に投稿

エビチリと馬鹿

おはようございます。世間は3連休の最終日のようですが、このお宅はいつもの月曜日です。

祝日なんなら休みたいよぉぉぉというのと、3連休まるっと休める企業もそうないんじゃない?っていうのと(分からんけど)、いつもの月曜じゃないとまたチューニング狂うなーってのと。そんな感じです。
でも一番の感想は「休みは休みなんだろうけど、恋人が家にいても朝から晩までテレビ観ながら仕事してるからなぁ」というものです。話しかけられない。つまんない。

 

でもね、そういうときでも今までは構ってくれていたんですよ。構ってくれてるんですよ。テレビと仕事の手を止めて。
なので私も嬉しいなー幸せな時間だなーと思っていたんです。

でも。昨日なんの話の流れか「どうしていつもそうやって私に構ってくれてるの?」という話になりまして。そうしたら返ってきた恋人の回答というのが「だって、構わなかったらギャーギャー泣くじゃん」というものでした。

 

すうっ、となにかが引いていく音がしました。私の中で。
なんか、もうちょっと(自分で言うのもなんだけど)「一緒に話す時間も大切だから」とか「ゆきちゃんと話してたら幸せだから」みたいな理由を期待していたんですけど…私が馬鹿だった。
超、超、超、仕方なく構ってくれていたんだね。っつーかギャーギャー泣かないわ。

 

今まで私と話していた時間とか接していた時間、お出かけしていた時間も「私との時間を作らないとギャーギャー言うから」だったのかなー…
なんか。私今幸せなのかな?

 

友達は「照れ隠しだって、関心ない人だったらほったらかしにしとくでしょ?」と言ってくれたので、その言葉でだいぶ慰められたのですが…はぁあ。
私って彼のなんなんだろー…そんな気持ちが強まった昨日でした。
というわけで昨晩作ったエビチリの画像でもあげときます。

 

なんか酢豚みたいになっちゃったけど。えびが見えないのは下に沈んでいるからです。
あと…さり気なく見切れている大根の漬物もアピールさせてください。いろいろ漬けてみたけど、今のところこれが一番おいしい。

 

私はえびが非常ーに好きな人なので、えびの殻を剥くのも全然苦になりません。むしろえびの良い匂いがただよってきて、ほわわ~んと幸せな気持ちになります。
わたがスーって取れたときとかね。なんとも言えない爽快感。
意外と簡単に作れます。調味料もそんな珍しいものはないし、ケチャップとか片栗粉を加えれば、なんとなーく完成します。

 

今日は冷蔵庫にあるものをなんとなく炒めて、前もって下味をつけて冷凍しておいたお肉を焼きます。お味噌汁の具はなんにしよう。

先程私しょげてたり冷めたりしてましたけど、うーん、別に別れるつもりはないんですよねぇ。
あくまでも私の感覚ですが、最早「家族」になっているので、そう離れる理由が見つからないというか、余程のことがないと離れる理由にならないというか。当たり前の存在と化しているので…なんていうか、うん。当たり前の人になっているので。当たり前じゃないんだけどね本当は。でも昨日前述の台詞を言われてどう振る舞えばいいのか分からなくなったのも事実だけど。

 

まぁまぁまぁ。ではではでは。多少のもやもやを抱えつつ、今日1日過ごしたいと思います。
昨日はね、いつものように私の作ったごはんを「おいしい…(感嘆)」って言いながら食べてくれたし、おしゃべりしながら食べても無言になっても心地いいし。なんかそういう存在ってそう滅多にいないよなーとかとか思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

5
に投稿

自由回答で考える

なんかもう寒い。パジャマ秋物にしよう。…と、突然の宣言。

おはようございます。土曜日ですね。恋人が目覚ましなしで遅くまで寝ていると休日さを感じます。
私は今日はなにしようかなー…恋人は恋人のことをしているイコール私には構ってくれないと思うから…ま、新刊の原稿を進める一択でもあるんですけどね!
トーンの貼り方分かった。集中線も分かった。後はやるだけ!

