投稿日:

自分の家っていう意識

おはようございます。恋人のいない朝です。

 

あーーーもういつ引っ越してくるんだよーーーーー
もう思い切ってこっち来ちゃいなよーーーーー
淋しいじゃないかーーー淋しいんだよーーーーーーー

 

それにしても、早くトップ絵を復活させたいですね。
絵を描く環境は整っているんですけどなんかテンションと気力体力が追いついていなくて、22時前には寝てしまいます。
昨晩~今朝は寒かった/寒いですね。敷き布団と部屋着の枚数調整がよく分かりません。

 

まぁとにかく。恋人がいないとつまり1人だとごはんを作る気がしないし食べても楽しくないし味がしません。
「1人のときに好きなもの食べるぞーーー恋人が苦手なトマトだって食べちゃうもんねーーー」みたいにはなりません(って言うかトマト高い)。

でもなんか昨日、「明日(今日のこと)泊まってもいい?でもどうしようかなぁ」と葛藤していたので、今晩来てくれることを祈ります。
私1人のアパートじゃないんだよ。よくよく考えたら。

 

 

金沢の恋人のアパートに転がり込んでいた1年と富山の新居に越してきての1週間足らず。私としては富山の新居の方が「自分の家」という感じがします。っていうか、断然そうです。

 

新居の家賃は恋人が払ってくれているし光熱費も払ってもらっているんですが(私は食費と日用品代が収入的に限界です…)、なんっていうのかな、1から生活…生きていく場所を選んで、作っているから、「ここが自分の住むところなんだ」っていう意識がはっきりと芽生えています。

金沢にいた頃は、やっぱり「恋人の家の居候」…恋人が全てを選んで決めて、恋人好みの空間に整えてある部屋に転がり込んでいたから、1年経っても自分の家という意識がありませんでした。
「ここに住んでいるし、住ませてもらってるし…毎日ここで生活してるから、まぁ、自分の生活している場所?か、なぁ」って感じでふわふわしてました。
今はフライパンひとつ、キッチンのカスタマイズひとつ、洗剤の置く場所ひとつ、私も堂々と決めているから、ね。
なので自分の家だから、当然床の汚れも気になります。今までは「自分ちじゃないし…」っていうなんともまぁな感じだったんですが。

 

だからね!恋人よ!私は「掃除ができない」んじゃなくて、「自分の家じゃない家を掃除することに抵抗があった」んだよ!!
これからは「ゆきちゃんは掃除をしないぶつぶつ」なんて言わせないもんねーーー!!!喰らえクイックルワイパー!おふろのルック!トイレマジックリン!雑巾!メラミンスポンジ!!

 

はい。掃除が楽しみです。

 

さて、そろそろ仕事をまったりと始めますか。
今日は頑張らないといけないスケジュールなので(仕事が)ちょっと気合い入れます。
終わったらまたまったりお風呂に入ろうー。昨日湯船に浸かってみたんですけど、体の温まり方が全然違いますね!

 

それでは、皆様も良い1日を。
あ、恋人来るの?来ないの??連絡ちょうだいーーーもーーー

0
投稿日:

勝手に覚悟

おはようございます。
恋人と過ごす初めての朝です。…新居で。

 

なんかまだそわそわしますね。とは言っても越してきてまだ1週間も経っていないんですが。
そわそわってのは、なんだか落ち着かないっていうか、まだものの位置や置き場が定まっていないのでどこで何をすればいいのか分からないっていうか、そんな感じです。
部屋数が増えたしねー。昨晩はリビングで仕事をしている恋人より先に寝るのがいやでぐずぐずしていました。新居では寝室は別にあるんで。

 

ちょっと時間をさかのぼって、恋人が「帰宅」してから荷物の搬入。

 

「ただいまー」
「おかえりなさいご主人様(ただいまだってーきゅんきゅん)」
「まだ結婚してないよ」
「いや、するから(まだ、って)(まだ、って)(深い意味なくご主人様って言ったのにもしかしてこの子反応してる?きゃー)」

 

