に投稿

絡みつく正論

とりあえずまずじんましんの話。
新たに処方された薬を飲み始めたら、結構よくなってきたように思います。
「そういえばあんまりボリボリ掻くことなくなったかも」「そういえば掻く面積減ったかも」みたいな。
この調子で治っていけばよいです。
どさくさに紛れて言うなら、「ストレス」も消えてしまえばいいのにと思います。

 

というか、思い詰めまくっているのはどうやら私だけ疑惑が浮上しました。
端的に言って、「病気に理解のない」元恋人との将来が加速度的にしぼんでいく。私の不調と助けを「ドン引き」で一蹴した元恋人とこの先やっていける自信もあるようでないようであるようでないようで分からない。
じゃあ、私の中では2択なのです。一緒にいるか縁を切るか。
ここら辺が柔軟じゃないなーとも思うのですが、昨日の私はとにかく思い詰めまくっていました。めそめそして「嫌だ嫌だ」となにかを拒み、どうすればいいのか分からなくなっていました。

落ち着いて考えてみると、「嫌だ嫌だ」と拒むのは、「病気に理解のない元恋人とこれ以上一緒にいても仕方ないから、ここを出ていって(またよりを戻さないように)縁を切ることが必要なんだ」ということが前提にあるからなんじゃないかなぁと推測しました。それが「嫌だ嫌だ」なのです。私は馬鹿なので、病気に理解のない元恋人でも一緒にいたいと願ってしまうのです。辛い思いをするのは自分なのに。

 

「病気に理解のない元恋人といても自分が苦しむだけだぞ」
「心を許せる元恋人に精一杯の不調と助けを求めて伝えたけれど(まぁ、かなりネガティブワード連発ではあったんだけど…)彼はそれをドン引きって思ってたんだぞ、そういう人だぞ」
「一緒に笑えることはあっても、辛いことは助け合えない関係をお前は望んでいるのか」
「自分がいくら彼になにがあっても彼を支えると思っても、相手は支えてくれないぞ」
…などなどと、正論が私の心に絡みつきます。
でも、その絡みつく正論を振り払いたくて、その絡まり合った正論の奥で「私は彼といたい」というどうしようもない本音が光るのです。

 

…もう、好きにしな、って感じですかね。こんな話ばかりで申し訳なくなってきました。楽しい嬉しい話を書きたいです。
いや、毎日楽しいし嬉しいことはあるんだけど…なんていうか、うん。

 

で、その先程の「思い詰めまくっているのはどうやら私だけ疑惑」。昨晩寝る前に、元恋人に勇気を出して呟いてみました。
「もうすぐ、あなたと私はもう一生会えなくなってしまうかもしれない」と。

元恋人はとても驚きました。「なんで!?」と。
私は…なんて言ったのかははっきり覚えてはいないのですが、ちょっとだけ、さくっとその理由を打ち明けました。でもそのあとすぐに「私たちはずっと一緒にいられる?」と、どうしようもない質問を元恋人に投げかけていました。

 

「私たちはもう会えなくなってしまうの?」
「ううん」
「私たちはずっと一緒?」
「うん」

 

昨日の最後に、2人で行きたいところをお互い言い合いっこしました。
たくさん出てきました。
元恋人と行きたいところ、やりたいこと、まだまだいっぱいある。いっぱいあるのに。いっぱいあるから、なんていうかうん、元恋人がいいんだよ。私は。どれだけ馬鹿でも。
でも結局、今日も私の頭の中は先程の正論が私を責めて「やっぱりだめなのかなぁ」のルートに私を導きます。

 

今日は実家に行く日(なるべく1人にならないように)なので、母にいろいろと今の話を聞いてもらおうかなぁと思っています。
絡みつく正論と失笑するしかない私の本音と。多分ぼろくそ言われるだろうなー…

 

では今日はこんな感じで。
明日も恐らく記事の内容はこんな感じだとは思うのですが、お付き合いいただけたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2
に投稿

縁が切れていくとき

おはようございます。月曜日の朝。皮膚科予約しました。
昨日も(というか今も)痒くて痒くて、掻きむしってかさぶたになったところを剥がす勢いでボリボリ掻いて、でもそれは痛くて、あーもうという感じです。
とりあえず、皮膚科に行けるほぼほぼのめどが立ってよかった。っていうか処方された薬塗れよ(飲めよ)という感じなのですが…でも4日5日使っても治らなかったし…ごにょごにょごにょ

