずっと思っていたけど、それがいつになるのか分からなくてどうしようと思っていた頃もあったけれど、いざ本当に移るときはさらっと来るもんですね。
いざその現実に直面すると妙に「やり残した感」でそわそわしたり、日々の行動だったのに「もっとしたかった」と淋しがったりしています。

 

1時間に何本も来るバスにひょいと乗ればどこでも行けた日々。
1人でミスドやマクドに行ってぼーっとすることもできた。
東急ハンズもすぐ近くにあっていつも立ち寄っていたし、カルディも近くにあるからコーヒーは切らさなかった。
電車で片道1時間かけて地元へ行っていた日々も早速懐かしいです。

 

でも、新居は予定している先だと今よりもめちゃくちゃ広くなるので、うっひょーいと思っている面もあります。
キッチンにコンロ多分2口あるぞー!広いぞー!鍋とフライパン大きいのもう1個ずつ買うんだー!蓋も買うんだー!
今まで2つの衣装ケースにぎゅうぎゅうに詰め込んでいた衣類も衣装ケースを増やして快適にしまうんだー!
私の作業机も実家から持ってきてもっと絵を描きやすい環境を整えるぞー!
ミスドが恋しかったりコーヒーを切らしそうだったら片道1時間かけてまた来ればいいんだよ!

 

…と、こんなことを言っていますが、引き続き同居前提なんですかね。
なんか2人共はっきり「じゃあ引き続き一緒に暮らしましょう」と言った記憶があるようなないようなだしそもそも恋人は「頭を下げてまで一緒に暮らしたいわけではない」そうなので、別に私がそこまで同居に縛られる理由も特にないんですよね。
というか、ここで同居をしたらちょっともう離れにくくなるっていうか別れにくくなるっていうか婚期が延びるとは思っています。
今までの何倍も私物運んでくるし、住民票も移すし。
でも恋人は結婚するしないという意思を見せないわけで、なんというか私個人としては、「自分の人生に責任を取る」大きな岐路のひとつに立っているような気がします。
責任。恋人は結婚したら背負うものも責任も今と全然違うよと呟きますが。

なので私も少しだけ慎重というかそんな「わーい地元に帰れるぞー広いところで一緒に暮らせるぞー」と手放しで喜んではいないわけです。
まぁ同居を継続する選択をするとは思いますが、それなりの覚悟はしているということです。別れるときに色々大変だという覚悟が主なものかな。結婚できるならそりゃしたいですけど。

 

まだ住むところは確定していませんが、退去は確定したのでひとまずそれだけご報告です。「それだけ」にしてはずいぶん長くなりましたが。

 

以前恋人に言った言葉。「やけくそなのは荷物をまとめてここから出て行くこと。私が信じているのは2人で幸せになって結婚すること。」
だから多分、今やけくそなのは「2人で幸せになって結婚すること」という困難を避けて恋人と別れることなんだろうなぁと私は思っています。私は結婚したいんじゃなくて恋人と結婚がしたいから。
だから覚悟を決めて、これからの人生を生きていきたいと思っています。
どんな人生になっても「責任」は私が取るさ。

0
に投稿

ゴロゴロ大作戦

あーーーーー

最初からこんなことを言うのもなんだか申し訳ないのですが、わたくしただ今体調が悪いです。
あれですあれ、女性の周期的なあれのあれです、はい。
もーーーなんだか心身全てのチューニングが狂っています。ろくなことを考えないし体はだるいしあーあーもう。早くすっきりしたいものです。

 

さて。話は変わるのですが、恋人がおもむろに自分の体重体型を気にし始めてきました。
先日私が出張から帰ってきた恋人を見るやいなや「太った?」と言ったのは記憶に新しいのですが(そういや出張ってあったねぇ)、どうやら職場でも同じことを言われたようで。
鏡で自分の体を見てはお腹を触ってはうーん、といった顔をしていました。

 

いや、ね。大分前の健康診断で太る系?に黄色信号がともってたじゃないですか、と。
今気付いたんですかという感じではあるのですが、私は「もう40になるんだよ?いろんな病気にかかる人だって増えてくるのに、ちょっとは健康を意識して運動したらどうなんだい」と改めて言いました。「○○さんにはあと100年生きてもらわないといけないし、健康で長生きしてもらわないと困るんだよ」と。