まぁ私の心の声は置いといて、荷物はまだまだ残っています。
そして私は恋人に「ゆきちゃんって(10日の段階で)本当に自分の分しか持ってかなかったんだね」と言われたのですが、私としては「私が先に生活を始めるのだから私のものを優先するのはそんなに間違っていないのでは…」と思ってぼーっと聞いていました。

 

搬入が終わって落ち着いたらごはん。自炊です!久々の手作りです!
お茶碗が2人分なかったので、ワンプレートで食べられるごはん…と考えてカレーライスにしました。お米が食べたかったんです。炊きたての。
カレーライスとサラダ。久々に手作りのごはんを食べた補正なのか、我ながらおいしかったです。2回おかわりしてしまいました。
あ、ごはんを食べるテーブルはまだないので、衣装ケースをテーブル代わりにして食べました。

そして恋人がいないとできないようなパイプの収納のあれらを組み立てて、まったりしました。恋人は仕事。
私は昨日は4時20分から起きていてずっとアクティブに動いていたので、まったりし始めた頃に電池が切れてしまいました。
で、冒頭のぐずぐずしながら先に寝た…というところに戻ります。

 

今日恋人の出勤を見送ったら、次はいつ一緒に寝られるんだろー…
仕事が忙しくて引っ越しどころではないみたいなのですが、退去の日も不動産屋さんに連絡してあるし…うーむうーむ

 

はい。時間をもっとさかのぼります。

昨日は呼吸器内科の初診に行ってきました。だから4時20分起き。
早く診てもらうには8時には病院に着いているのがベスト、逆算していったらこんな早起きになっちゃったんです。

 

かなり早く着いちゃったので、それなりに早く診てもらえました。あちこち検査も回ったので時間はかかりましたが。
そこで「喘息が落ち着いているならここの病院じゃなくてもいいんじゃない?」と言われまして。
まぁ大きな病院だから言わんとすることは分かるけど…精神科と同じ病院だから合わせたかったんだよぅ…情報共有もすぐできると思ったしさ……それに引っ越したばかりだからどんな症状が出るか分かんないし…
でもなんとか次回の予約もこの病院でお願いしました。うーん。なんだかなぁ。精神科のお医者さんって物腰が柔らかいんだね…と他科を受診するたびに思います。

そして病院と薬局が終わり、市役所へ。住所をこのアパートに変更しに行きました。
以前1人暮らしをしていたときもやっているので勝手は大体分かります。
とりあえず、変更が完了して住民票?をもらってマイナンバーの住所変更が済んだときに、なんというか、覚悟、って感じだなぁと思いました。

 

割と縁のないこの土地で、生活を始めるという覚悟。
同棲だからそんなに構えなくてもいいのかもしれないけれど、やっぱり私は「その先」を見ているから、一生を恋人と共にしたいし、するっていう覚悟。
仮にもし同棲を解消して別れることになったら、このありとあらゆる環境から離れて1から生きていく覚悟。

 

なんかそんなものをぴりりと感じて怖くなりました。
この先どうなるんだろうね。

 

で、市役所を出たら免許の住所を変えて、郵便局でも住所変更の手続きをして、力尽きたし雨が降ってきたしで昨日はそこでおしまいでした。
障害者手帳とかそういうやつは日を改めて行ってきます。

 

こんな感じで昨日は早朝から夜までアクティブだったので、電池が切れるのも当然だったというわけです。
ここに来て初めてのぐっすりでした。

 

さて、今日はこの後洗濯機を回して恋人を見送ってから、仕事をしてスーパーへ行って買い出しをしてきて、とっぷり湯船に浸かろうと思います。何年ぶりかに入浴剤を入れて。
ずっと動き回ってきたから今日は省エネモードで過ごします。だからお風呂もシャワーで済ませず、とっぷり。そう思いながら恋人から「あれしてこれして」と引っ越しのミッションを言い渡されていますが。

1人だったらごはん作る気しないなーとか前回とは違うスーパーに行くからどんな品揃えと価格設定なんだろうーとかあるけれど、まぁ無事1日を終えたいと思います。
恋人がいないの、淋しいなぁ。

 

ではめちゃくちゃ長文になっちゃったのでこの辺で。
とりあえずカーテンが欲しいです(まだ買ってない)。

0
投稿日:

生活が始まる

じゃじゃーん。久しぶりに絵を載せました。それくらい余裕が出てきたということです。
自分の机ーーーかきものができる机ーーーーあぁ幸せ。絵が描ける。
ということで、昨日はいろんな「何の日」ではありましたが、私にとっては「うさぎの耳の日」という印象が一番強いです。うさうさ。

 

昨日は4時過ぎに目が覚めて、午前中はせっせか荷解き。非常にアクティブに動いていました。
そのおかげで午前中で大体今ここにある荷物は然るべき場所へ落ち着き、また私もへろへろになって窓辺でお昼寝をしていました。
カーテンないからね。そう、カーテンないんです。秋の柔らかい日差しが差し込む窓辺でうとうと。気持ちよかったです。

 

そして冷蔵庫と洗濯機の搬入も終わり、いざ食品の買い出しにスーパーへ。
今までとは違うスーパーで「何がいくらぐらいで売られているんだろう」とか思いながら行ったのですが…なんというか、見知らぬ土地へ嫁いだお嫁さんの気持ちになりました。

ない。何もない。
色々あるけど何もない。
そして高い。
単身向けの食材ってもんがない。

どうしよう…って感じです。
でもここで生活することになったし生きていくと覚悟したんだから、このスーパーとも向き合わなくてはなりません。ポイントカード作っちゃったし。
まぁ今度は別のスーパー行ってみます(あるんだ)。

 

そして帰って夜ごはんを食べて、少し部屋の中を整えて、21時前にはおやすみ。
随分早いですが、その分早起き。今日は呼吸器内科の初診に行かなくてはならないのです。喘息の薬がもうすぐなくなっちゃうし。

初診。つまり朝イチ。
なんか公共交通機関混んでそうだなーとか思いながら行ってきます。
緊張するなぁ。どんな先生に「あたる」んだろう。

 

あ、ホットサンド。先程朝ごはんに作りました。食べました。
おいしかった!なんか全ての工程が幸せだった!
卵とたまねぎのホットサンドです。カリカリのあつあつ。幸せ。
ちょっとたまねぎが辛かったかなーという反省点はありますが、昨晩卵を6個も茹でて具を仕込んだので、まっだまだ具が残っています。要は作りすぎた。
しばらくずっと卵とたまねぎのホットサンドを食べていると思います。

 

病院へ行ったら、あんまり寄り道しないで帰ってこよう。多分、想像以上に疲れていると思うし。今。
そして。今日は恋人がこっちに来るのですーーー!!!
諸々の理由が諸々なんですけどね、諸事情でこっちで1泊するのです。楽しみ!嬉しい!
ようやく引っ越しも一段落したので、ごはんも作れそうです。久しぶりにごはんを作れるーーー。一緒に夜ごはん食べるんだ。るんるん。
ただごはんを食べるようなテーブルがないので、どうやって食べるかが問題です。まぁなんとかなるか。

 

はい、それではいい時間なので病院に行く身支度を整え始めます。
今日もいい1日になりますように。

0
投稿日:

引っ越し初日の記録

おはようございます。書き始めは朝の5時半過ぎ。なんだか眠れなくなって起きちゃいました。
というわけで、久しぶりのデスクトップパソコン(サブではない)からの登場です。
荷解きとかは後にして、もうちょっとね。静かにしていましょう。

 

そういうことなので、引っ越してきました。
ただいま富山と言うべきなのかなんなのか。
私は昨晩、自分が思っていた以上に淋しくて悲しくて心細い思いをしていました。

 

まず昨日の朝。金沢にいる最後の朝です。
とりあえず、恋人には私が機嫌が悪かったのはばれていました。
「俺が早く寝ちゃったから…?」まぁそうなんだけど眠気には勝てないし仕方ないしでももうちょっとしんみりしたかったし…うーんぐぬぬぅ。
でもその5分後にはそんな会話を忘れている感じだったので、まぁそんな感じです。

そしていつも通り恋人を見送ってから、しばらくして冷蔵庫と洗濯機を搬出してもらいました。
冷蔵庫と洗濯機っていう割と大きなものがなくなった割には「あぁ部屋がらんとしちゃったなぁ」とはあまり感じませんでした。それよりバスの時間が迫っていたからあわあわしていたのかな。
バスに間に合わないーとバタバタしながら最後の身支度。テーブルに恋人とお部屋さんへの感謝の手紙を置いてきました。