 

 

話は大きく変わりまして。元恋人との縁もそろそろおしまいかなぁと思っています。

 

昨日のことなのですが、元恋人がずっと気にしていた「精神的な病気を持ち薬を服用している私が、妊娠出産子育てできるのか」という話をしていました。先日の受診で主治医の先生から聞いてきたことを伝えたような感じです。
ですが元恋人的には「それがクリアされたとしても(納得のいく顔はしていなかったけれど)私と結婚するしないというのはまた別の話」というようで。

 

あ、そうだったんだ。という感じです。なんというか私のもろもろの感情がどこかに流れていくのを感じました。
知り合って付き合って別れて、の、この3年半、元恋人は私との将来を決められないことには変わりがない落胆(とはちょっと違うけど)や、「元恋人は、病気の私を支えたり受け入れられたりできないタイプの人間」ということつまり私たちの今後の行き止まりが見えて、なんってんのかなぁ。うーん。「だめなんだなぁ」と思いました。
それなのに「このまま一緒に暮らしていたら、じゃあ結婚する?ってなる可能性だって否定できない」みたいな言い方を何度もするので、生殺し?それが元恋人の本音なんだろうけどはっきりしない元恋人の態度に私はちょっとだけ疲れてしまいました。

 

いろいろはしょるのですが、どうやら私がこの旧同棲先…いやもう元恋人のアパートだな、を出ていくことが一番ものごとが丸く収まる選択のようです。
元恋人は出会った3年半前から1度たりとて私に恋愛感情を抱いたことはなく(知ってたけど)、それも「病気の私を支える」という決意につながらないひとつだと言っていました。
私は元恋人にとって「捨て犬」で、お情けで拾ってアパートに連れていき、仕方なく飼ってあげているようです。…将来「病気が安定して羽ばたけるように」との願いを込めて。
(私の病気に安定する、なんて概念はないと私自身は思っているのですが)

 

ここに書いてあるのは昨日元恋人と喋った内容の10分の1もないし、私が今思っていることの10分の1もないけれど、とりあえず今は元恋人と一緒にいるこの空間がなんだか気持ち悪いし、でも私は馬鹿なので「元恋人がなんだかんだで一番いい」という気持ちもまだ拭え切れていないのでふわふわとしています。
あぁ、私に1人暮らしをする力があればなぁ。実家暮らしでもやっていける力があればなぁ。
ちなみに、次出ていくときはもう元恋人の連絡先は消すし、LINEはブロックします。もう関わらない。縁を切ります。…できるのかな。

 

元恋人は「今の状態がずっと続けばいい」と言います。でも「俺もう40だよ」とも言います。
私はとりあえず、もうすぐ34になります。
ずるずる一緒に暮らしていて、「このままなのもなぁ」という理由で結婚する…まで粘るのか、ぱきっと縁を切ってとりあえず土壌を更地にするのか。
今は分かんないけれど、私は元恋人を愛しているし、でも今はなんとなく顔を合わせたくありません。

 

という、あんまりまとまらなかった頭の中の整理整頓でした。
そろそろ皮膚科に行く準備を始めます。
なにを思われようが仕方ありませんが、私は馬鹿です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

コーヒーを飲み切って

昨日の記事の続きっぽくはなりますが、明日あたりにでも皮膚科に再度受診してこようと思います。
だって痒いもん!昨日も例に漏れずボリボリ掻きむしっていました。
誤診をされるかもしれませんが、この痒みを一瞬でもなんとかしてくれるなら、お医者さんの目で診てもらえるなら、もうなんだっていい…そんな気分です。

 

昨日は少し出かけていたのですが、出先でもまぁボリボリ掻いていました。
車の中でボリボリ、食事中にボリボリ。
っていうか話は逸れるんですが、昨日白い服を着ていたのに思いっきりお醤油を服にこぼしてしまいました。今日この後洗濯するのですが(しみ抜き準備済み)ちゃんと落ちてくれるか心配です…お気に入りの服なので。