 

 

昨日あたり「最近将来の話をしなくなった」と書いた記憶があるのですが、そっちの方が私と恋人の間になんとなーくいい空気が流れているような気がしています。
まぁ、将来の話をしなくなったというより「私が結婚してして攻撃をしなくなった」という言い方の方が正しいのかもしれませんが、今まではどれだけ「言わないことの方がいいこともある」と頭で分かっていても押して押して押しまくっていた私が自然と「引いて」いるので、なんだか不思議だなーという感じです。私もこういう言動の選択ができるのか、と。

 

たまーに恋人がくだらないことをやったときに、冗談か何かで「こんな旦那でいいのか」と言われるくらいで、あとは他愛のないというか日常の雑談をお喋りしています。
ワイヤレスイヤホンの話とか、恋人の仕事の話とか、あとは覚えていないくらいなんてことのない雑談をしています。
本当ーに、結婚の話をしなくなった。これがどう作用するかは分からないけど。お互い結婚の意識が薄れていくのか、「押してだめなら引いてみろ」が功を奏すのか。
でもいい空気だし、心地よいです。…強いて言うなら、恋人感がかなーーーーり薄れたかなー。まぁ最初から恋人感はないんですけどね。家族の会話。夫婦の会話。そんな感じ。

 

書いたかどうか忘れたのでもう1回書いておくのですが、先日恋人の出勤前に「私たちって、恋人か家族かの2択だったら家族だよね」という話をしていました。
それには恋人も同じで、お互い「付き合っている」という意識はないようです。
私も恋人の「彼女」って感じはしないし(ここでの「恋人」って言い方も便宜上だし)。じゃあ人に私を説明するときなんて言えばいいの、「彼女いません」って言えばいいの?と恋人に聞かれたのですが…そこは、うん。便宜上「彼女います」と言っては欲しいよねー…と。矛盾してますかね。

 

多分っていうかまぁそうなんだろうけど、私たち2人は「恋人」の定義には当てはまらないと思います。「好きだよー」っていちゃいちゃするわけでもないし、そもそも恋人は私に恋愛感情ないし、スキンシップとかもないし。
でもそれ以上の繋がり?もっと深いところで繋がっている感じはするんですよねー。うん、やっぱり2択だったら「家族」だな。2択だったら、だけど。
じゃあ自由回答だったら??ソウルメイト?とか??ちなみにソウルナンバーは一緒です(知ったとき腰抜かした)。
あー、家族になりたいなぁ。結婚ってより家族?苗字を同じにして、嬉しいことも辛いことも背負いたい。彼の家族の一員として。彼との家族の一員として。

 

…はい。ここまでがっつり書いたんですけど、覚えてないだけで既に同じことを書いていたら「余程思ってんだなーこの人」と思ってやってください。

 

さて、お風呂入ったり洗濯機回したりするかなー。恋人はまだ起きてきません。起きてくる気配がありません。もう9時。

 

一昨日まで半袖だったのに、あっという間に秋の装い。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

責任ってなんなんだろ。幸せってなんなんだろ。

寒くなりましたね。

私は昨晩寝室に行こうとリビングのドアを開けたら、あまりの寒さに「さっむ!」と声を上げ、長袖のカーティガンを羽織って眠りました。
もうすぐ、いやもしかしたらあと数日で半袖半ズボンのパジャマの時代は過ぎていくんだろうなー。今足寒いもん。朝淹れるコーヒーもホットになっていっているし。

 

 

さて。先週の「うちの両親の堪忍袋の緒が切れかけている」というくだり以降、私たちは将来の話をほとんどしなくなりました。あれからは親というか家族とも連絡を取っていなく、連絡をするのもなんとなーく気が重いというかためらってしまいます。

 

で、昨日恋人の出勤前に「もし私の親がここに来たらどうする」っていう話を軽くしていたんですよ。そうしたら恋人は私たちの別れを示唆するようなコメントをしたんですよね。本人の正しいニュアンスは分かんないんですけど。

 

あー…。って感じです。

恋人は「仮にもし、私の親が「責任を取りなさい」と言ってきても責任?って感じだしこっちにも言い分がある」とか「争いごとは好まない」とか「だってあのとき(私が実家にいられなくてメンタルがやられていたとき)放っておくことできた?」とか、っていうようなことを言っていたんですが…そっか、ってなりました。
そっか、私は捨て犬だったんだね。あなたは捨て犬を情で拾ってくれて仕方なく飼ってくれていたんだね。と。
そりゃあ捨て犬には恋愛感情も持てないし結婚したいとも思えないわな。

 

恋人は「(そういういきさつで同居を始めたけれど)今は楽しいし幸せ」と言います。でもなんか…自虐というか卑下にも程があることは分かっていますが、自分が「捨て犬」だと認識した瞬間に別れたくなりました。なんかもう疲れた、と。仕方なく一緒にいてくれている恋人を解放してあげたいし、情だけで一緒にいることが虚しくなったし。

 