 

で、とうとう出発しないといけない時間。その前にお部屋さんのあちこちにお礼を言って回りました。
1年間ありがとう、と。

キッチンさんありがとう、リビングさんありがとう、お風呂場さんありがとう…と挨拶をしていると、半泣きになってしまいました。気を緩めてたらボロボロ泣いてた。
あぁ、本当にこれで最後なんだ。私はもうこの部屋には来ないし、ここで恋人と過ごすことはもうないんだ。金沢で暮らすことはもうないんだ。
ようやく現実を理解したようで、それまで現実がふわふわとしたものに包まれていたのなら一気にふわふわしたものがサーっと流れたようで。
本当に思い出になっちゃうんだ。

でも現実の現実は急がないとバスに間に合わなかったので、部屋の鍵を閉めて出てきました。
恋人と過ごした大切な空間、土地。離れたくなかったけどもう行かなくちゃいけない。
バスも電車も、最後はなるべく外を見ないようにしていました。

 

はい、そうやって電車に揺られること1時間。
着いたー富山!
こっちもこっちで乗り換えの時間まで余裕がなかったのでバタバタしていました。
なんとか最寄り駅まで着いて、新居へ。
ぎこちなーく「ただいまぁ」と言い、おもむろに荷解きに取り掛かりました。

まぁ引っ越しをしたことがある人にはお分かりいただけるかと思うのですが、「どうしようこれ」です。何から手を付けていいのやら。
とりあえずキッチン周りは私のスペースであるので、キッチン周りから始めました。
可愛い器をかってルンルンなのですが、食器が増えたため「どこに置こう」です。あぁS字フック買ってこなくちゃだ。

 

そして夕方には兄が来て、前回の実家からの搬入で忘れていた荷物を届けてくれました。ありがとうございます。
多分母だと思うのですが、柿が入っていました。母の愛だなぁ。

私は過活動と分からずに動きすぎてダウンしてしまうので、時々意図的に休憩を入れました。甘いもの飲んだりお菓子食べたり。
そうやって荷解きをしていたら夜になっていて、仕事あがりの恋人が荷物の搬入にやってきました。
本当に搬入だけでした。
彼とはしばらく離れて暮らすので(私はこっちに用事がありまくるから先に来たんです)帰っていったときは本当に淋しかったです。

その頃は丁度夜ごはんの時間帯。
作る気力なんてないので、ばちゃばちゃの部屋の中で1人でカップ焼きそばを食べました。
で、冒頭の「想像以上に淋しくて悲しくて心細い」と感じるわけです。
恋人と一緒に金沢で過ごしていた時間に戻りたい。

 

食べ終わったらもう昨日の作業はそれまでにしておきました。過活動。あぶない。寝る前の薬を飲んで強制的におやすみです。
一応私の机周りのレイアウトはできていたので日記は書けました。しばらく経った私は、読み返したとき何て思うのかなぁ。
そしてあまり上手には寝付けず、でも眠っていたときはとっぷり眠れて、でも4時過ぎに目が覚めて以降眠れなくなっちゃって、今に至るというわけです。

 

さて、今日は冷蔵庫と洗濯機の搬入を見届けて、荷解きも頑張って、スーパーにも行ってきます。そろそろ食事も通常営業しなくちゃね。
あ、外が明るくなってきた。じゃあ今日を始めますか。

0
投稿日:

ありがとう金沢

おはようございます。朝の6時。金沢で迎える最後の朝です。

 

ええと。私は今微妙に機嫌が悪いです。
どうしてかと言うと、昨晩恋人が「最後の夜なんだなぁ」という感傷に浸らせてくれなかったから。なんてめんどくさい女なんでしょう。
もっと恋人と話したかったんだけど、車の中でずっと歌ってるし帰ってきたらそっこー寝ちゃうし…

 

さて。時間を昨日の午前中に戻しましょう。

 