その、洗濯というかしみ抜きなのですが、しょんぼりした私を見かねたのか元恋人が率先してしみ抜きをしてくれました。
で、やってもらってばかりじゃ悪いからと私もやり始めたら(っていうか自分の服だし)元恋人が後ろからハグをするような恰好で私のしみ抜きを手伝ってくれて…なにが言いたいのかというと、おいおい私たち付き合ってないのにいいんですかこんな恋人みたいなスタイル取って、と私がおろおろしたという話です。

 

元恋人。ねー。なにを考えているのか分かりません。
恐らくこのブログを読んでくださっている方にもいろんな考えやツッコミを持ちながら読んでくださっている方はおられると思うのですが、まぁなんというか、うん。私や元恋人の言動に首をかしげる方もおられるんだろうなーとなんとなく推測しています。
でもまぁどんな様子であれ現実は「これ」でしかないし、そして私には私の、元恋人には元恋人の、考えていることやこうしたいという気持ちがあるので…上手いこと言えないのですが、よかったら温かく見守っていただけたらなぁと思います。

 

私は割と自分では今の自分の気持ちは単純でシンプル、だと思っていて、「元恋人を誰よりも愛しているから彼を信じて待つ、それでもだめなら次の手を考える」という感じです。
付き合ってないからね、私は自分のできることを尽くして、それでも結ばれなければ「ありがとう」と元恋人のこの先の幸せをひっそり応援したいと思っています(もちろん、そんな綺麗な気持ちだけではないと思いますが)。
私の気持ちというか答えは出ています。「あなたを愛しています、あなたと結ばれたい」。あとは元恋人次第のような気もします。

 

と、いう感じで…なんかごにょごにょとキリがなく、コーヒーを飲み切らないと話が終わらなさそうなので(喫茶店でおしゃべりしているイメージで今日は書いています)ここら辺で残りのコーヒーを飲み切っちゃいたいと思います。
元恋人とのことは、長い目で見てくださればなー…という感じです。もしかしたら、なんらかのスイッチが私に入って今日明日にでも「もういいや」と元恋人との関係を断つかも分かりませんが。今日明日もなんだかんだで一緒にいるかも分かりませんが。とにかくいろんなことが分かりません。まぁ、分からないのが普通なんでしょうけど。

 

では、とりあえず明日は皮膚科に行ってきます。
その前にもう1回ブログの更新はあるかと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

都合のいい言葉に浸からせて

うーん、なんだかなぁ。
元恋人との間に隔たりを感じます。
透明なアクリル板が常に2人の間にあるような。

 

なんというか、とっつきにくくなりました。
とっつきにくく…なんていうんだろ、関わっても仕方ないなぁみたいな。
あんまり話したいとも思わないし、元恋人を眺めたいとも思わないし、ましてや「触れたい」なんて感情も湧きません。

 

元恋人には元恋人の世界があって、私には私の世界があって、それをお互い干渉する筋合いはないし、権利もない。
そんな関係。

 

私はこの関係をどうしたいんでしょうか。透明なアクリル板をどうしたいんでしょうか。
っていうか、そもそもだけど、「元恋人と同居してる」なんて意味が分からないよね。笑うしかない。
でも、「行くところがない」っていうどうしようもない理由で住みつかせてもらっているし、この、私を安定させる糸(実家暮らしはしんどいから)を切られるのは怖い。
元恋人のことは、元恋人に対する気持ちはよく分かりません。よく分からないというか、腹を割って自分の本心と向き合うのが怖いだけです。

 

今は、「話を聞いてもらいたい」というのもあるけれど、「私にとって都合のいい言葉をかけてもらいたい」んだと思います。
都合のいい言葉。ねぇ。都合のいい言葉、なんて聞くとあんまりいいイメージがありませんが、優しくされたい、超甘口の意見で自分を擁護してもらいたい、みたいな時期ってあるじゃないですか。
今はしばらく都合のいい言葉がたっぷり入った湯舟に浸かって空想にふけっていたいです。右も左も前も後ろも現実だけど、斜めから切り込んで少し逃げていたいです。自分の速度で進退は決めるから。

 