そうすると「ジムに行こうかなぁ…」とぼやく恋人。
いや、ね。最初からそんなハードル上げなくていいんだよ。近所をウォーキングするとか、それっくらいの気軽さで始められるものでいいんだよ…と私が言うと「この前歩いてきたよぉ」と恋人の反論。いやそれ1日だけだったでしょ!継続が大事なんだよまったく!
…と、まぁ運動も何もしていない私が説教をしていました。そんな昨晩。

 

で、恋人が選んだ運動というのが、部屋にあった、あれ…タイヤが1個付いてて前後に転がして腹筋?体幹?を鍛えるやつです。伝わるかなこれで。
ひーとかきついーっとか言いながらタイヤを転がしていた恋人。私はぼんやりそれを眺めていました。
そしてひとしきり転がすと、なんだかやたら満足げな顔。
「これを毎日続けるんだよ」と私が言うとえーっという顔をされました。やる気があるのか!

 

ま、まぁね。私が人のこと言える立場ではないんですけどね。
減量はしたけど運動せず食事制限だけだし(一応キープはしています)、入院中に諸々の検査をやるとは言え何かで婦人科を受診したときに内診するとは言え健康診断はしたことないし。私の方が十分危ない何かが隠れているような気もしないではないですが…。

ちなみに恋人は、服を着て普通にしている分には普通の体型です。
でも薄着になるとお腹ぽっこりいやぼっこりなんだよなぁ…
せっかく整った顔立ちなんだからもうちょっとお腹が引き締まってたらいいのになぁ…

 

というわけで、2日目にして早速恋人はタイヤゴロゴロ運動を忘れてそうなので、今日も私は「運動して」と言うと思います。
そして今日はスーパーへ行く日。食べすぎも太る元だからごはんを作り過ぎないように、気を付けて買い物してきます。
それでは今日もいい1日になりますように。

0
に投稿

理解がないなら言わないで

おはようございます。
現在朝の7時前、恋人のいない朝1日目です。
何度か出張でお留守番をする、という経験をして耐性がついていたのか、恋人のいない空間にそれほど淋しさを感じません。
頑張ってきてねって感じでしょうか。それよりもあまり眠れなかったので眠たいです。

 

さて。それに関係するのかしないのか、なのですが、昨日恋人を見送るとき私は「やっぱり彼でいいのかな」「やっぱり彼がいい」という気持ちでぐわぐわしていてなんだか笑顔で見送ることができませんでした。恋人は笑ってくれたんですけど。(恋人いわく、笑って出かけるのは淋しくないように…とかとかだそうです、いつもの出勤のときも笑って出かけていきます)

 

というのもですね、その、出張の準備をしているときにちょっと嫌なことがあったんですよね。
あ、恋人に対して「そういうことされるの嫌だな」「そういうこと言われるの悲しいな」と思うことはもちろんあります。時々ですがあります。でもなんかここには書きたくないだけで。

 

なんかねー…元々恋人が私の障害に対して良くも悪くも関心がないことは分かっていたんですよ。
良いってのは障害云々じゃなくて私、として見てくれていること、悪いってのは関心のなさから来る理解する姿勢がないということです。
私はずっと「障害のある私ではなくたまたま障害を持っていた私、という感じで見られたい」と思っていたので、基本恋人の姿勢はありがたいと思っています。
でもね、恋人が見ているのは「たまたま障害を持っていた私として見られたい…と思うまでに10年かかった私」なんです。
自分で言うのもなんですが、私の病状は落ち着いています。それには10年…10年ちょいかかりました。それまでは、寝込んで、何もできなくて、喋れなくて、入退院を繰り返して、自分を傷付けてきて…手のかかる娘だったと思います。
なので手のかからない人になるまでの過程を恋人は知らないんですよね。だから「うつ状態ってこんなものなのかな」って思っているフシがあるように感じます。

 

長々と前置きしちゃったけど、何が言いたいかと言うと「恋人には、私の病状を基準に他のうつで苦しんでいる人を見ないで欲しい」ということです。
まぁ何があったかと言うと、恋人は私以外のうつ病の人を責めたわけです。
そこには多分、私がこういう障害を持ちながらもそこそこ普通に生活できて、仕事もして、家事もしているから「それがうつ状態の基準」だと思い込んでいるのかもなーっていう私の憶測があるのですが。
だから「働かないの?なんでできないの?働かないと生活できないよ?」っていう言葉が出てきたのかなーと。
それでいて私がその人をフォローすると「え、それでどうやって働くの?」と。