でも私は恋人と一緒にいるのが幸せなのも事実…幸せなのが事実なんです。(人として)彼を愛しているし、一緒にいて心が安らぐし。周りが見えていない馬鹿だとは分かっていますが、彼以上に心がフィットする男性は現れる気がしません。
私は、恋人の人生を考えずになんでもいっていいのなら「いくらでも待つ」し、それが結果後悔に変わっても自分で決めたことなので自分で責任を取ります。私は恋人と結婚したいし、恋人を一生いやお墓の中でも幸せに、大切にする自信があります。それくらい愛しているし、大切な人なんです。

 

…と、書いてみたけれど。ねぇ。結婚ってなんなんだろ。「責任」ってなんなんだろ。疲れちゃったなぁ。
一緒にこうやって幸せに暮らしているだけじゃだめなんだろうか。結婚ってそんなに力のある、するべきことなんだろうか。でも恋人と家族になりたいし、嬉しいことも辛いことも背負いたい。
あーもうごちゃごちゃだね!

 

で、恋人が今なにを考えているかも全然分からないし…私も「責任を取りなさい」と言われるなら「責任?」ってなるし。結婚しなさいってこと?それはきっと恋人嫌がるよ?
あーもう。幸せってなんなんだろうね。でもきっと2人だけが幸せなのは思慮が足りないんだろうなぁ。

 

うん、これは書いていても終わらないしまとまらないやつだ。
とりあえず、私は今こういう心境だよーということで。

 

今日は恋人の仕事が終わったら所用でちょっと出かけます。2人で。
もう長袖かなー。タイツ履いてもいいかなー。あ、タイツことごとく穴開いてたような気がする…うわぁ……

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

4
に投稿

冷やし中華、どう食べる?

どうやら世間は3連休、もしくは今日は祝日でお休みなのかもしれませんが、この部屋の住民はそんなこと知ったこっちゃあありません。
仕事です。なので2人とも6時起き。

 

昨日はホットケーキを食べてぼーっとした後、少し新刊の原稿に取り掛かりました。
クリスタ。何年ぶりに使うでしょうか。調べながらトーンを貼ったりしました。

 

ですが、保存をして確認をしてみると、なぜかトーンがずれている。しかも直そうと思ってもクリップスタジオのデータとして保存されていなくて(要は1枚の画像)トーンを動かすこともできず。
…私の心は折れました。
そのページは1からやり直すわけですが、まぁ保存方法に気をつけるっていうか、うん。少しお利口になったかな…。
唯一の救いはダラダラとろとろやっていたおかげで、やらかしたページが1ページだけだったことです。

 

心が折れた後は恋人にちょっかいをかけていました。そしてまためそめそ泣くという極めて面倒くさい人になっていました。
ひとしきり泣いた後は梨を食べました。食欲がなかったのでこれだけです。
梨、いただきものなんですよね。とってもおいしい。感謝感謝です。

 

夜ごはんは冷やし中華を作りました。
シーズン的にも今年はこれが最後の冷やし中華かなーと思って恋人に「これが最後の冷やし中華だわ」と言うと「なんでそんなこと言うの!」と怒られてしまいました。
どうやら彼は「もう2人で食べることはない」という風に勘違いをしていたらしく、「俺とゆきちゃんは来年もまた一緒に冷やし中華を食べるんだよ」と言っていました。
ま、まぁそうだね、そう言ってくれて嬉しいよ、なんですけど…「来年も冷やし中華を一緒に食べる約束」はできても「来年は夫婦として冷やし中華を食べる約束」はできないんだなー…

 

やっぱり、「別れる」というカードも握り締めていたほうがいいのかな、と度々思います。
でもどれだけ待ってもいいから恋人と一緒になりたい、別れるなんてカード持ちたくない、と思っているのも事実。というよりそっちの気持ちの方が強い。
でもそれは2人の年齢や将来を考えたときに「無責任」でもあり、「不誠実」でもあるような気がする。のも事実。
でも私は恋人と結婚したい。死ぬまで、いやお墓の中でも恋人を大切にして守りたいと思うのが一番の軸です。

 

あぁ私はブレてるなぁ。いやブレてないのかもしれないけどブレてるなぁ。
そして恋人にも思うところは言わずもがなあるんだろうけど、私が何を言っても何も言わなくても何をしても何もしなくても結婚に踏み切らず、結婚のタイミングを見逃していることに…私はやっぱり疲れてきています。

 

今日は仕事があるからよかったです。悶々としなくていいし。
恋人を見送ったら、洗濯機を回して仕事して、手と頭を動かしていよう。
「別れる」ってカード、どれだけ待ってもいいから一緒になりたいという気持ち、でもちょっと今は疲れた。