なんかどうしようもない殴り書きになって申し訳ありません。
私は自分を大事にできてないんだなぁ。自分を大事にできていない人間を、誰が大事にしてくれるだろうか。
皮膚や膜に覆われていないような、むき出しの気持ちはきっと「元恋人と末永く縁が続けばいい、一緒にいたい、結婚したい」なんだとは認めます。
でもそんな、皮膚や膜に覆われていない気持ちなんて傷付きやすいじゃないですか。
やだよこれ以上傷付くの。
でも一緒にいても離れていても、傷付くもんは傷付くんだけどね。なにしたって。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1
に投稿

正しい心と素直な気持ち

おはようございます。木曜日の朝。元恋人宅というか旧同棲先というか、要は元恋人と同居しているアパートからこれを書いています。多分、そんな認識です。

 

いや、ね。昨晩からアパートに泊まり今朝を迎えることに関しては了解は得ていますよ。元恋人からも私の親からも。
そして私が勝手に決意した「朝晩はアパートにいて、日中は実家に通う」…つまり生活拠点をほんのりとアパートに移す、という生活スタイルも明言はしているので、多分そんな意識で事が進んでいくんじゃないかなぁぁあぁああぁ…と思っています。そうなっていくことを特に元恋人が了承してくれることを願っています。いや「だめ」とは言われてませんが。

 

ねー。実家暮らしは3日4日程度で限界でした。
さらっと触れるのですが、実家暮らしに詰まってこの数日内に盛大に荒れたこともあって、あぁ無理だなもう…と。
実家暮らしが限界だから元恋人宅(まぁ元恋人宅ではあるなぁ)(ひと昔前は同棲先だったんだけどなぁ)に転がり込むっていうのもそれは認めますが、でもメインは「元恋人と生きていきたいから一緒にいたいから」というものだということをお分かりいただけたら…と……あぁなにを言っても今はだめなような気がする。

 

っていうか、次の再診日までは実家で過ごすっていうのが退院時に先生と取り決めた話だったんですよ。
でもなんかそれは無理だったわけで…まぁ言うてしまったら「入院前と同じ生活スタイル」にこのままだったらなってしまうんですが…いやそれは避けるよう工夫しますが…ということなので「日中は実家に通う」のですが…
あぁ。なにを言っても今はだめなような気がする。

 

次の再診ではこのことは話さないといけないだろうし、そうしたら先生になんて言われるだろう。
「次同居するなら結婚」って言っていた親も、この「朝晩アパート日中実家」案は反対しなかったけど、内心なんて思ってるんだろう。
元恋人も「だめ」とは言わないけれど、「だめ」とは言わないだけでいろいろと思い悩むことはあるだろう。

でも、でも、私の超絶自分勝手なことを言うのなら、実家暮らしは限界だった。だったし、アパートに避難してきたのは認める。
そして超絶自分勝手な希望を言うのなら、やっぱり私は「元恋人と同じアパートで暮らしたい」。そして「元恋人を信じて待ちたい」。
繰り返しになって申し訳ないけれど、実家暮らしは限界だった。これが無理、とかというものではなく、もう根本的に性に合わない感じ。

でも自分の悲鳴とそれに従った行動、の裏には「取り決めを守らなかった」「元恋人の気持ちの核が読めない」「結局今後のことが分からない」という、なにかを破ったような後ろめたさがあり、私は悶々としています。
なにが正しいのかな。正しい行動なのかな。

 

あー。私は刹那的に生きているのかな。感情に任せて後先そして人のことを考えずに突っ走っているのかな。
先生との取り決めも守らず。元恋人との確約された将来なんて今はなく。あぁ。あぁ。

 

とりあえず…今日の夕方、アパートに「帰ってきます」。夜ごはんを作って元恋人の帰りを待ちます。
そしてこの生活を続けたいと思っています…あーもうどうなるんだろうねこの先!

 

「次同居するなら結婚」って、あんまり圧をかけないで。
実家暮らしはもうできない。
私は彼と一緒にいたいのです。
だから見守っていてほしいです。
私は彼と一緒にいるときが一番穏やかな心でいられるのです。
そして、一番の「問題の核」は人に言えないことも汲んでもらえたら嬉しいです。
こんなこと、退院したての人間が主張できるとも思えないけど。

 

あーなんだよもうこれ!もうすぐ私34歳なんだけど!いや34歳でも言う人は言うだろうけど!私か!私だな!!私だよ!!

 

…というわけでまた明日。
元恋人が私との結婚に踏み切ってくれれば、万事うまくいくってものなの??

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1