昨日は恋人を見送ってから頓服を飲んで少し休みました。なんか体調が不穏だったので。
2時間ぐらい寝たでしょうか、悲しい夢をみて起きました。
悲しいっていうか淋しい?元気な頃の祖母が私たちにたくさん何でも食べさせてくれる夢です。
「そういう時間帯ってもう来ないんだよな」と時間の経過にしょんぼりしました。でも祖母も私も若かった頃に戻るとなると、またたくさんの大変なことを経験しないといけないので戻りたいなぁとは思わないです。

 

そして起きて仕事を少ししました。ちょっとでも進めておくと後々楽になるのです。
手を付けた後はお昼。カップ麺です…
カップ麺もおいしいっちゃあおいしいんだけどさ、炊きたてのごはんとだしのきいたお味噌汁、そして塩こしょうを振ったお肉が食べたいです…作るのは私なんだけど。あぁ手作りのごはんが食べたい。

 

で、また休んで起きて仕事。
あー、洗濯機も回して洗濯物を干しています。乾かないと引っ越し作業が始められないので乾くの待ちです。
乾くのを待っている間にお風呂。またここでも「ここのお風呂に入るのももうないんだなぁ」と思う私。あがったら自分のシャンプーなどを新居に持っていく準備をしました。
あー…シャンプー、ボタニストにしたいなぁ。でもここでもっと価格の高いシャンプーにすると財政難が更に…あああうう。

 

そして洗濯物が乾いたので、たたんで、片付けて、部屋干し用の物干し竿を解体。荷物をまとめて恋人の帰りを待ちました。
今回も外食です。何を食べようかと話した結果、焼肉にしました。
ジョッキに入ったお冷で乾杯。「1年間、ありがとうございました」「そしてこれからもよろしく」と。
焼肉おいしかったです。一昨日のラーメンで1日で体重1.4キロ増えてるんですが(体脂肪減ってるからまぁいいかなとか)、そこに焼肉…体重すごいことになるなはははまぁいいやと思いながらいただきました。アイスも食べちゃったんだぜ!

で、恋人は食べた後おねむになり、すぐ寝ちゃった…とかいう経由で私は今ちーとばかし機嫌が悪いのです。

 

さて、この後は身なりを整えて荷物をまとめて、冷蔵庫と洗濯機の搬出を見届けた後、富山の新居に向かいます。
電車とバスの乗り継ぎを考えたら、到着するのは夕方あたりになるかな…
まずはパソコンをつなげて音(ラジオの何か)を出してから作業に取り掛かりたいと思います。音出したらキッチン周りかなー最初は。私が思うにキッチン周りを制覇すれば荷解きはかなぁり楽になると思います。
まぁ何はともあれ、この土日で荷解き頑張るぞ。

 

なんかこんな感じでバタバタしたまま富山に向かいそうなので、特に感慨深くなる余裕もなく1年間の金沢生活は終わりそうです。
でもいろいろあったねー。1年だから、春夏秋冬まるまる経験しました。

去年の秋に転がり込んで。恋人が風邪をひいて熱を出したときにごま油入りのおじやを出しやがった私。珠洲にも行ったなぁ。
冬は大雪で雪かきまみれだったし、やたらミルフィーユ鍋を食べてたし、書き初めもしたし。あー、超大喧嘩もしたね。
春は恋人の1週間の出張を乗り越えたり兼六園の夜桜を見に行ったりもした。ゴールデンウィークには日帰りで滋賀に行ったなぁ。
夏は1泊で神戸に行ったし、花火も見に行った。セブンのアイスコーヒーを飲みながらどこでもドライブに行ったことを覚えています。

懐かしいな。楽しかったな。何気ない日々だったけど、振り返った今、1日1日が大切な日々だったんだなぁと思います。

 

金沢の街並みをこうまじまじと感じることも、金沢でこんなにどっぷりと暮らすことももうないだろうけど、また遊びに来ます。
ありがとう金沢。ありがとうお部屋さん。ありがとう恋人。

 

思い出に浸ってたらキリがないのでこの辺にしておきます。
さーて、最後の引っ越し頑張るぞ!荷解きも頑張るぞ!
そして今目の前には頭ボサボサでパジャマ姿の恋人がいます。この人と、これからも大切に毎日を過ごしていきたいです。機嫌はいつの間にか直りました。

0