 

うん、私のことを責められているようで辛かったです。
その後に「もし一昔前の私にも同じことを言った?」と聞いたら「そうかもねぇ」とぼんやり言っていたし。
責任を取れないなら適当なことを言うなという感じです。ましてや第三者。責任取る気ないでしょうと。その言葉がどれだけうつの人を苦しめるか、あなたは経験したことがないから分からないでしょうと。自分がどれだけうつの人の心を刺すような言葉を言っているか分からないのに、隣に同じような患者がいるのに、軽い気持ちで繊細な問題に関わってこないでと。

もしかしたら恋人は、その人のことを自分なりにおもんぱかっていたのかもしれません。単純に疑問だったのかもしれません。私が当事者だから過剰に反応しただけなのかもしれません。
でも、なんか…うん。感情的になりそうな出来事でした。

 

まぁ私が双極性障害絡みで具合が悪くなっているときは「ごはん作るの無理しないでいいからね」とか「ちょっとテンション高いよ?」とか言ってくれるし、私が落ち着けるように21時半にはテレビも音楽も消してくれます。喘息の発作が起こると「大丈夫?」といつも聞いてくれるのですが、やっぱり目に見えるものは分かりやすいんでしょうか。
でももし本当に結婚するなら、なんというかうん、そういう心理的な面とかもうちょっと関心を持ってくれたらな…って思います。
私も恋人のことで分かったような顔をして、嫌な思いをさせるようなことを何でも言っている点があるかもしれませんが…。

 

100%完璧で素敵でいいところしかない人なんていません。この件は「いいところにある気になるところ」なのでしょうか。それとも「実はとても大きな問題」なのでしょうか。
でもやっぱり私は恋人と一緒にいたいという気持ちです。「やめときな」と言われたらとても悲しい気持ちになって、どこか誰か「大丈夫だよ、乗り越えられるよ」と言ってくれる何かを探す自分がいるので。出張から帰ってくる恋人を笑顔で迎えたいので。

 

あぁ、色々考えてると不安しかないです。っていうかめちゃくちゃ長くなっちゃいましたね、すみません。
今日は早々に仕事を終わらせて、睡眠不足を解消します。

0
に投稿

おでんに泣かされる

おはようございます。現在朝の8時過ぎ。
恋人はまだ寝ています。かえるのような寝相で寝ています。
あぁ、もうあと数時間で出張に行っちゃうんだなぁ…金曜日まで会えないんだなぁ…
まぁそういう補正があるにしてもないにしても、寝ている恋人というのは実に愛おしいものです。
こんなに愛おしくて愛おしくてたまらない37歳(もうすぐ)は彼しかいません。

 

さて、昨日の夜ごはんは前回の記事の通りおでんでした。

 

生まれて初めて作ったんですよ、おでん。
で、前回の記事には「練り物はそんなに入れない」みたいなことを書いてたんですが、恋人の指摘によると結構練り物率は高かったみたいで。
ちくわでしょ、えびの玉のやつ(正式名称分からん)でしょ…みたいな。
あれー、です。ちくわはちくわとして最早独立した食べものとして認識していました。カップ焼きそばはカップ焼きそばなんだけど、UFOってもうUFOやん、みたいな。

恋人はおでんにあまりテンションが上がらないっていう話も昨日書いた覚えがあるんですが、その理由を聞くと「おかずになんないから」だそうです。
おかず。つまりそれでごはんが食べられるかどうかってことみたいで。
鍋はおかずになるけどおでんは何か違う。そうです。

 

でも出来栄えは我ながらめちゃくちゃおいしくて、なんっていうかもうおいしくてびっくりしました。
朝から仕込んで夜食べたんですが、なんっていうかもう、おいしかった。同じことしか言ってないけど。また作ろーって感じです。

それでですね、その、おでんにいまいちテンションが上がらない、練り物をそんなに好んで食べない恋人の反応なんですが、普通にぱくぱく食べてくれたんです。
テンション上がらなさそうな顔するかなーと思っていたのですがそんなこともなく、ごはんと一緒に食べてくれたんです。
そして私の「おでんの味どう?」という問いかけに「すごいおいしいよ」と言ってくれたんです。