 

これ深い青色なんですけど(万年筆のインクとガラスペン)、スキャンしたら綺麗に色出ないねぇ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

まじで堪忍袋の緒が切れる5秒前

おはようございます。土曜日?…土曜日。土曜日の朝です。
まだなんか本調子とは行かないようでふわふわしています。でも2日前あたりに比べたらいくぶんかマシになったような気もします。

 

 

さて昨日のこと。

 

昨日は元々歯医者に行くつもりだったのですが、予約をするというプロセスが抜け落ちていまして。「初診で当日予約は可能か」と、行こうと思っていた歯医者さんに電話すると「2時間3時間は待たないと思う」という返事。
2時間3時間。いきなり頭を「今日は歯医者さんで2時間前後待って受診する」という風には切り替えられず、他の病院もあたってみました。
するとどこも「予約いっぱい」という返事。まぁそりゃそうなんだろうけど「次の予約は1ヵ月後になるくらい予約がいっぱい」とどこの歯医者さんに電話しても言われたので、私の歯医者さんへ行こうというエネルギーは完全に削がれました。
で、最後の力を振り絞って見つけた歯医者さんに来週初診の予約を入れたのち、私の「今日歯医者さんへ行く」というエネルギーとモチベーションは完全に尽きたのでした…という感じで、昨日は歯医者さんに行きませんでした。

 

うーん。
歯医者さんに行く予定がなくなってしまった。今日1日どうしていよう。あんまり元気じゃないから家のすみっこで体育座りを続けているのもちょっとよくないし。
そう思ったので、仕事が休みの母を誘ってお茶をしてきました。

 

眺めも良く、お食事もおいしく。

で、まぁどんな話をするかと言えば「私と恋人のぐずぐずした煮え切らない結婚云々」の話で。母にいろいろ話をしたり話を聞いたりしていました。
「彼は私のこと好きじゃないんだって」と言うと、なんとも言えない顔をしたり、ふむふむという顔をしたり、「恋愛感情がなくても結婚できる」とコメントしたり。
そして母が一番私に言いたかったことは、「(私の)父も母も堪忍袋の緒が切れそうなところをなんとか堪えている」ということでした。

 

ま、まぁ…そうだよねぇ。
「可愛い娘(私)が「○○さんが好き」だと言っているからなんとか堪えているようなもので、もうお父さんは噴火寸前だよ」とのこと。
まぁ…そうだよね…。2年同棲していて結婚の話が出てこない(出てきてはいるけど)のは親としては心配だし、娘としては察する以上のものがあるよね…と。

 

母は「このこと○○君に伝えといて」と言ったのですが…恋人に話したら別れ話になるに決まってる。絶対「いいコメント」なんてもらえない。ため息つかれる。ということが目に見えていたので私は超絶気が重くなりました。
あとは母からなに言われたっけ…なんかもう遠回しではなくそこそこ直球で「ゆきこにはもっといい人いるよ」みたいなことも言われました。ここで私がうなだれるのは、恋人のことを愛しているからです。ずっと一緒にいたいと思っているし、彼と結ばれたいと思っているからです。

 

で、母と別れて帰宅。のち、恋人が帰宅。
「今日どうだった?何か言われた?」と恋人に聞かれることは分かっていたし実際そう聞いてくれたので、私は「○○さんから別れようって言われるから言いたくない」と言いながらも、うちの両親の堪忍袋の緒が切れかかっていることを打ち明けました。

 

恋人はいろんな反応をしたし、いろんなコメントをしたのですが(別れ話にはならなかったしため息もつかれませんでした)、「そっか…そりゃそうだよね」とぽつぽつ呟いていました。
恋人が今なにを考えているのかは分かりませんが、幸せの形?っていろいろあると思うし、それが結婚っていうのでもあるし今の生活を続けるのでもあるし。私は今幸せだし今の生活も幸せですが、明確に両親を不安がらせているし恋人にも辛い気持ちにさせていることに対してはとても胸が痛いです。

 

さて、これからどうなりますかね。
これがひとつの「きっかけ」ではあると思うけど、恋人は私と「結婚したいわけじゃない」けど、うーん。なんかいろんな人がいろんなところで板挟みになっています。それの元凶が私のような気がして辛いです。

 

ということで…文字数も結構きてますし今のところこんな感じです。
突然親が訪問してきたらどうしよう。それでも恋人は結婚に踏み切ってくれないんだろうなぁ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

4