 

すごいおいしいよ、と。
すごい、が付いたんです。
私は思わず泣いてしまいました。

 

あのですね、やっぱりここ最近ずっと不安で不安でたまらなかったんですよ。例の先日の出て行ってもう別れる、と思っていたあの頃から。
この人といて大丈夫なのかなってずっと不安だったんです。
加えてここ最近なぜか本当なぜかチャットを時々していて恋人との将来を相談することがあったんですが、そこで大抵「やめときな」「幸せになれないって」と言われていて。いくら初対面で数行やり取りしただけの画面越しの人とは言え(まぁ聞いたのは私なんですけど)不安でたまらなくなっていて。どんどん自分に自信をなくしかけていっていて。
そんなときに、恋人が私の作ったおでんを「すごいおいしいよ」って言ってくれて。そうしたら「あぁ、この人なら大丈夫だ」って私の心が感じて、今まで不安でたまらなくて張り詰めていたものが解けたんですよね。
そうしたら涙がぼろぼろこぼれました。

 

恋人からしたらおでんを「すごいおいしい」とただ感想を述べただけ(本人談)なのになんで泣いてんだろうって感じだったと思うんですけど、裏にはこういう事情があったんです。
やっぱり、生身の恋人のことをずっと見てきて一緒にいた私が決めればいいんだよ。幸せになる道は私が決める。で、そう改めて思わせてくれたのは彼の優しさが滲み出た何気ない一言だった、と。そんな感じです。

 

さて、今日は月曜日ですね。月曜日です。祝日ですが月曜日です。なので私は月曜日らしく過ごそうと思います。
洗濯機回しちゃおうかなぁ。月曜日だし。仕事も月曜日だからしなくちゃね。
先週のようなチューニングの大きな狂いには遭いたくないので通常営業を心がけます。
でもあぁー…恋人が、彼がいなくなるーーー……
せめて泣かないように頑張ります。

0
に投稿

おでん大作戦

おはようございます。日曜日の朝です。
明日から恋人は1週間の出張。早く終われーって感じです。

 

さて、今日の夜ごはんはおでんです。おでんにしました。私が。
でも恋人はおでんにそんなにそそられない。でも私が食べたかったのでおでんにしました。彼は「えーっ今日○○なの~?」と不満を言わないので助かります。

 

お互い練り物は積極的に食べないので、具は大根とこんにゃくと卵と三角揚げとえび玉?とちくわと昆布です。あれ、書いてみて思ったけどこんなに2人で食べきれるのかな。
昆布は私がどうしても食べたかったのでおでん用の昆布を買いました。本当はね、昆布を買えばいいんですけどそこまで色んな余裕がね…。

 

で、こんなに具を買っていると結構高つきました。うひー
本当はおでんの具セットを買えばいいんでしょうけど、いかんせん練り物をそんなに積極的に食べない2人。ああいうのって練り物いっぱいじゃないですか。だからせっかくおでんにしてもテンション上がらないかなーって。
そんな感じであんまり練ってない具を選びました。
早めに仕込んでおこうと思います。今ゆで卵を作っています。

 

さて。恋人が1週間家を空けるので、恋人は苦手だけど私は好きなものを食べようと思います。
まずはトマトとセロリ。きゅうりと足して酢の物を作ります。酢の物は恋人苦手です。私は好きです。というか、彼はトマトとセロリが食べられません。私は大好きな食べものです。更に、そこに恋人が苦手なみょうがを大量に入れたいと思います。私薬味大好き。恋人苦手。
他には明太子スパッゲッティも作ろうと思います。大葉をたくさんかけて。恋人は明太子も大葉も苦手、私は両方大好き。
なんかもうここまで来ると若干の嫌がらせのようなものを感じます。っていうか前回の出張のときもこんなこと書いていた覚えがあるなぁ。
というか、私結構恋人の食の好みに合わせてんだなー。まぁおいしく食べて欲しいから歩幅は合わせないといけないんだけど。

 

この後は大根とこんにゃくを下茹でして…あぁおでん、おいしく作れたらいいなぁ。言うタイミング掴み損ねましたが、おでんを作るのは初めてです。
おでんを作りながら今日は好きなことぼーっとしよう。明日から大変だ大変だ。

0